| | III/425

Languages Study | Languages of the East | Japanese III

AUDIO 425 | GRAMMAR I - 16.04

Yuki, Muon, Madobe Nite. / Minori Chihara (The Melancholy of Haruhi Suzumiya Yuki Nagato Character Song)

Yu-Gi-Oh!

第34 友情の決勝戦 遊戯VS城之内(後編)
Yuujoo no kesshoosen Yuugi vs. Joonoochi (zen pen)
Final tournament game, of friendship. Yugi vs. Joonoochi (2-nd part, continuation)
, . (2- , )

 

lyrics transcription translation
茅原実里 - 雪、無音、窓辺にて。    
音も無い世界に
舞い降りた I was snow

『生み出されてから三年間、
 私はずっとそうやって過ごしてきた』

なにかが壊れて なにかが生まれる
繰り返し無駄なことさえ
やめない人たち 不思議なひとたち
眺める私も含まれた

ほどけない問題など 在りはしないと
知ってても 複雑な段階が物語創っていく

私にも唯ひとつの 願望が持てるなら
記憶の中 最初からを本にして窓辺で読む
ページには赤い印 現れて踊り出す
つられそうだと思うなんて どうかしてるけれど
禁じられたワードを 呟けば最後

『この銀河を統括する
 情報統合思念体によって造られた
 (対有機生命体コンタクト用
  ヒューマノイド・インターフェース)
 それが、わたし』

どこかへ逃げるの どこにも逃げない
それだけで価値ある意識
めげない人たち 優しい人たち
動かされた私の未来
流れ出す強い力 幸せ呼ぶと
気が付いた そのままで必要な物語り記されたら

存在が変わる程の 夢を持ってみたくなる
感情へと共感へと 繋がれば窓辺に立ち
静けさに抱かれながら また今日も持っている
ゆるやかに降る 水じゃないくてもっと寂しい粒

色が無い世界で
見つけた�́@You are star

『危機が迫るとしたら、
 まず、あなた』

存在が変わる程の 夢を持ってみたくなる
感情へと共感へと 繋がれば窓辺に立ち
静けさに抱かれながら また今日も待っている
ゆるやかに降る 水じゃなくてもっと寂しい粒

音も無い世界に
舞い降りた I was snow


『最初から私しかいない
 情報の伝達に齟齬(そご)が発生するかもしれない
 でも、聴いて、
 それは私がここにいる理由、
 あなたはここにいる理由
 信じて』
 
Oto mo nai sekai ni
Maiorita    I was snow


"Umidasarete kara sannenkan,
"watashi ha zutto sou yatte sugoshite kita."


Nanika ga kowarete    nanika ga umareru
Kurikaeshi muda na koto sae
Yamenai hito-tachi    fushigi na hito-tachi
Nagameru watashi mo fukumareta


Hodokenai mondai nado    ari ha shinai to
Shittetemo    fukuzatsu na dankai ga monogatari tsukutte iku


Watashi ni mo tada hitotsu no    ganbou ga moteru nara
Kioku no naka    saisho kara wo hon ni shite madobe de yomu
Peeji ni ha akai shirushi    arawarete odoridasu
Tsuraresou da to omou nante    douka shiteru keredo
Kinjirareta waado wo    tsubuyakeba saigo...


"Kono ginga wo toukatsu-suru Jouhou Tougou Shinentai ni yotte tsukurareta
"tai yuuki seimeitai kontakuto-you hyuumanoido intaafeesu.
"Sore ga watashi."


Dokoka he nigeru no    doko ni mo nigenai
Sore dake de kachi aru ishiki
Megenai hito-tachi    yasashii hito-tachi
Ugokasareta watashi no mirai


Nagaredasu tsuyoi chikara    shiawase yobu to
Ki ga tsuita    sono mama de hitsuyou na monogatari shirusaretara


Sonzai ga kawaru hodo no    yume wo motte mitaku naru
Kanjou he to kyoukan he to    tsunagareba madobe ni tachi
Shizukesa ni dakarenagara    mata kyou mo matte iru
Yuruyaka ni furu    mizu ja nakute motto sabishii tsubu


Iro ga nai sekai de
Mitsuketa no    You are star


"Kiki ga semaru to shitara, mazu, anata."


