(2017) | | III/449

Languages Study | Languages of the East | Japanese III

AUDIO 449 | GRAMMAR II - 21.01 : Passive sentences

ラブリー☆えんじぇる!!
Lovely☆Angel!! (Short Ver.) / ave;new feat. Saori Sakura
(Stealing money Tenshi Twin Angel song)

お姉ちゃんが来た イメージソング
Oneechan ga kita Imeeji songu

快盗天使ツインエンジェル
Kaitoo Tenshi Tsuin Enjeru
Phantom Thief Angels: Twin Angel


Yu-Gi-Oh!

第10 逆襲のブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン
Gyakushhu no Buruu aizu Howaito doragon
Counterattacking Blue eyes White dragon


lyrics transcription
Lovely☆Angel!!
ラブリー☆えんじぇる!!
Ave;new Project: feat. Saori Sakura & Miyu Inoue
 
Let's Go Fever Time!(A-Fua♪)
Lovely Angel☆(CHUCHU☆CHU!)WOW!
ave:new Paradice!(CHUCHU☆CHU!)
Come On!

はるかかなた キミに恋の嵐を届けます☆(Go!)
狙ったもの! 宝物は逃せるわけないし♪

あおい光、包み込むよ 恋の矢狙います☆(WOW!)
どこまでも 追いかけロックオン! 遠慮はいりません♪

天使がその 優しい瞳 まばたきする前に
全部まとめて 頂いちゃうからね! (>_<) イェイ☆

エンジェルネードで WAKUWAKU♪
(∀)ノ キュンキュン
キミのハートを盗めるのかな?
抱きしめられたら
(∀)ノ ハイハイ!
このまま奪われちゃうよ

エンジェルアローで DOKIDOKI♪
(∀)ノ キュンキュン
夢CHU☆にさせてね その笑顔
キミを見上げたら
(∀)ノ ハイハイ!
眩しすぎて やっぱり好きでした!! (>_<)
(∀)ノ キュンキュン☆キュキュン イェイ☆

想いは はるか遠くキミに 届いたら良いのに☆(GO!)
いじわるな神様 お願い!! この恋叶えて♪

そうね!きっと あおい空に雲ひとつもなくて(WOW!)
晴れやかな気分☆ 戸惑うことなく天命待つ♪

いい加減な 恋の魔法より 奪いますよ!
この手で! キミの心 わしづかみ! (>_<) イェイ!

エンジェルウインクで WAKUWAKU♪
(∀)ノ キュンキュン
いつまでたっても振り向かない!!
瞳を閉じても
(∀)ノ ハイハイ!
背伸びするなって笑う

エンジェルタッチで DOKIDOKI♪
(∀)ノ キュンキュン
優しくそっと抱き寄せてみて(WOW)
鏡に映った
(∀)ノ ハイハイ!
唇はずっとキミだけのもの!! (>_<)

Let's Go Fever Time! YEAH!(A-Fua♪)
Lovely Angel☆ (CHUCHU☆CHU!) WOW! (WA-I!!)
ave;new Paradice!(A-Fua♪)
(CHUCHU☆CHU!) Come On!

天使がその 優しい瞳 まばたきする前に
全部まとめて 頂いちゃうからね! (>_<) イェイ☆

エンジェルネードで WAKUWAKU♪
(∀)ノ キュンキュン
キミのハートを盗めるのかな?(WOW)
抱きしめられたら
(∀)ノ ハイハイ!
このまま奪われちゃうよ

エンジェルアローで DOKIDOKI♪
(∀)ノ キュンキュン
夢CHU☆にさせてね その笑顔(WOW)
キミを見上げたら
(∀)ノ ハイハイ!
眩しすぎて やっぱり好きでした!! (>_<)
(∀)ノ キュンキュン☆キュキュン イェイ☆

Lovely Angel! (∀)ノ ハイハイ!
ave;new Here We Go!
(CHUCHU☆CHU!) (∀)ノ キュンキュン
ave;new Paradise! (∀)ノ ハイハイ!
(CHUCHU☆CHU!) Come on everybody DANCE!
WOW! (・∀・)ノキュンキュン (La-La-La-LaLa)
ave;new Here We Go! Yeah!
(∀)ノ キュンキュン☆キュキュン
(∀)ノ キュンキュン☆キュキュン
(∀)ノ キュンキュン☆キュキュン
Let's Go Fever Time! イェイ☆
Lets Go Fever Time! (A-Fua♪)
Lovely Angel✩(CHUCHU✩CHU!) WOW!
Ave;new Paradise! (CHUCHU✩CHU)
Come On!

