| | III/439

Languages Study | Languages of the East | Japanese III

AUDIO 439 | GRAMMAR I - 19.02

Asa to Yoru no Roman / Sound Horizon

Yu-Gi-Oh!

第20 三神合体!ゲート・ガーディアン
San kami gattai! Geeto gadian
The gods, combine! Gate guardian
, !

 

lyrics transcription translation
Sound Horizon - 朝と夜の物語    
生まれてくる朝と 死んで行く夜の物語...
嗚呼...僕達のこの寂しさは よく似た色をした《宝石》

生まれて来る意味 死んで行く意味 君が生きている現在
11文字の《伝言》 幻想物語 『第五の地平線』

泣きながら僕達は来る 同じ苦しみを抱きしめて
笑いながら僕達は行く 遥か地平線の向こうへ

廻り合う君の唇に嗚呼僕の詩を灯そう...
いつの日か繋がる《物語》―\―\

泣きながら僕達は来る 同じ哀しみを抱きしめて
笑いながら僕達は行く 遥か地平線の向こうへ

廻り逢う君の唇に嗚呼僕の詩を灯そう...
僕達が繋がる《物語》―\―\

生まれてくる朝と 死んで行く夜の物語...
嗚呼...僕達のこの刹那さは 良く似た色をした《美花》

太陽の風車 月の揺り籠 彷徨える《焔》の物語
壊れた人形 骸の男 時を騙る《幻想》の物語

右腕には菫の姫君...
そして...
左腕には紫陽花の姫君...

嗚呼...僕の代わりに廻っておくれ...其の世界には―\―\
僕が生まれてくるに至る物語はあるのだろうか?

我等は彷徨える 追憶に揺れる《風車》
巡り往く何の地平にも 詩を灯すでしょう

此れは―\―\
生まれて来る前に 死んで行く僕の物語...
嗚呼...僕達はもう逢えなくても 現在を生きて往く《憧憬》
―\―\詠い続けよう → 君が迷わぬように

Note: The italicized words are in French.
[1] Violette = violet (the flower), Hortensia = hydrangea
[2] "Hiver" could also mean "winter"
 
umarete kuru asa to  shinde yuku yoru no Roman  (Laurant)
aa...bokutachi no kono sabishisa wa  yoku nita iro shita pierre


umarete kuru imi  shinde yuku imi  kimi ga ikite iru ima
juuichi-moji no message  gensou Roman  daigo no chihensen


("aa...soko ni Roman wa aru no darou ka?")


nakinagara bokutachi wa kuru  onaji kurushimi o dakishimete
warainagara bokutachi wa yuku  haruka chiheisen no mukou e
meguriau kimi no kuchibiru ni  aa...boku no uta o tomosou...
(la vie)  itsu no hi ka tsunagaru Roman


nakinagara bokutachi wa kuru  onaji kanashimi o dakishimete
warainagara bokutachi wa yuku  haruka chiheisen no mukou e
meguriau kimi no kuchibiru ni  aa...boku no uta o tomosou...
(la vie)  bokutachi ga tsunagaru Roman


umarete kuru asa to  shinde yuku yoru no Roman  (Laurant)
aa...bokutachi no kono setsunasa wa  yoku nita iro shita fleur


taiyou no fuusha  tsuki no yurikago  samayoeru hikari no Roman
kowareta ningyou  mukuro no otoko  toki o kataru yami no Roman


C'est Mademoiselle Violette qui est dans le bras droit...
et
C'est Mademoiselle Hortensia qui est dans le bras gauche...


aa...boku no kawari ni megutte o-kure...sono sekai ni wa
boku ga umarete kuru ni itaru Roman wa aru no darou ka?


("saa...itte oide...")
("Oui, monsieur...")


(megurikuru sei no zawameki...taiyou no fuusha...)
(meguriyuku shi no yasuragi...tsuki no yurikago...)


warera wa samayoeru  tsuioku ni yureru moulin a vent
meguriyuku nan no chihei ni mo  uta o tomosu deshou...


kore wa--
umarete kuru mae ni  shinde yuku boku no Roman  (Laurant)
aa...bokutachi wa mou aenakute mo  ima o ikite yuku Roman
utaitsuzukeyou/sagashitsuzukeyou -> kimi ga mayowanu you ni...