Sonzai ga kawaru hodo no    yume wo motte mitaku naru
Kanjou he to kyoukan he to    tsunagareba madobe ni tachi
Shizukesa ni dakarenagara    mata kyou mo matte iru
Yuruyaka ni furu    mizu ja nakute motto sabishii tsubu


Oto mo nai sekai ni
Maiorita    I was snow


"Saisho kara watashi shika inai.
"Jouhou no dentatsu ni sogo ga hassei-suru ka mo shirenai
"demo, kiite. Sore ga watashi ga koko ni iru riyuu, anata ga koko ni iru riyuu.
"Shinjite."


 
In a world without sound,
I fluttered down: I was snow


"For the three years since I was born,
"I have spent that entire time doing so."


Something breaks, and something is born
Even the things that repeat fruitlessly
Unrelenting people, mysterious people
I, who observe them, was included as well


Problems that cannot be solved do not exist
Though I know this, a complex gradation is composing a story


If even I possess but one single desire,
I would publish "From the Start" in my memories and read it by the window
A red symbol appears on the pages and breaks out into dance
I think, "I'm about to be lured out," and I'm doing something about it, but
When I murmur the forbidden words, it will end...


"A humanoid interface for use in contact with organic living creatures,
"created by the Data Integration Thought Entity that supervises this galaxy.
"That would be me."


I'll run away somewhere, I won't run away anywhere
With that alone, consciousness has merit
Undaunted people, gentle people
And my future, which was forced to move


One calls this flowing, potent strength "happiness"
I've noticed that, if a vital story was written down as such


I'd like to try having a dream great enough to change my existence
If I connect it to emotion and empathy, I'll stand by the window
And as I'm embraced by tranquility, again I'll be waiting for tomorrow
It falls gently: not water, but a lonelier drop


In a world without color,
I found you: You are a star


"Should a crisis approach, first, it will reach you."


I'd like to try having a dream great enough to change my existence
If I connect it to emotion and empathy, I'll stand by the window
And as I'm embraced by tranquility, again I'll be waiting for tomorrow
It falls gently: not water, but a lonelier drop


In a world without sound,
I fluttered down: I was snow


"There have been none but me since the beginning.
"There may be an outbreak of inconsistency in the transmission of data,
"but please, listen. That is the reason why I am here--why you are here.
"Believe me."
 

     
王様  【導入】
竜騎士ガイアの攻撃! 炎の剣士を撃破!

そうだな。これこそが真のデュエルだぜ。城之内くん

ああ。いくぞ!城之内くん
ん?・・・
いや、このターンはこれでいく。ブラックマジシャン、攻撃表示!

わかっている

城之内くん。だがオレはこうも言った。
デュエルの基本は、モンスターと魔法カードのコンビネーションだと

魔法カード、マジカルシルクハット

さあ城之内くん。ブラックマジシャンが隠れてるのはどのシルクハットだ?

さあ、バトルだ

うっ・・・・・・・フッ、はずしたようだな、城之内くん。残りは三つ!

モンスターを一つずつ潰していくんだったなよなぁ城之内くん。さあ、どうする

どういうつもりだ?

なんだと!?

城之内くん、悪いがその誘いに乗るわけにはいかない
このカードをシルクハットの中に入れて、ターン終了だ

城之内くんのターンだ

おそらく城之内くんは、オレが今隠したのはトラップカードだと読んでいる。
それでもなお攻撃してくる勇気があるか

残ったシルクハットは二つ。一つにはブラックマジシャンが、
もう一つには伏せカードが入っている。ここから先は空振りは無しだ

フ、攻撃してみればわかるぜ

うっ・・・
六芒星の呪縛

次はこっちのターンだ、城之内くん

強い。今の城之内くんには敵に対する恐怖心が全く無い。しかもただ無鉄砲なわけじゃない。
そこにはデュエリストとしての冷静な判断力もある
城之内くん、君はオレが全力をぶつけるにふさわしい相手だ

だが感心してばかりもいられない。いつかは決着の時が来る
その、ブラックデーモンズドラゴン!なんとしても粉砕させてもらう!

