(2018) | | V

Languages Study | Languages of the East | Japanese V

AUDIO 593
カラフィナ
One Light / Kalafina

(Arslan Senki ED)

アルスラーン戦記
(C78)(同人音楽)[Silver Forest] 月光乱舞  

lyrics / transcription

translation

Kalafina - One Light  
君が出会った心はきっと
一つだって間違いじゃない
同じ夢を抱いて
道を違えた人を思った
野晒しの憧れを掲げて
進む荒野
The souls we've met, every single one,
Were surely no mistake -
All embracing the same dream.

We thought of those we've parted ways with.
Holding weather-beaten aspirations,
Proceeding through this wasteland,
kimi ga deatta kokoro wa kitto
hitotsu datte machigai ja nai
onaji yume o daite
michi o tagaeta hito o omotta
nozarashi no akogare o kakagete
susumu kouya / arano
 
微笑みもその涙も
ここに捨てて行けないから
夏の影を抱いて白く高く
名も無き僕と君の旗
Smiles, as well as the tears,
Can't be thrown away here if we wish to move on.
Embracing the shadows, white and tall,
Flies our nameless flag.
hohoemi mo sono namida mo
koko ni sutete yukenai kara
natsu no kage o daite shiroku takaku
namonaki boku to kimi no hata
 
まだ果てなく続くこの道の彼方に
たった一つの光を
千の心で
見上げる空を信じてる
導く星を東の高みに
指し示すよ
夢はこの手で叶える
At the far reaches of this endlessly continuing path,
Exists a single light...
... for a thousand souls.
Believing in the sky we look upon,
We point out our guiding star,
High in the eastern sky -
We can make our dreams come true by our very own hands.
mada hatenaku tsudzuku kono michi no kanata ni
tatta hitotsu no hikari o
sen no kokoro de
miageru sora o shinjiteru
michibiku hoshi o higashi no takami ni
sashishimesu yo
yume wa kono te de kanaeru
 
   

伸ばして落ちた指で奪った
(幼気)いたいけな地図を翳して
木枯らしに背いて
汚れてたって譲れぬこと
ここから始まる明日の方へ
暮れる大地

Taken with fingers that couldn't hold their grasp,
I held aloft an seemingly innocent map,
Turning my back to the cold winter wind.

We head toward a tomorrow where we'll encounter things we can't let go,
No mater how tarnished we become:
A land sinking into darkness.
nobashite ochita yubi de ubatta
itaike na chizu o kazashite
kogarashi ni somuite
yogoretetatte yuzurenu koto
koko kara hajimaru ashita no hou e
kureru daichi
 
零れ落ちて行く筈だった
君の小さな溜息を
閉じた夜の中に迷わぬように
胸に刺して僕は行くから
So that I don't lose track,
Within this closed-off night,
Of your tiny sigh that I thought would fall to its demise,
I'll carve it into my chest and keep moving onward.
koboreochite yuku hazu datta
kimi no chiisana tameiki o
tojita yoru no naka ni moyowanu youni
mune ni sashite boku wa yuku kara
 
まだ果てなく続くこの時の彼方に
君の微笑みがきっと輝くように
絶えざる思いは二人を近くへ
いつか結んでくれると
信じている
君の夢見た空
So I can be sure that your smile will continue to shine,
Beyond this still endlessly continuing era,
I believe,
That unending emotions will bring us closer,
And eventually tie us together:
A sky you once dreamed of.
mada hatenaku tsudzuku kono toki no kanata ni
kimi no hohoemi ga kitto kagayaku youni
taezaru omoi wa futari o chikaku e
itsuka musunde kureru to
shinjiteiru
kimi no yume mita sora
 
もがいて落ちた指で掴んだ
野晒しの憧れを掲げて
僕は行ける
Grasped with writhing fingers,
I held aloft a weather-beaten longing -
I can keep going onward!
mogaite ochita yubi de tsukanda
nozarashi no akogare o kakagete
boku wa yukeru
 
   
まだ果てなく続くこの道の彼方に
たった一つの光を
千の心で
見上げる空は何処までも蒼く
連なる叫びの向こうへ
続いてる
Beyond this still endlessly continuing path,
Is a single light,
From a thousand hearts.
The sky we look upon is as blue as can be,
And continues on,
Beyond our line of calls.
mada hatenaku tsudzuku kono michi no kanata ni
tatta hitotsu no hikari o
sen no kokoro de
miageru sora wa dokomademo aoku
tsuranaru sakebi no mukou e
tsudzuiteru
 
