(2019) | | V/660

Datte だって

Informal particle or conjunction (usually used by women and children) meaning: but, because, also, even

1. At the beginning of sentence

(in answer to a question)

「行きたくないの。」「だって疲れているんだもの。」
<Ikitakunai no?> <Datte tsukarete iru n da mono.>
<You dont want to go?> <Because Im tired.>

(in reply to an imperative)
「もう寝る時間ですよ。」「だって眠くないんだもの。」
<Mou neru jikan desu yo.> <Datte nemukunai n da mono.>
<Its time you want to bed.> <But Im not sleepy.>

2. After noun

金持ちだって不幸な時もある。
Kanemochi datte fukouna toki mo aru.
Even rich people are unhappy sometimes.

「あんなことはいやだ。」「私だっていやだ。」
<Anna koto wa iya da.> <Watashi datte iya da.>
<I hate such things.> <I do, too.>

3. Used with interrogative pronoun

(dare, nan, and doko + date mean everybody, everything, and everywhere respectively)
誰だってそれには怒ります。
Dare datte sore ni wa okorimasu.
Everybody gets angry at that.

彼はスポーツなら何だって出来ます。
Kare wa supoutsu nara nan datte dekimasu.
If its sports, he can play everything.

-> See also demo

三枝夕夏 IN db - I shall be released
右手にピストル
左手に赤いバラの花
Last time

ゴメンばかり繰り返す
貴方の口唇を

冷めたキスでふさぐ
Paint It, black

何度も私溶かした
わがままにしなる その指で

貴方のため伸ばした
もう意味のない髪
優しく撫でて

I shall be released
貴方への思い
身ごもったまま
朽ちてゆくだけなら

いっそひと思いに
撃ち殺して欲しい

思い残したら
生まれ変われない

もう心縛られたままで
生きることは出来ないから
弾き金を弾いて

やけに色のない残像
やけに浮遊する
感情 Oh! No!

誰かに何かに
もたれていないと
不安で仕方ないだから

部屋の一番隅っこの
壁に頭押し当てて

さっきから何気に
時計ばかり気にしてる
貴方を見つめてる

I shall be released
狭すぎる時間の中で
息苦しさを

感じているなら
いっそ撃ち殺して
思い宿したまま
前に進めない

もう心解き放たなければ
生きてゆくこと出来ないから

(最高に最悪な日々
意識して無意識装う
day and day)

(会話なく快楽だけ
分かち合う
愛情欠乏欲望の日々
夢から醒めた夢のよな景色
薄れゆくよな自意識認識)

(意味ない出口ない自問自答
永久迷宮な解答)

I miss you. But now
you've gone away.

As I look around
I see things
that remind me.

Just tell me how
I got this far.
I'm still loving you.
But...The end.

Ah Ah Ah Ah Ah
La La Hello another way

I shall be released
貴方への思い
身ごもったまま
朽ちてゆくだけなら

いっそひと思いに
撃ち殺して欲しい

思い残したら
生まれ変われない

もう心縛られたままで
生きることは出来ないから

縛られたままで
生きることは出来ないから
弾き金を弾いて

三枝夕夏 IN db - Destiny Wind Blows
茜さす窓辺 揺れるはかなき花
楽しき思い出たぐりよせて 迷い道ぽっかり、はぐれ雲

人なんてきっと 自分が辛い時
誰かの幸せだけを願うなんてできないものでしょ?
なのに少しもなじりもせず サヨナラの優しいキスくれたね

Destiny Wind Blows
キミの腕を振りほどいたこの手伸ばし
何を掴めたんだろう? 何を失ったんだろう?
突然現れた2つの道
背中押してくれたキミの強さと優しさに
私がここで負けちゃダメだよね

眠れない体 落下してゆく闇夜に
自分と向き合うってこんなに辛いことだって知らなかった

いつもキミに甘えてたんだね いつだってキミがそばにいてくれた

Destiny Wind Blows
時の流れは過ぎて行くものじゃなくて
訪れるものなんだよと 最後にキミがそう言ってたよね
愛しているから 誰より大切だから
二人が選んだ別れを 私から無意味にしちゃダメだよね

Destiny Wind Blows
今もまだ 相変わらず不器用だから
上手く生きられず すぐにキミの声が聞きたくなるけど
輝ける場所に辿り着くその時までは
絶対に辞めずにがんばってみるよ I'm still loving you

660

  Japanese 2008-2019