フン・・・オレのターンだ。覚悟はいいな、城之内くん
-----
秘術の書!この魔法カードでブラックマジシャンの攻撃力を300ポイントアップさせる
バトル!ブラックマジック!
ブラックデーモンズドラゴンを撃破!

城之内くん。これがオレ達の友情の証。
たとえ結果がどうなろうとも、互いの力をギリギリまで出し尽くす。
それがオレ達のデュエル。そうだろ、城之内くん

何を引いた

あの伏せカードはもしや、時の魔術師。
だとすれば、ベビードラゴンをサウザンドドラゴンにして攻撃してくるはず。その前に潰すぜ
バトル!ブラックマジシャン、ベビードラゴンを攻撃!
ブラックマジック!

なに!

しまった。ベビードラゴンとの関連で、時の魔術師と信じ込んでしまった

そうだな、城之内くん

なんだ?

わかっている

ん・・・

何!まさか!

くっ

魔霧雨!

城之内くん、時の魔術師の効果で変化するモンスターは、ベビードラゴンだけじゃない
千年の時を経た魔術師は、全ての英知を知り尽くした大賢者となる。これぞ、黒衣の大賢者
黒衣の大賢者は、お互いのターンで、1枚好きな魔法カードをデッキから手札に加えることが出来るんだ。
今、君のターンでその効果を発動し、魔霧雨で雨を降らせた。
そして今度は、オレのターン、もう一度、魔法カードを加えることが出来る
城之内くん・・・オレのターンだ
黒衣の大賢者の偉大なる力によって、ここに魔法を使う。死者蘇生!
悪魔竜、ブラックデーモンズドラゴンを蘇生して、攻撃表示に!

うん
バトル!
 
     
遊戯 -----
【回想】
そうだ。これ使ってよ。いざという時に役に立つと思うんだ


城之内くん、賞金は君の物だよ。
ボクの目的は、ペガサスを倒してじいちゃんや海馬くんたちを助けることなんだ。
賞金は静香ちゃんの手術に使って

そうしてくれないかな

うん
 
     
凡骨  【導入】
デーモンの召喚とレッドアイズブラックドラゴンを融合!
ブラックデーモンズドラゴン、竜騎士ガイアを粉砕しろ!メテオフレア!
遊戯、オレにもようやくデュエルの醍醐味がわかってきたような気がするぜ

まだまだ勝負はこれからだぜ。来い、遊戯
どうした遊戯、もうお手上げか?

へ、遊戯と言えばブラックマジシャン、ようやくお出ましか。
だが、オレのブラックデーモンズドラゴンには敵わねえぜ

より攻撃力の高いモンスターの前では、いくらバトルをしようと攻撃の標的になるだけ。
そう言ったのはお前だぜ

いっ、もしかして

ちっ、マジカルシルクハット・・・

くっ、いつかは出てくると思っていたがいざとなると厄介だぜ。
ブラックマジシャンが隠れてるのはどのシルクハットだ・・・?

ええい、こうなったら一つずつ潰していくまでだ。いけ!ブラックデーモンズドラゴン!
やったか?

くそっ、どのシルクハットにブラックマジシャンは

ブラックマジシャンを潰されたら後がねえだろ?
まだまだお前とのデュエルを終わらせるのはもったいねえからな。こいつでどうだ
獣戦士ガルーザス、攻撃表示

こいつの攻撃力は1800。ブラックマジシャンの攻撃力は2500。
このターンはお前に勝ちを譲ってやろうって事さ
オレはまだまだお前と戦い続けたいんだ!今ブラックマジシャンを葬るのは簡単だけどよ。
それじゃあつまんねえだろ。さあ、こいつをくれてやるぜ。攻撃して来い、遊戯

どうしたかかってこいよ。お前のターンだぜ

何を入れやがった

はっ、そう簡単にはのってこないか・・・
ブラックマジシャンはあくまでシルクハットの中に隠しておく気だな。
さらにそれとは別にもう一つ何かを隠した。おそらくはトラップカードだ

くそぉ、考えても埒が開かねえ。ここは気合一発ぶちかますしかねえようだな
ブラックデーモンズドラゴン、バトルだ!メテオフレア!