まだ焼け焦げたままの大地に
緑がやがて萌え出ずるように
響く歌声
遠くへ行けると信じた
僕らの名も無き心のままに
光の射す
世界が始まる
In this still burnt land,
Just as fresh greens will bud,
That this resounding singing voice
  would travel far. -- I believed,
With our nameless hearts still as they once were,
A world that shines light upon them,
Will begin.
mada yakekogeta mama no daichi ni
midori ga yagate moeizuru you ni
hibiku utagoe
tooku e yukeru to shinjita
bokura no namonaki kokoro no mama ni
hikari no sasu
sekai ga hajimaru
 

東方 天空の狂詩曲 『幽霊楽団 ~Phantom Ensemble~』
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-01.htm
track01:天空の狂詩曲【ラプソディ】
原曲:幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble (東方妖々夢)
lyrics:小川マキ
arrange:後藤 康二 (ck510)
vocal:さゆり

目覚める騒霊【ゴースト】たち
ざわめく26時の月夜に
狂気の叫び 忍び寄る戦慄
さぁ 立ち上がれ 十字架【クロス】を背負い
支配された街を救い給え
聖なる剣 空に掲げて 孤高の勇者
蘇るファントム

天空の狂詩曲【ラプソディ】
空を駈ける音ノ葉 風に舞う蝶の如く
fascinate all of the world
女神が歌う夜に 月影 雫滴【したた】り
魂の霊泉【いずみ】から like a Paradox
砕け散った刹那の記憶 理不尽な愛
桜花【はな】の香りに満ちた 永遠の幻想郷【ファンタジア】

天空の狂詩曲【ラプソディ】 今宵 奏でる
プリズム 虹のアリア
駈け巡る in the sky

迫り来る悪霊【ゴースト】たち
うごめく 26時の月夜に・・・

蔓延る騒霊【ゴースト】たち
苦しみ悶える真夜中の森
狂気の涙 誘惑の旋律
今 羽ばたいて ヴェールを纏い
傷ついた心を癒し給え
真白き羽根を気高く広げ 翔び立つ勇姿
幻のフェニックス

天空の狂詩曲【ラプソディ】
空を駈ける言ノ葉 風に舞う鎮魂歌【レクイエム】 fascinate all of the world
女神が囁く時刻【とき】 鈴ノ音も歌う
魂は時空を越えて like a Paradox
凍りついた ストラディヴァリウス 無情なる哀音 【さけび】
ジェイドの光放つ 妖しきホログラム

天空の狂詩曲【ラプソディ】
今宵 奏でる
プリズム 虹のアリア
駈け巡る in the sky

迷える霊魂【ghost】
鎮まり返り給え 永遠に眠り給え
奏でる音魂【music】
それは聖なる剣 永遠に響き給え
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-02.htm
Silver Forest
track02:Vinculum ~ 絆 ~
composed:さゆり
lyrics:さゆり
arrange:さゆり
vocal:さゆり


今宵満月の下 悲しい戦いの火蓋は落とされ
熱く高鳴る鼓動 剣翳し月に願い込めた

眠りの神よ 我は守護者が為
闇と 光に 包まれ 守り抜く

真紅く染まる 瞳の先
恐れる心を持たぬ者達は
月に染まり 蒼く輝いて 一つ一つ消えてゆく
死にゆく者 立ち向かう者
見据えては数多の剣で裂いて
血に染まってく 己の手を見て 心痛む


共に守るべき者 それは友情という名の絆で
君達がいるから 痛む心が少し和らいだ

目覚めの神よ 我ら護りたまえ
たとえ 己が 痛みを 伴おうと

共に戦い 共に生きる
苦楽を共にし合う仲間達よ
何があっても 生き抜いてゆこう そう祈ってた あの日まで
それは脆く 儚く散り
全てが夢であってほしいと願い
この苦しみ 心の痛みは 消え去らない


悲しくても 切なくても
この絆は決して破られはしない
心の奥 集う燈を闘志【ちから】に変え 立ち上がろう

強く
強く願う この悲劇が
いつの日にか終焉を告げる日を
その日までは 決して倒れない そう誓った 君達と
共に戦い 共に生きる
肉体は滅び魂になっても
この心に 宿る友情は消えはしない

「ありがとう」 いつも一緒にいてくれて
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-03.htm
Silver Forest
track03:つなみ
原曲:童祭 (夢違科学世紀)
lyrics:Silver Forest
arrange:Silver Forest
vocal:さゆり


