(2019) | | V/692



https://www.youtube.com/watch?v=Pn7dCgtwX2c
Linked Horizon - 紅蓮の弓矢
Linked Horizon - Guren No Yumiya
Seid ihr das Essen?
Nein, wir sind der Jager!

踏まれた花の 名前も知らずに
地に墜ちた鳥は 風を待ち侘びる

祈ったところで 何も変わらない
≪不本意な現状≫(いま)を変えるのは 戦う覚悟だ

屍踏み越えて 進む意志を 嗤う豚よ
家畜の安寧 虚偽の繁栄 死せる俄狼の『自由』を!

囚われた屈辱は 反撃の嚆矢(こうし)だ 城壁の其の彼方 獲物を屠る≪狩人≫(イェーガー)
迸る≪殺意≫(しょうどう)に 其の身を灼きながら 黄昏に緋を穿つ
紅蓮の弓矢

矢を番え追い駈ける 標的(やつ)は逃がさない
矢を放ち追い詰める 決して逃がさない

限界まで引き絞る はち切れそうな弦
≪標的≫(やつ)が息絶えるまで 何度でも放つ

獲物を殺すのは
≪凶器≫(どうぐ)でも 技術でもない
研ぎ澄まされた お前自身の殺意だ

Wir sind der Jager 焔のように熱く!
Wir sind der Jager 氷のように冷ややかに!
Wir sind der Jager 己を矢に込めて!
Wir sind der Jager 全てを貫いて征け!

何かを変える事が出来るのは
何かを捨てる事が出来るもの

何ひとつ≪危険性≫(リスク)等 背負わないままで 何かが叶う等

暗愚の想定 唯の幻影 今は無謀な勇気も
『自由』の尖兵 賭けの攻勢
奔る奴隷に勝利を!

架せられた不条理は 進撃の嚆矢(こうし)だ
奪われた其の地平『自由』(せかい)を望む≪あの日の少年≫(エレン)
止めどなき≪殺意≫(しょうどう)に 其の身を侵されながら 宵闇に紫(し)を運ぶ
冥府の弓矢
 

https://www.youtube.com/watch?v=RkF5_BpBQU4
https://www.youtube.com/watch?v=DqJeqLjuSpQ
My Little Lover - Hello, Again ~昔からある場所~
いつも 君と 待ち続けた 季節は
何も言わず 通り過ぎた
雨はこの街に 降り注ぐ
少しの リグレットと罪を 包み込んで

泣かないことを 誓ったまま 時は過ぎ
痛む心に 気が付かずに 僕は一人になった

"記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける"
君の声が 今も胸に響くよ それは愛が彷徨う影
君は少し泣いた? あの時見えなかった

自分の限界が どこまでかを 知るために
僕は生きてる訳じゃない

だけど 新しい扉を開け 海に出れば
波の彼方に ちゃんと"果て"を感じられる

僕は この手伸ばして 空に進み 風を受けて
生きて行こう どこかでまためぐるよ 遠い昔からある場所
夜の間でさえ 季節は変わって行く

雨は やがて あがっていた

"記憶の中で ずっと二人は 生きて行ける"
君の声が 今も胸に響くよ それは愛が彷徨う影
君は少し泣いた? あの時見えなかった

Hello, again a feeling heart

Hello, again my old dear place

koto ga aru ことがある

Predicative phrase meaning: there are occasions when, have (done), had an experience that.

1. After dictionary form of verb

あの人と話すことがありますか。
Ano hito to hanasu koto ga arimasu ka.
Do you have occasion to talk to that person?

2. After ta-form of verb
「北海道へ行ったことがありますか。」「いいえ、ありません。」
''Hokkaidou e itta koto ga arimasu ka.'' ''Iie, arimasen.''
''Have you ever been to Hokkaido?'' ''No, I haven't.''

まだスキーをしたことがありません。
Mada sukii o shita koto ga arimasen.
I haven't ever skied.

3. After nai-form of verb

たまに食事をしないことがあります。
Tama ni shokuji o shinai koto ga arimasu.
There are occasions when I don't eat a meal.

-> See also: koto
koto ga dekiru ことができる

Predicative phrase meaning: can (do), be able to (do).

1. After dictionary form of verb

三時までに来ることができますか。
San ji made ni kuru koto ga dekimasu ka.
Are you able to come by three o'clock?

私はあまり漢字を書くことができません。
Watashi wa amari kanji o kaku koto ga dekimasen.
I cannot write many kanjis.

飛行機の予約を取ることができました。
Hikouki no yoyaku o toru koto ga dekimashita.
I was able to make a plane reservation.

2. After nai-form of verb

秘密を洩らさないことができますか。
Himitsu o morasanai koto ga dekimasu ka.
Can you keep (from letting out) a secret.

-> See also: dekiru, koto
koto ni naru ことになる

Predicative phrase meaning: it is decided/arranged that.

1. After dictionary form of verb

今度東京に転勤することになりました。
Kondo toukyou ni tenkin suru koto ni narimashita.
It is decided that I'll be transferred to the Tokyo office shortly.

来年から他の会社で働くことになった。
Rainen kara hokano kaisha de hataraku koto ni natta.
It's been decided that I'll work for another company next year.
koto ni natte iru ことになっている

Predicative phrase meaning: be scheduled to (do), be expected to (do)

1. After dictionary form of verb

彼は九時にここに着くことになっています。
Kare wa ku ji ni koko ni tsuku koto ni natte imasu.
He is due to arrive here at nine.

私たちは図書館で会うことになっています。
Watashi tachi wa toshokan de au koto ni natte imasu.
We are to meet at the library.

692

  Japanese 2008-2019