そうだな。もう一つのシルクハットに入っているのはトラップカードだろ?

上等だぜ。だがな、何が起きようがオレは逃げないぜ。
なぜなら、今戦っている相手が、そんじょそこらのデュエリストじゃないからだ。
遊戯、いくぜ!ブラックデーモンズドラゴン、シルクハットを攻撃!メテオフレア!

っ・・・
六芒星の呪縛!攻撃力を落とされちまった。
やべえ、念のため、ガルーザスを守備表示にするぜ

さすがにそう簡単には勝たせてくれねえか・・・どうする

お、おう、やれるもんならやってみろ

いぃ!?
--------
遊戯・・・つえぇぜ、お前はマジつえぇ。やっぱりオレは、遊戯には勝てないのか?

これまで何とか凌いできたけど、このままじゃ奴には勝てっこねえ。くそっ、どうすりゃ
!・・・静香
【回想】
(子供時代) うん、約束だ!
そうだよな、お前オレのこと・・・待ってるんだよな
くっ・・・そうだ。何があろうとオレは・・・オレは絶対に負けるわけにはいかねえんだ
っ・・・!(カードを引く) 

本当の勝負はこれからだぜ遊戯!ベービードラゴン、攻撃表示!
さらにこいつを1枚伏せ表示にするぜ

そうはいくかよ!トラップカード発動!
ガルーザス!鎖付きブーメランだ!

へ・・・

そろそろ決着をつける時が近付いて来ているようだな、遊戯

遊戯

どっちが勝っても恨みっこ無しだぜ

オレはここまで死に物狂いで戦ってきた。自分でもよくやったと思ってるぜ。
けどよ、オレのその戦いはまだ終わっちゃいねえ。お前にとどめをさして、初めて終わるんだ
今度の引きに全てを賭けるぜ。たとえこのデュエルに敗れても、オレは、悔いはねえ
よっしゃ、オレ達の戦いに決着をつけるに相応しい、最高のカードを引いたぜ

いくぜ!時の魔術師!

まさか最後にこいつで決着をつけることになるとはな
【回想】
へへへ、そっか、じゃ、ありがたくもらっとくぜ
今までこいつのおかげで何度もピンチを切り抜けてきた。
遊戯、こいつが無ければ、オレは今お前と戦っちゃいない。
この時の魔術師で決着をつけることが、オレ達に最も相応しいデュエルの結末だぜ。
受けてみろ遊戯!オレの最高のカードを!時の魔術師、タイムルーレット!
よっしゃあ!当たりだ!
そして、ブラックマジシャンは、時の流れによって老いる!

信じられねえ。このオレが、ついに遊戯に勝つっていうのか。
いや、これは夢でも幻でもねえ。遊戯、悪く思うなよ
オレの勝ちだ!バトル!サウザンドノーズブレス!

なに!

オレのターンでなんで魔霧雨が発動するんだ!

なんだと!?

っ・・・

遊戯・・・
さあ来い!遊戯!

遊戯、受け取ってくれ。これはお前のもんだぜ

遊戯・・・

っ・・・っ・・・あ、ありがとよ(泣きながら) 遊戯、勝てよ。必ず。ペガサスの野郎に
 
 
     
杏子  次は遊戯のターンよ

あれは

城之内、どうかしちゃったんじゃないの?

え?

城之内が遊戯と手の読み合いをするなんて

えっ

やっぱり遊戯を倒すのは簡単にいかないのよ
------
どういうこと?

あ・・・!

遊戯・・・城之内・・・

時の魔術師?(本田・獏良と)

ブラックマジシャンが

どういうこと?