Haruka kanata kimi ni koi no arashi o todokemasu☆(Go!)
Neratta mono! Takaramono wa nigaseruwake naishi♪

Aoi hikari tsutsumi komu yo koi no yaneraimasu
Doko made mo oikake LOCK ON! Enryo hairimasen♪

Tenshi ga sono yasashii hitomi mabata kisuru mae ni
Zenbu matomete itadaichaukara ne! (>_<) yeay☆

ANGEL TORNADO de WAKU WAKU ♪
(゚∀゚)ノkyun kyun
Kimi no HEART o nusumeru no ka na? Dakishimeraretara
(゚∀゚)ノ hai hai!
Kono mama ubawarechau yo!

ANGEL ARROW de DOKIDOKI ♪
(゚∀゚)ノkyun kyun!
YuCHU☆ni sasete ne sono egao kimi o miagetara
(゚∀゚)ノhai hai!
Mabushisugite yappari suki deshita!! (>_<)
(kyun kyun kyun kyun) Yeay☆

Omoi wa haruka tooku kimi ni todoitara nagai no ni (GO!)
Ijiwaru na kamisama onegai!! Kono koi kanaete ♪

Sou ne! Kitto aoi sora ni kumo hitotsu mo nakute (WOW!)
Harere ya ka na kibun tomadou koto nakute tenmei matsu ♪

Ii kagen na koi no mahou yori ubaimasu yo!
Kono te de! Kimi no kokoro washizukami! (>_<) yeay ☆

ANGEL WINK de WAKUWAKU ♪
(゚∀゚)ノkyun kyun!
Itsumade tatte mo furi mukanai!! Hitomi o tojitemo
Senobisuru natte warau

ANGEL TOUCH de DOKIDOKI ♪
(゚∀゚)ノkyun kyun!
Yasashiku sotto dakiyosete mite (WOW) kagami ni utsutta
(゚∀゚)ノhai hai!
Kuchibiru wa zutto kimi dake no mono!! (>_<)

Lets Go Fever Time! YEAH! (A-Fua♪)
Lovely Angel (CHUCHU☆CHU!) WOW! (WA-I!!!)
Ave;new Paradise! (A-Fua♪)
(CHUCHU☆CHU) Come On!

Tenshi ga sono yasashii hitomi mabata kisuru mae ni
Zenbu matomete itadaichaukara ne! (>_<) yeay ☆

ANGEL TORNADO de WAKU WAKU ♪
(゚∀゚)ノkyun kyun!
Kimi no HEART o nusumeru no ka na? Dakishimeraretara
(゚∀゚)ノhai hai!
Kono mama ubawarechau yo!

ANGEL ARROW de DOKIDOKI ♪
(゚∀゚)ノkyun kyun!
YuCHU ☆ni sasete ne sono egao kimi o miagetara
(゚∀゚)ノhai hai!
Mabushisugite yappari suki deshita!! (>_<)
(kyun kyun kyun kyun) Yeay ☆

Lovely Angel! (゚∀゚)ノHaihai!
Ave;new Here We Go!
(CHUCHU☆CHU) (゚∀゚)ノkyunkyun
Ave;new Paradise! (゚∀゚)ノHaihai
(CHUCHU☆CHU) Come On Everybody DANCE!
WOW! (゚∀゚)ノKyunkyun (La-La-La-LaLa)
Ave;new Here We Go! Yeah!
(゚∀゚)ノKyun kyun kyu kyun! X3
Lets Go Fever Time! Yeay ☆ 

  第10 逆襲のブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン
  【前回までのあらすじ】
ニセ海馬 出でよ!ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン!!
社長 ペガサスめ、海馬コーポレーションを乗っ取ろうという魂胆か。
王様 何!
モクバ そんなぁ、あれはやっぱり、兄サマのデッキ!?
その他 海馬専用コンピューター
  現在、この中で武藤遊戯のデュエルのデータが記録されている最中かと思われます。
ただし、パスワードを入力しなければ、内部に侵入できません。
社長 そうはいかん!中に入るぞ!
戦闘開始!
   