(asa to yoru no hazama  honoo wa yurameki
 houseki o tsukamou to  ude o nobashi
 fuusha ga mawareba  hoshikuzu wa kirameite
 tenshi ga warai shi  utsukushiki gensou no
 budoushu no yume ni  kenja mo kihi suru
 dengon no shin'i o  chiheisen wa shiru)


(migite ni shi o...hidarite ni sei o...
 katamukazaru...fuyu no tenbin...)


("Hiver-sama...")
("doke...")
("megurikuru sei no zawameki...taiyou ni fuusha...")
("asa to yoru no hazama...")
("souretsu ni sanka suru mono wa minna...")
("...kirisaki...mata yatsu ga arawareru...")
("oi, matte kure yo!")
("meguriyuku shi no yasuragi...tsuki no yurikago...")
("Bonsoir...")
("ame ni nurenagara ayumitsuzukeru yori...")
("hema sun ja nee zo, Laurencin...")
("watashi wa sekai de ichiban utsukushii hikari o mita...")
("Au revoir...")
("higaisha wa dare ka...")
("sagashita zo...Christophe...")
("shayou no kage ni yaiba wa akaguroku kirameite...")
("zankoku na unmei nara...")
("Loraine de...")
("koroshite kureru...")
("nee...Savant?")
("sayounara...")


("...Roman")
("arigatou...")


("soko ni Roman wa aru no kashira?")
("soko ni Roman wa aru no darou ka?")
("uso o tsuite iru no wa dare ka?")


 
It's a story of my (Laurant's) birth in the morning and death in the evening.
Ah...this loneliness of ours is a jewel bearing a color similar to the story.


The meaning of my birth and my death, and this moment of your existence.
An 11-lettered message, a fantasy story, and the 5th horizon.


("Ah...can my story be found over there?")


We arrive in tears, bearing in our arms the same pain.
We leave in laughter, towards the other side of the distant horizon.
While you move from one place to another, let me cast my song onto your lips...
It's a story in which we will eventually become reunited during our lifetime.


We arrive in tears, bearing in our arms the same grief.
We leave in laughter, towards the other side of the distant horizon.
While you move from one place to another, let me cast my song onto your lips...
It's a story in which we are becoming reunited during our lifetime.


It's a story of my (Laurant's) birth in the morning and death in the evening.
Ah...this agony of ours is a flower bearing a color similar to the story.


The sun's windmill, the moon's cradle, a story of the wandering flame's light.
Two broken dolls, one man's carcass, a story of the delusive fantasy's darkness.


Held by my right arm is Miss Violette...
and
held by my left arm is Miss Hortensia...[1]


Ah...in my place, please journey to the other world...
Could the story of my birth be found there by any chance?


("Now...make your trip...")
("Yes, Sir...")


(The commotion of my repeated birth... The sun's windmill...)
(The tranquility of my repeated death... The moon's cradle...)


We are wandering windmills spinning to the wind of reminiscence.
No matter which horizon we reach next, we'll always light up a story there.


This is--
my (Laurant's) story, in which I'm on my way to death even before my birth.
Ah...although we can't meet again, we shall live on in our yearnings.
Allow me/us to continue singing/searching, so that you wouldn't lose your way...


(In the crevice between morning and evening, a flame flickers,
 so, trying to seize that jewel, I reach my arms out.
 As the mills turn, the stardust glitters in the sky,
 while the angels rejoice in the beautiful fantasy
 created from wine's intoxication. Although the sages are evading
 the true meaning of the message, the horizon will soon find out.)


(Life in the right hand...death in the left hand...
 the winter's scales...remain balanced...)


("Master Hiver...")[2]
("Move...")
("The commotion of my repeated birth... The sun's windmill...")
("The crevice between morning and evening...")
("The lined-up funeral attendees all...")
("The one he fears is back again...")
("Yo, wait for me!")
("The tranquility of my repeated death... The moon's cradle...")
("Good evening...")
("Nothing more than to keep walking in the soaking rain...")
("Don't slip up now, Laurencin...")
("I saw the most beautiful light in the world...")
("Farewell...")
("Who is the victim?...")
("I've been looking...Christophe...")
("The blades shine in a maroon hue in the setting sun's shadow...")
("If it's a cruel fate...")
("Loraine...")
("Kill him...")
("Please...Savant?")[3]
("Goodbye...")


("...story")
("Thank you...")