なんだか、わかったような気がするわ。固い絆で結ばれた二人が、戦うことの意味が

遊戯・・・

これで、静香ちゃんの目は治るのね。・・・ん?
【次回予告】
ついにペガサスとの頂上決戦に挑む遊戯。
ペガサスのミレニアムアイは相手の手の内を見抜いてしまうっていうけど、負けないで、遊戯。
おじいさんや海馬くん、モクバくん達のためにも!
あれ?本田は?もう、こんな大切な時にどこ行っちゃたのよ!
次回、「ファイナルデュエル 遊戯対ペガサス」。デュエルスタンバイ!
 
     
本田  遊戯がこのまま諦めるはずがねえ。勝負は、ここからだぜ

遊戯の奴、前にも使ってたな

おい、城之内の奴、考え込む時間が段々長くなってきてねえか

なんだかぞくぞくするぜ

だけど、城之内もかなりのもんだぜ

だけど、なんだ
-----
城之内、ここまでよくやったぜ。だが、もうこれ以上は

あ・・・!

時の魔術師?(杏子・獏良と)

じじいになっちまうぜ。城之内が勝つのか!?

あいつら、どっちも半端じゃないな

もらっとけよ、城之内
 
     
獏良  でもその気持ちは城之内くんも同じだよ。きっと、もっともっと激しいデュエルになる

それだけ戦略を練ってるってことだよ。このターンで、何か仕掛けてくるんじゃないかな

いや、遊戯くんの攻撃を誘ってるんだ
城之内くんはブラックマジシャンをシルクハットの中から引きずり出そうとしている

すごい読み合いだ

うん、今までだったらありえなかった。でも彼はもう立派なデュエリストに成長しているんだ

その通り。今のターンでは攻めきれなかったけど、もう二人の力は互角といっていい。
でもここまででお互いの主力モンスターは出しきってるから、
後は補助魔法の多い遊戯くんが有利になるはずなんだけど
セオリー通りにいかないのがデュエルの奥ふかいところなんだよ
------
いや、まだそれはわからない

遊戯くんと城之内くんの中ではまだ決着はついていない。
二人の戦うことへの情熱は、まだ消えてはいないんだ

時の魔術師?(本田・杏子と)

うん。あれこそきっと、真のデュエリストなんだ
 
     
静香 -----
お兄ちゃん
【回想】
最後にお兄ちゃんの顔、見たかったな

約束ね
 
 
     
ペガサス  とても素晴らしいデュエルデース
技の遊戯ボーイに対して、パワーの城之内ボーイ。
だが、今城之内ボーイはそのパワーにタクティクスをプラスさせ、遊戯ボーイに迫る勢い。
さあ遊戯ボーイ、どうするのですか

フフフ、得意技を出してきましたね。遊戯ボーイ

これぞマインドスキャンの至福の時、互いの心の読み合いが手に取るようにわかりマース。
問題は次、残り二つのシルクハット、どちらを攻撃しても局面が大きく動くことになるのですからね

こうなるともはや気力と気力の勝負。最後の瞬間がどうなるのかとても楽しみデース
-------
ブラボー、遊戯ボーイ

遊戯ボーイ、一瞬迷いが出ましたね。
互いの手を知り尽くしているからこそ、時にたった1枚のカードにも翻弄されてしまう。
これがこのデュエルの複雑さ、そして面白さデース

まさか!

うーん、最高デース。いいデュエルを見せてもらいましたよ、遊戯ボーイ。ユーは必ず倒しマース・・・
 
     
その他 --------

ベビードラゴン

(鳴き声)

 

時の魔術師

タイム・マジック!

 

 

- - II

 

...とき - .. toki

 

We use the word とき - toki to describe when something happens or happened.

sentence A とき (time reference), sentence B (main event)

When A, B.
   
  Sentence A always ends in short form, either in the past or present tense.
  You can decide which tense to use in A by doing a simple thought experiment.
Place yourself at the time the main event B takes place, and imagine how you would describe the event in A.
If A is current or yet to happen, use the present tense in A.
If A has already taken place, use the past.