王様 フン!
ニセ海馬 クッ。はずれか。
凡骨 よしっ!しのいだぜぇ。
杏子 遊戯。
モクバ 行っけぇ!遊戯!
王様 俺のターン。このカードを場に出すぜ!
ニセ海馬 おぉ?
何だ?実体化しない。
王様 フフン。
残りのシルクハットは3つ。
そのどれかのブラック・マジシャンを撃破すれば、俺のライフポイントは削られる。
だが、シルクハットの1つにはトラップカードを仕込んでおいたぜ!
ニセ海馬 何ぃ!
王様 さぁ、お前のターンだ!
凡骨 遊戯、どうするつもりなんだ?
本田 確率は3分の1!
ニセ海馬 うぅ。
よし、真ん中だ!攻撃!
うぅ。
王様 フン。当たりだぜ!
トラップカード発動、六芒星の呪縛!
  ブルーアイズは確かに無敵。
だが、こうして攻撃力を落とす方法もあるのさ!
さぁ今だ!行け!ブラック・マジシャン!!
ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンを撃破!
ニセ海馬 チィッ!
モクバ やったぜ遊戯ー!
   
王様 ッ!クッ!
本田 マジかよ!
ニセ海馬 フフフハハハ!ブラック・マジシャンを撃破!
俺のデッキにはブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンは全部で3枚入っている。
まさか忘れたわけじゃないだろうな?
王様 クッ。やはり海馬は、本当に死んだというのか?
クッ。
うん。
ニセ海馬 お前は俺を恐れている。
亡霊になって蘇ったこの俺をな。
だからこんな簡単なミスを犯すのさ。
フフフ、さぁ遊戯、お前のターンだ。
モクバ 遊戯、そんなのデタラメだ!
兄サマは絶対に生きてる!絶対に!
   
社長 どうだ?
  海馬専用コンピューター
コンピューター 断続的に、フリーズを仕掛けてきています。
中枢制御基準の警告を確認。バーチャルパージ、解除されました。
こちらのアクセスモードを感知された模様。指示を。
社長 構うな。このまま、侵入しろ。
コンピューター 了解。
ブース146への侵入、成功しました。
武藤遊戯のデュエルデータ、確認。
社長 よし、映像を。
あっ、あれは。
遊戯を戦っている相手は、誰だ?
コンピューター Seto Kaibaの名前で、エントリーされています。正体は不明。
社長 俺のデッキを使ったばかりか、俺の名を騙った偽者にデュエルさせているという事か?
ペガサスめ。
デュエルの、途中経過は?
コンピューター 現在フィールドに展開しているブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンは、2枚目です。
1枚目はブラック・マジシャンとマジカルシルクハットのコンボ攻撃によって、撃破されています。
社長 エクゾディアなしで1枚目のブルーアイズを撃破したのか。遊戯、さすがだ。
だが、もう後がないようだな。
コンピューター はい、2枚目の攻撃に耐えうるようなカードは、残されていません。
社長 絶体絶命ということか。
コンピューター いかがなさいますか?
社長 まだ手はある!
これから、2枚目のブルーアイズの攻撃力を落とす。
奴は既にフィールド上に実態化しているから、カードに細工は出来ないが
実体化したモンスターにウィルスを注入できれば、その攻撃力は落ちるはずだ。
コンピューター 了解。ウィルスのレベル設定を入力して下さい。
社長 マキシマム!攻撃を開始しろ。
コンピューター 了解。ウィルス注入、開始します。
   
王様 俺の手札には、奴に勝てるカードは、残っていない。
クッ。これまでか!
ニセ海馬 ようやく観念したか!早く出せ。
ブルーアイズの餌食となる、モンスターをな!
王様 守備封印のカードが場に出ている限り、モンスターを守備表示で出すことが出来ない。
グレムリン、攻撃表示。
   
コンピューター グレムリン、フィールドに実体化しました。
ブルーアイズにウィルス注入50%。
まだ、ブルーアイズに影響は見えません。
注入率70%。ブルーアイズの攻撃力に、変化なし。
社長 クッ。
ブルーアイズが次の攻撃を始めたら、それで全てアウトだ!
あぁ。
急いでくれ!
   