("Could the story be found over there?")
("Can my story be found over there?")
("Who is the one telling lies?")
 

     
王様 俺のターン!ブラックマジシャン!攻撃表示!
5コマ進めて、エルフの剣士の前へ!
これで俺たちの陣形はかなり厚くなった。
さぁ、どうでる?

迷宮が姿を変える!?
落ち着け!城之内君!
フッ。

俺のターン!魔法カード、死のマジックボックス!ブラックマジシャンとのコンボだ!
そう!ブラックマジシャンは死のマジックボックスによって瞬間移動したのさ!
敵一体を生贄に捧げ、その場に移動し更なる追撃が可能!

うん!
ブラックマジシャンの攻撃!ブラックマジック!
迷宮の魔戦車を撃破!

結束の力はどんなに厚い壁でも越えて見せるぜ!
-----------
あれは一体。
場のフィールドが淀みを増している。
迷宮フィールドの圧迫感だけじゃない、あの箱に秘められた見えない敵への威圧感。
何!?

何だと!
あぁっ!?
俺のターン、ならばこのカード!マジカルシルクハット!
ブラックマジシャンとのコンボだ!
マジカルシルクハットは、ブラックマジシャンとのコンボでトリック攻撃ができるカード。
この4つの中のどれかに、ブラックマジシャンと炎の剣士が隠されている。
ダンジョンワームの攻撃力は2200。
もし、攻撃力2500のブラックマジシャンに当たったら自滅だ。

ん、どういう事だ。
クッ!敵の攻撃力がブラックマジシャンの攻撃力を上回った。
攻撃が命中したらやられる!

確率は二分の一!
くっ、運良くかわしたが次のターンでまたダンジョンワームは襲ってくる。
このままじゃ、自滅するのは時間の問題だぜ!一体どうすれば。
城之内くん!

やるな!城之内くん!
三体の魔神?
あれは!!
ゲートガーディアン
お前達が合体なら、俺たちは結束で勝負だ!ゆくぞ!

俺のターンは、二枚のカードを場に伏せる!
ターン終了だ!
クッ!
 
     
社長  待ってろモクバ
猿渡か。

この海馬瀬人を裏切って、ただで済むと思うなよ
俺がそんな脅しに乗るとでも?
試してみるか?

貴様のお陰で貴重なカードに傷がついた!

今度また妙な真似でもしてみろ、この程度では済まんぞ
さぁ、モクバの所へ案内してもらおうか。

開けろ!
開けるんだ。
--------------
まだか!?
無駄口を叩くな。
無駄口を叩くなと言ったはずだ!

(回想)
幼少社長  心配するな。
幼少社長  ああ、約束する。

どういう事だ?
なんだと!?
あっ
貴様!!
下衆が!!
 
     
凡骨  俺が場に出しているモンスターはアックスレイダー1体、遊戯をサポートするにも力不足だぜ
よし!場に炎の剣士を加えるぜ!攻撃表示!
星は5つだが、4コマ前進。更にアックスレイダーも4コマ進め、エルフの剣士と合流させる。
アックスレイダーの鎖つきブーメランはトラップの権利を消化したから通常の装備カードに。
アックスレイダーの攻撃力を500ポイント上げる!
俺のターンはこれで終了だ!

なんだなんだ!?
しまった!パーティーを分断された!
くそ、俺のターンか
わかってるぜ!
アックスレイダーと炎の剣士を進撃!

何!?
何だと!?
遊戯!助かったぜ!

--------------------
何をニヤニヤしてやがんだ!早くしやがれ!
フン!なんだか知らねーが、近づけば正体が分かるはずだぜ。
俺のターンだ!炎の剣士を先に進めるぜ!
ターン終了だ。

クソッ!どこに隠れやがった!?
おぉ!?

どうする、遊戯?地下に潜られちゃ、攻撃できないぜ!

よし!これでミミズの化け物をかく乱できるぜ!
ふあー、助かったぜ。
俺のターンだ!
へへっ!俺はよう、狭くて暗いところに閉じこもるのは苦手なタチでな。

見てろー、このカードの力を。
魔法カード、サラマンドラ!
イツはよー、炎の属性を持つ剣に宿って攻撃力を700アップさせるんだ。
いくぜ!サラマンドラ!!

あばよ!ミミズの化け物!
よっしゃああ!
あぁ!?何だ!?
ななんかすげぇ!