* The grammar of the toki temporal clauses in reality has more twists and quirks than are shown here, but this should be a good enough start.

   
  The present tense in A:
If, at the time the main event B takes place, A is current or is still "in the future," use the present tense in A.
 
チベットに行く、ビザを取ります。 (A) going to Tibet /when/, (B) having the visa issued
I will get the visa issued when I go to Tibet.

chibetto-ni iku toki, biza-o torimasu.

 
 

Note that as long as event A occurs after event B, the clause A gets the present tense (iku),
irrespective of the tense in clause B (torimasu or torimashita).
In the example below, the whole sequence of events has been shifted to the past:
at the time you applied for the visa (=B), the departure (=A) was yet to be realized.
The temporal order between the two events is exactly the same as in the example above,
hence the present tense of iku.
Note especially that we use the present tense in A, even if the two events took place in the past.

チベットに行く、ビザを取りまじた。 I had the visa issued when I was going to go to Tibet.

chibetto-ni iku toki, biza-o torimashita.

 
   
  Observe more examples of this tense combination
寝る時、コンタクトを取ります。 I take out the lenses [=B], and then go to bed [=A].
I take out the contact lenses when I go to sleep.
neru toki, kontakuto-o torimasu.  
出かける時、ドアに鍵をかけました。 I locked the door [=B], and then went out [=A].
I locked the door when I went out. 

dekakeru toki, doa-ni kagi-o kakemashita.

 
   
  Clause A also gets the present tense, when the state of A holds when event B takes place.
* 7
 
さびしい、友達に電話します。 (A) feeling lonely /when/, (B) make phone calls
I call up friends when I am lonely.

sabishii toki, tomodachi-ni denwa-shimasu.

 
   
  Note that na-adjectives get na, and nouns get no before toki
寒い時、頭が痛くなります。  I get a headache when it is cold.

samui toki, atama-ga itaku narimasu.

 
元気な時、公園を走ります。 I jog in the park when I feel fit.
genkina toki, kooen-o hashirimasu.  
犬が病気の時、病院に連れて行きました。 I took the dog to a vet when it was sick.
inu-ga byooki-no toki, byooin-ni tsurete-ikimashita.  
   
   *7

If A is a verbal idea (action) and describes an ongoing event during which B takes or took place,
the verb in A is in the -te iru form.
In the example below, the phone call event (= B) occurs in the middle of TV viewing (=A).

 
テレビを見ている時、友達から電話がありました。 (A) watching TV /when/, (B) phone call
A phone call came when I was watching TV. 

terebi-o mite iru toki, tomodachi-kara denwa-ga arimashita.

 
  Note in this connection that it is wrong to use the following sentence pattern, because itte iru does not describe an ongoing event but is a description of the result of "going,"
that is, being in a faraway place after going (see Lesson 7).
沖縄に行っている時、飛行機に乗りました。 I went by plane when I was going to Okinawa.

okinawa-ni itte iru toki, hikooki-ni norimashita.

 

  The past tense in A:
If, at the time of the main event B, A is already "in the past," use the past tense in A.
Note that we use the past tense even when the two events are yet to take place; it is the order of the two that matters.
In the example below, you will have already arrived in China (=A) at the time you buy tea (=B).
   
 

(A) going to China /when/, (B) buying oolong tea

中国に行った時、ウーロン茶を買います。

I will buy oolong tea when I go to China.

chuugoku-ni itta toki, uuron chaa o kaimasu.  
中国に行った時、ウーロン茶を買いました。 I bought oolong tea when I went to China.
chuugoku-ni itta toki, uuron chaa o kaimashita.  
   
疲れた時、ゆっくりお風呂に入ります。 I get tired [=A], and then take a bath [=B].)
I take a long bath when I have gotten tired.

tsukareta toki, yukkuri ofuro-ni hairimasu.

 
宿題を忘れた時、泣いてしまいました。 I found out about the homework [=A] and then cried [=B].
I cried when I had forgotten to bring the homework.
shukudai-o wasureta toki, naite-shimai-mashita.