ニセ海馬 フフフフ。遂に終わりの時が来たようだな。
ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン、攻撃!!
   
杏子 遊戯!
本田 クソッ。何とかならねぇのかよ城之内!
凡骨 クッ、んな事言われたってお前ぇ!
モクバ 遊戯!
   
ニセ海馬 な、なんだ!!
コンピューター 注入率、95%を越えました。
ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンの攻撃力、ダウンします。
社長 よし!効果が出始めた。
もっと下がれ、下がるんだ!
   
王様 こ、これは一体!
ニセ海馬 なんだと?どうしたブルーアイズ!
   
猿渡 どういう事だ!
クロケッツ これは、一体!
ハッ!
ペガサス 本社の中枢制御室に連絡を。
海馬瀬人は、生きていマース。
   
コンピューター ウィルス注入率、100%到達。
ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンの攻撃力、現在2300。更に低下します。
了解。
フリーズしました。攻撃力低下、ストップ。
原因は不明。
社長 よし、3枚目に対する攻撃準備に入れ。
どうした!
何ぃ!
うっ。ペガサス!
ペガサス フン。
I2社の黒服 急げ!
コンピューター ブルーアイズの攻撃低下、2000でストップ。
バーストストリーム、発射します。
   
社長 ペガサス。
あっ!
何!?
   
ニセ海馬 撃つんだブルーアイズ。バーストストリーム!!
社長 クッ。
遊戯ーー!!
王様 っ?海馬?
   
   
  ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン
(鳴き声)(攻撃を受けて)
(鳴き声)(2枚目。召喚されて)
(鳴き声)(攻撃力を減らされて。腐食した感じ)


ブラック・マジシャン
はあぁ!!



グレムリン
ハアァァ!
  トゥーンラビット(ハッキングを阻止プログラム?)
ハロー海馬君!ハロー海馬君!

社長 遊戯ーー!!
王様 海馬?
っ、何?
   
ニセ海馬 馬鹿な。
猿渡 何だと?
   
コンピューター フリーズ解除されました。
ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン、消滅を確認。
出来ません。解析不能。
社長 まさか。おい、消滅理由を分析できるか?
カードは心という事か。
   
ニセ海馬 何故何故だーーー!!
うぅるさーい!俺は死んだんだーーー!!!
うぅ。
王様 海馬は、生きている!あいつは!
いや、海馬瀬人は、生きている!
   
杏子 どういう事?
モクバ やったぜ、兄サマ!
決まってるじゃねぇか!
ブルーアイズを消す事が出来る奴なんて、兄サマ以外にいるもんか!
あれは兄サマがやったんだ!
やっぱり兄サマは、生きてるんだぜ!
王様 フン。海馬が生きているのは確認できた。これでデュエルに集中できそうだぜ。
おい、いい加減に正体を現したらどうなんだ!
もう茶番劇は通用しないぜ!
ニセ海馬 クッソーー、俺は死んだって言ってるのにぃーー!!!
うぅう!
  (肉体に変化 以後、正体を表し死の物まね師に)
死の物まね師 フッフッフッフ!
ヒッヒッヒッヒ。この方が楽チンでいいぜ。
おれはインダストリアル・イリュージョン社に派遣された死の物まね師だ。
さぁ遊戯、遊ぼうぜ?楽しくお遊びしちゃおうぜ?
ゲヘヘヘヘ!
モクバ どうせ、そんな事だと思ったぜ!
杏子 いっ、気持ち悪ー!
凡骨 き、消えた?

えぇ?

