(2019) | | V/649

Cha ちゃ

Informal equivalent of te wa or tara (usually used by women)
Meaning: if, when
It is used after the stem of te-form of verbs whose dictionary form ends with -う-u, -く-ku, -つ-tsu, or -るru.
It becomes ja (the informal version of dewa) after the stem of te-form of verbs whose dictionary form ends with -ぶ-bu, -ぐ-gu, -む-mu, or -ぬ-nu.

After the stem of te-form of verb
そこへ行っちゃいけません。
Soko e itcha ikemasen.
You must not go there.

そんなことをされちゃ困ります。
Sonna koto o sarecha komarimasu.
Ill be distressed if you do that.

-> See also ikenai, ja, naranai, tara

渡辺満里奈・おニャン子クラブ - 深呼吸して
Watanabe Marina
ラズベリー色のセーターを着た
その背中 あなたと気づいたわ
買物客でにぎわってる
バスのターミナル

あなたの
名前を呼んでみたいけれど
隣りのひと
きっとガールフレンドでしょう?

深呼吸して (今すぐに)
私の恋が (ゆっくりと)
逃げないように そう 息を止めて
深呼吸して (今すぐに)
私の胸に (ゆっくりと)
AH ときめきを 閉じ込めちゃうのよ

腕を組んでるわけじゃないけど
なんとなく 似合いの二人なの
うしろ姿を見ているだけで
せつなくなるほど

こんなに
あなたのことが好きなくせに
立ち止まって
見送るのがせいいっぱいよ

深呼吸して (もう一度)
涙のしずく (お願いよ)
落ちないように そう 空を向いて
深呼吸して (もう一度)
恋の痛みを (お願いよ)
AH ほほえみで 思い出に変えて

深呼吸して
涙のしずく
落ちないように そう 空を向いて
深呼吸して (もう一度)
恋の痛みを (お願いよ)
AH ほほえみで 思い出に変えて

うしろ髪ひかれ隊 - 時の河を越えて
時の河を越え 遙か遠い大陸めざして
夢を見るたびに 人は旅の途中

教室の窓 (眩しくて)
陽射しの毛布 (やさしくて)
左肩にかけながら (あたたかいね)

あなたのことを (あの日から)
切ないくらい (苦しくて)
考えてた片想い

愛はいつも 海を渡る
1人きりの舟のようね
瞳の中の地図を信じていたい

※時の河を越え 誰もいない心のしじまで
波に運ばれて 青い水面揺れる
時の河を越え 遙か遠い大陸めざして
夢を見るたびに 人は旅の途中※

中庭の花 (ひそやかに)
小さな言葉 (こっそりと)
咲いていても目立たない

愛はいつも 季節を追って
海を巡る 風のようね
自分で決めた道を 信じていたい

(※くり返し×2)

649

  Japanese 2008-2019