ようやく迷宮フィールドのボスキャラお出ましってわけか。
やったろーじゃねぇか!
うるせぇぇ!!いちいちハモってんじゃねーよ!
逃げ場がねぇ!どうする?遊戯!
 
     
杏子 城之内
 

----------------

 

 
     
本田  クソッ!また汚い手使いやがって!

このままじゃ炎の剣士もやられちまうぜ。
---------
ざけんじゃねーぞ!汚ねー手ばっかり使いやがって!
城之内なに考えてんだ?

本田・杏子 「やったー!」

ああ!?
扉を守る守護魔神?じゃあ、あの化け物を倒さないと
城之内、負けんじゃねーぞ!
 
     
獏良  まずいよ

--------
わからない。
そうか、今ならモンスターテイマーの効力が消えて、ダンジョンワームの攻撃力は2200に戻っている。
サラマンドラの炎で地中の敵を焼き尽くすことが出来る、ってわけか。

迷宮の二つの扉を守る守護魔神。
うん、脱出の道はない。
 
     
モクバ 兄サマ
------
(回想)
幼少モクバ  兄サマ、ずーっと一緒だよ。離れ離れになるなんて嫌だよ?
幼少モクバ  うん、約束だからね!

大丈夫さ、兄サマは約束してくれたんだ。
俺と兄サマは、絶対に離れ離れになったりしないんだ!

まさか兄サマが?
 
     
ペガサス ------
フフ、わかっています。全てはお見通しデース。
その必要はありまセン。
警報を早く止めなサーイ。うるさくてかないまセーン。
私が直接、海馬ボーイに会いに行きまショウ
 
     
その他

猿渡

お久しぶりです、瀬人様
フッフッフッフ
このような形で再会するとは、残念です。
私はインダストリアルイリュージョン社の指示にしたがっているだけですよ。
さあ、ミスターペガサスの城へご案内しましょう。
嫌だと仰るのなら残念ながら引き金を引かざるを得ませんな。

 
ならば死ね!
な何!?カードが
くそぅ!!
ぐわっ!
うおお!!
ううおお

 
いずれは見つかると思いますがね。


 

迷宮兄弟(迷・兄)

チームのコマを終結させ、総合的な攻撃力を高めてそのまま迷宮突破と狙うつもりか
私のターン!
だが、それも無駄なこと。
このカードでお主らのコンビネーションとやらを分断してやろう
私のカードはこれだ!

 
フッフッフ、これで双方のユニットは孤立化した。
そしてタッグの定石とは力の弱いものに照準を合わせること。
ずばり、標的は奴だ!

 
んん?

 
兄弟 「何!?」

 
いや、見ろ!
箱がもう一つ

 
兄弟 「おおっ!!」
兄弟 「何!?」


 

迷宮兄弟(宮・弟)

陣形をひとつに固めてきたか
私のターン!迷宮の魔戦車進撃!
この戦車は重量級の殺戮兵器だ。もうすぐお主らは射程距離に入る。
さらにお主らの進む先には、トラップカードによる地雷モンスターも待ち受けている。
さあ、切り抜けられるか?この迷宮の罠を!

 
かかった!トラップカード発動!
地雷蜘蛛がアックスレイダーを襲う!!
地雷蜘蛛のトラップ効果でアックスレイダーの攻撃力は元の1700に戻る!
アックスレイダー撃破!!

 
まだまだ、さらに追い詰めるぞ
私のターン!迷宮の魔戦車を進撃!
そしてもう一枚、モンスターを守備表示で場に出す。
フッフッフッフ、炎の剣士は迷宮の魔戦車の射程距離に入った。
次のターンで炎の剣士は終わりだ。さらに、後方にはダンジョンワームが控えている。
さぁ、どうする?

 
剣?血迷ったか、自らのモンスターを犠牲にするなど
おおっ
地雷蜘蛛の姿がない!
地雷蜘蛛が串刺しに!!
ぬあああああ!

 

 
 

迷宮兄弟(迷・兄)

私のターン!フッ
雷魔神サンガのカード雷魔神は雷、風、水を司る三大守護魔神の一つ。
風魔神ヒューガ、水魔神スーガ、この三枚が揃った時、合体魔神ゲートガーディアンが復活するのだ。

 
慌てるな。私はこのカードを伏せターン終了だ。

 
兄弟 「ふっふっふっふ。」

 
これぞ!
何!?