遊戯!もう迷う事はねぇ!
そんな奴、ぶちのめせー!
   
I2社の黒服 クッ!
でぇぇ。
こちらA班。
クロケッツ それで?そうか。
ペガサス ほぅ?あのブルーアイズが消滅するとは。
不思議な事も起きるものデース。
さすが遊戯ボーイ。
運も実力のうちという訳ですか。
クロケッツ 分かった。(ペガサスのセリフにかぶって)
失礼しました。海馬瀬人は、やはり生きていました。
海馬邸で端末から、本社のミレニアムに侵入していたようです。
手の者が踏み込んだ時には、既に行方をくらました後でした。
ペガサス ノープロブレム。放っておきなさい。
さぁて、デュエルの続きを楽しむとしましょう。
モクバ フン!
兄サマのカードはな。そこいらの奴じゃ使いこなせないんだぜ!
ざまぁみやがれ!
   
猿渡 遊戯めぇ、何とか命拾いしたようだが、海馬のブルーアイズはもう1枚ある!
王様 さぁ、場にモンスターがいないぜ!さっさと出しな!
死の物まね師 あーあ!やられちまったよ。
次はケンタウルスを守備表示にして、更に1枚場に伏せるとしようか。
  残りのブルーアイズはデッキの中。
へっ!奇跡なんて二度は起きない!
もう一度ブルーアイズを引けば、俺様の勝ちは決まりだぁ!
グラップラー守備表示!ヘヘヘヘヘ!
王様 最後のブルーアイズを引くまで、守備モンスターでしのぐ気だな。
俺のターン!
場に守備封印のトラップカードがある限り、俺のモンスターは攻撃表示にせざるを得ない。
次にブルーアイズが引かれたら、俺の負けだ!
俺は場に1枚カードを伏せ、更にエルフの剣士を、攻撃表示!
グラップラーを撃破!
  また伏せた。
魔法カードか、トラップカードか!?
俺も更に1枚のカードを伏せ、ホーリーエルフを攻撃表示!
プラス、奇術の書とのコンボで、攻撃力と守備力を300アップさせる!
ターン終了だ!
死の物まね師 何の呪文か知らないけど、無駄無駄ァ!
いい加減観念しなサーイ(ペガサスを真似る)
あっちには伏せカードが2枚としもべが3体。
ホーリーエルフを強化してなんとかケンタウロスの攻撃を防ごうってわけかな。
でも、ブルーアイズを引いてどれか1体を葬れば、そっちのライフポイントは結局ゼロになっちまうんだよなぁ。
ンフフフフ!
凡骨 互いの場に伏せたカード。
どっちが切り札を残せるかが、勝利の分かれ目だぜ!
杏子 大丈夫、遊戯は勝つわ!
モクバ 遊戯、勝ってくれ!
死の物まね師 イヒヒヒヒ!行くぞー!
ん!ぃやったぁ!
ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン!!
凡骨 遊戯!
モクバ 大丈夫だぜ!
兄サマがきっとまた、何とかしてくれるはず!
猿渡 馬鹿め!そう何度もうまく行くか!
ブルーアイズを見ろ!
百歩譲って、さっきのが仮に海馬の仕業だとすれば、当然今度も同じ手を打ってくるはず。
だが、3枚目のブルーアイズには何の変化もない。
凡骨 クソ。
本田 ってことは!
猿渡 海馬は、もう手を貸す事が出来ない状況にあるという事だ!
ハハハハ、ハッハッハッハ!!
モクバ ちっくしょー!!
死の物まね師 ゲヘヘヘヘ!気持ちいいぜぇ!
滅びのバーストストリーム!!
王様 あぁ!
クッ。
死の物まね師 ひょえー!トラップカードかよ!
なーんてねぇ!魔法カード発動!攻撃の無力化!
王様 トラップカード、発動!
聖なるバリア―ミラーフォース―!
聖なるバリアが、バーストストリームを跳ね返す!
クッ。やはりトラップカードは読まれていたか!
死の物まね師 ダメダメ。俺様には何でもお見通しだぜぇ。
さぁ、どうするのかなぁ?
杏子 遊戯!
モクバ もうダメか?
王様 フフン。まだ切り札はあるぜ!
死者蘇生のカード!
死の物まね師 うそぉー!
まさか俺様のブルーアイズを復活させる気じゃないだろうな?
王様 それは違うな。
俺が復活させるのは、「海馬」のカードだ!
死の物まね師 うううう!!へっへぇ。追い詰められて切れちまったのかなぁ?
同士討ちしようっていうんだなぁ?
王様 フン。そいつは無理だねぇ。
俺のホーリーエルフは、場に出した時からある魔法呪文を唱えていたのさ。
その呪文とは、自らの攻撃力を場のモンスターに与える補助魔法!
死の物まね師 えぇ?
な、なにー!
ちょ、ちょっとタンマ!
こんなのありかよ!
あぁぁ!
ううううぁ!!
あぁぁぁあ!
王様 ブルーアイズの攻撃力は確かに無敵。だが、そのポイント3000は必ずしも絶対じゃない。
場合によっては、変化させる事だって出来る。
海馬がさっきそう教えてくれたんだ!
  覚悟しろ!これは海馬の怒りだ!
行くぜ!
ホーリーバーストストリーム!!
  海馬のデッキを汚し、心を弄んだお前を、俺は許さない!
マインドクラッシュ!!(ネタ:ワインをクラッシュ→この後、ペガサスのワイングラスが割れる)
   
王様 ペガサス、聞こえているはずだ。俺のこの怒りの声が!
お前は薄汚い偽者を使って、海馬瀬人を汚した。
俺は絶対にお前を許さない!覚悟しておけ!
ペガサス フフフフ。
素晴らしい闇のパワーを感じましたよ?遊戯ボーイ。
ユー以上に楽しみにしていますよ。
この手でユーを葬り去る事をね。
   
王様 海馬。
凡骨 やったな!遊戯!
うぅん?(本田と)
どうした?
えぇ?(本田と)
本田 まったく、一時はどうなる事かと思ったぜ!
杏子 あれ?
あぁ。
モクバ君がいない!
王様 っ!モクバ!
   
   
杏子 【次回予告】
城之内に負けて、リベンジに燃える孔雀舞が、ダイナソー竜崎をそそのかし、城之内に挑戦!
また遊戯のアドバイスで返り討ちよ!
えぇ?アドバイス禁止?それじゃ勝てっこないじゃない!
本田君は怒ってどこか行っちゃうし。それを追って遊戯まで。
何とかしてよ!城之内!!
次回、「友情パワー バーバーリアン1号・2号」。デュエルスタンバイ!
   
   
  グレムリン
ぐわぁああ。


グラップラー
ぐぅぅぅ。


エルフの剣士
フッ、ハアー!


ホーリーエルフ
(呪文)

Passive sentences

  When you are inconvenienced by something somebody else has done, you can express your dissatisfaction using the passive sentence.
Suppose, for example, that you were bothered by your friend's unauthorized use of your car.
Compare (a) the objective description of the event
and (b) the passive version, which makes clear how you feel about it:
友達が 車を 使いました。

(a)
A friend of mine used my car.

tomodachi-ga kuruma-o tsukaimashita.  
私は 友達に 車を使われました。 (b)
I had my car used by a friend of mine (and I am mad/sad about it).
watashi-wa tomodachi-ni kuruma-o tsukawaremashita.  
  As you can see from the above example, the basic makeup of a passive sentence is like the following examples.
 

(victim)は (villain)に (evil act).

私は 友達に 車を使われました。 I had my car used by a friend.
  The "victim" is affected by an event. Marked with the particle は - ha [wa] or が - ga.
The "villain" performs an action which causes the suffering. Marked with に - ni.
The "evil" act is described with the passive form of a verb.
   