 
フフン、ならば私のターンはこのカードを出そう。
地獄の魔物使い、モンスターテイマー攻撃表示!!
本来なら弟の出したダンジョンワームを私が使うことは出来ない。
だが、このモンスターテイマーによってダンジョンワームの攻撃力に更に600ポイントを加え、
2800として私のターンで操ることが出来るのだ。

 
くっ、はずれか。
ななに!?

 
兄弟 「うわああ!」(驚愕)

 
弟よ!怯むでないぞ!
フッ、よしこれで我らが勝利は
出でよ!合体魔神!
兄弟 「ゲートガーディアン!!」

 
ハッハッハッハ、残念だったな
最強の門番、ゲートガーディアンを召喚することができたわ!
合体魔神に
兄弟 「葬り去られるさだめ!」
兄弟 「来い!!」

 
私のターン!
ゲートガーディアン、炎の剣士に攻撃だ!
雷衝弾(らいしょうだん)!!


 

迷宮兄弟(宮・弟)

なるほど。
ゲートガーディアンの復活までは、迷宮突破はさせぬ。
私のターン。
フフ私もカードを場に伏せる。

 
残るは風魔神ヒューガが一枚。それまでに敵の攻撃力を弱めておく。
伏せカード、ダンジョンワームを攻撃表示にして召喚!
さらに、覚醒のカードをプラス!攻撃力を400アップさせる!
エルフの剣士をダンジョンワームの餌食に!!

 
迷宮の恐ろしさなり!
奴らのモンスターを覆い隠したぞ!

 
おう!
私のターン!
やったぞ、ついに引き当てた。
間違いなし!
風魔神ヒューガ、これで三体の魔神が揃ったわ!

 
雷・水・風の三魔神よ、今こそその力を合体させ復活の雄たけびを上げよ!
お主らが迷宮を抜ける前に
お主らは門に辿り着くことなく


 

猿渡

モクバ様のことがよほど心配なご様子で
さすが兄弟の絆は強いものですなぁ
なるほど、そうやってずっと助け合ってこられたわけですな。
幼くして父と母を失い、それでも健気に手に手を取り合って生きてゆく兄弟。
感動的じゃないですか。

 
これは失礼しました。大丈夫、大事なモクバ様を傷つけたりはしてません。
もうすぐです。
ここです。
私の道案内はここまでという事です。
逆転の女神は誰にでも微笑むということですよ。
すぐに警備が駆けつけて来ます。
感動のご対面が出来るといいですな。


 

クロケッツ

海馬瀬人を発見しました。
この城の地下に潜り込んでいるようです。
すぐに捕まえて、こちらへ
は?


 

モンスターテイマー

ダンジョンワームカモーン

 

 
     

- - II

GRAMMAR I - 19.02

Giving Respectful Advice

  By using the form お+verb stem+ください, you are giving a courteously phrased command, rather than a request.
You may hear the form "o + verb stem + kudasai" in public address announcements and in the speech of store attendants.
整理券をお取りください。
取る
Phase take a voucher.

sairiken-o o-tori kudasai.
toru

 
   
説明をお読みください。
読む
Please read the instructions.
setsumei-o o-yomi kudasai.  
   
  Although such sentences end with kudasai it is better to consider that they are (courteously phrased) commands, rather than requests.
When somebody tells you "o ~ kudasai"  you are being encouraged to perform the actions for your own good.
Thus if I want somebody to pass the salt for me it is wrong to say:
塩をお取りください。 Please take the salt (and pass it to me).
shio-o o-tori kudasai.  
   
  You may want to stick to what you have actually heard, rather than coming up with sentences of your own using this pattern, because the formation is full of irregularities.
  With most する- suru compound verbs, for example, the prefix ご - go is used instead of お - o.
Note also the examples with special honorific verbs below.
   
ご注意ください。
注意する
 Please watch out.
go-chuui kudasai
chuui naru
 
   
ご覧ください。
ご覧になる - 見る


Please look.

go-ran kudasau.
go-ran-ni naru - miru
 
   
お召し上がりください。
召し上がる - 食べる

Please help yourself.
Please eat/taste it.

o-meshiagari kudasai.
meshiagaru - taberu

 
   
お休みください。
お休みになる - 寝る
Please have a good rest.

o-yasumi kudasai
o-yasumi-ni naru - neru