  Let us first examine what the passive form of a verb looks like.
  ru-verbs: Drop the final -ru and add -rare-ru :
食べる -> 食べられる to eat - eaten, eatable

taberu - taberareru

 
  u-verbs: Drop the final -u and add -are-ru :
行く -> 行かれる to go
iku - ikareru  
話す -> 話される

to speak, to talk - spoken

hanasu - hanasareru  
買う -> 買われる to buy (* 1) - is bought

kau - kawareru

 
 

irregular verbs:

くる -> こられる

to come, to arrive

kuru - korareru

 
する -> される  to do
suru - sareru  
   
  You may have noticed that the passive forms of ru-verbs and the irregular kuru is the same as the potential verbs (see Lesson 13),
but the passive form of an u-verb looks different from the potential verb:
for the verb よむ - yomu, the passive is よまれる - yomareru. while the potential is よめる - yomeru.
   
  Passive forms of verbs themselves conjugate as regular ru-verb.

読まれる

  short forms long forms  
  affirmative negative affirmative negative  
present 読まれる 読まれない 読まれます 読まれません

is read (by someone)

past 読まれた 読まれなかった 読まれました 読まれませんでした has been read (by someone)
te-form 読まれて        
   
  Let us now turn to the ways in which these forms are used in sentences.
In most passive sentences, the "victim" has been unfavorably affected by the "villain's" act.
They may be unfavorably affected in various ways, such as being angry, embarrassed, sad, and hurt. (* 2)
私は となりの人に タバコを吸われました。 I was annoyed with the person sitting next to me for smoking.
watashi-wa tonari-no hito-ni tabako-o suwaremashita.  
たけしさんは メアリーさんに よく笑われます。 Takeshi is often laughed at by Mary.
takeshi-san-wa mearii-san-ni yoku warawaremasu.  
山下先生は 誰かに パスワードを盗まれたそうです。 I hear that Professor Yamashita had his password stolen by someone.
yamashita sensei-wa dareka-ni pasuwaado-o nusumareta soo desu.  
 

*1

With the verbs that end with the hiragana u, we see a "w" intervening, just as in the negative short forms.

  * 2 Since the passive only applies to a verb, you cannot express your suffering from an adjectival situation.
Thus you can say
私は雨に降られました I was annoyed by the fact that it rained / I was rained on.
watashi-wa, ame-ni furaremashita. because furu is a verb,
but you cannot use the passive to say something like
"I was annoyed by the fact that the weather was bad," because warui (bad) is an adjective.
  You cannot express your suffering from somebody failing to do something, either,
because you cannot add the passive suffix to an already negated verb.
Therefore you cannot use the passive to say things like:
Professor Yamashita was annoyed because students did not come to his class.

  Compare the inadvertent/unfavorable focus of a passive sentence
with the intended/ favorable focus of a te morau sentence (see Lesson 16).
   
私は 友達に 日記を 読まれました。 I was annoyed with a friend of mine for reading my diary.
watashi-wa tomodachi-ni nikki-o yomaremashita.  
私は 友達に 手紙を 読んでもらいました。 I had a friend of mine read the letter for me.
watashi-wa tomodachi-ni tegami-o yonde moraimashita.  
   
  Finally, we note that some passive sentences are not perceptibly unfavorable.
私は その人に デートに 誘われました。 I was asked out by that person for a date.
watashi-wa sono hito-ni deeto-ni sasowaremashita.  
私は 兄に 友達に紹介されました。 I was introduced by my big brother to a friend of his.
watashi-wa ani-ni tomodachi-ni shookai-saremashita.  
私は 友達に パーティーに 呼ばれました。 I was invited by a friend to a party.
watashi-wa tomodachi-ni paatii-ni yobaremashita.  
その人は みんなに 尊敬されています。 That person is looked up to by most everyone.
sono hito-wa minna-ni sonkei-sarete-imasu.  
   
  When someone says these, they probably do not mean that they were inconvenienced by how things have turned out.
There are relatively few verbs that come out neutral in their meaning when they are turned into the passive form.
 

* 3

There is another type of passive sentence, with non-human subjects, which naturally lacks the implication that the inanimate, non-sentient subjects are inconvenienced.

  The passive sentences of this type are found more commonly in the written language than in the spoken language.
この公園は十年前に作られました This park was built ten years ago.
kono kooen-wa juu-nen mae-ni tsukuraremashita.  
449 Japanese 2008-2017