ひらひらと はらはらと
薄紅の桜舞い落ちる 幻この夢物語
風そよぎ 風かおる ざわめきだす梢が揺れた
うつろう季節を奏でては歌う

狂おしく燃え盛る 雷鳴のようにとどろいた
鼓動と大地のエネルギー
しんしんと凍てついた 静寂に包まれる海は
熱情 無音の脈を打つ大志

嗚呼 不条理な世界が
狂乱と安穏 ただ交錯させている
嗚呼 創造の神々
使命を託されて 平和と希望をいだく

永遠にさまよえる 純白の高貴な命に
いとしき実りをつけてゆく
魂と肉体は 光と闇に満ちたさだめ
神風 無垢な精霊からいぶく

激しくも美しい 春夏秋冬の旋律を
雅に奏で繋いでゆく
千年の時を超え 手を高く掲げ祝福を
捧げよ 母なる恵みへと
深い祈りを


狂おしく燃え盛る 雷鳴のようにとどろいた
鼓動と大地のエネルギー
しんしんと凍てついた 静寂に包まれる海は
熱情 無音の脈を打つ大志

嗚呼 不条理な世界が
狂乱と安穏 ただ交錯させている
嗚呼 創造の神々
使命を託されて 平和と希望をいだく

永遠にさまよえる 純白の高貴な命に
いとしき実りをつけてゆく
魂と肉体は 光と闇に満ちたさだめ
神風 無垢な精霊からいぶく

激しくも美しい 春夏秋冬の旋律を
雅に奏で繋いでゆく
千年の時を超え 手を高く掲げ祝福を
捧げよ 母なる恵みへと
深い祈りを
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-04.htm
track04:風の記憶 ~The Endless Stream~
composed:さゆり
lyrics:さゆり
arrange:さゆり
vocal:さゆり


果てなき空に 吹き抜ける風
優しくて
闇夜に浮かぶ 刻幻の月
悲しみに紛れた

儚さに涙に濡れてた
君の声 君の瞳が 心を揺るがす

ただ想い馳せても 夢でしか逢えなくて
そっと触れたその顔 宵に溶けてく
このまま...


水面に映る 月の光が
優しくて
闇夜に揺れる 星たちの声
悲しみに流れた

吹き抜ける 風の記憶たち
君の声 君の瞳が 心を震わす

夢の中だけでも 君の傍にいたいよ
たったそれだけでいい... 君に逢いたい

ただ想い馳せても 夢でしか逢えなくて
そっと触れたその顔 宵に溶けてく
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-05.htm
Silver Forest
track05:drive to the ever sky
原曲:少女秘封倶楽部 (蓮台野夜行)
lyrics:Silver Forest
arrange:NYO
vocal:さゆり


憧れを抱いていた少年の瞳【め】に
映るその無限は 少し近くなった

一筋の熱い誓い 目覚めた時
そこから未来への 戦いが始まる

孤独な檻に 飛び込む勇気を手に
絆が背を押した『夢を掴め!』と

いざ進め!その先へ
恐れを知らぬこの魂よ
人知れず耐えた傷
輝く時代【とき】を ただ待っている

叶えたい夢抱え
誰もが目指すその瞬間へ
進みたい道はただ
一つしか無いその栄光へ


何度も向き合う いくつもの葛藤
超えられない壁は この手で壊してく

進んでく者へ 課せられた運命【さだめ】は
自らに勝つこと、強い心もって

あの日の君が かけた言葉の意味も
その優しさにさえ気付けなかった

いざ行こう!その先へ
恐れも超えて今 立ち上がれ
人知れず泣いた夜【よ】も
必ず華開く時が来る

手にしたい夢がある
愛すべき君へと捧げたい
進むべき道はただ
一つしか無い その栄光へ
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-06.htm
track06:夏の蜃気楼
composed:NYO
lyrics:NYO
arrange:NYO
vocal:さゆり


心の記憶を彩った
夏の陽、熱く肌を射して
遠くで羽ばたいてる鳥を
追いかけ走りだしたあの日

振りかえれば 遥か彼方
蜃気楼が立ち昇って
追いこしてく あの雲さえ
同じものは 一つとない

君に伸ばした その指は
まだ少し届かない
ただ背中を ずっと追いかけてた
誰もまだ見たことない
未来 描いてみせる
これがきっと恋なんだと 知ったから



切ない心の彩りを
夕日に、重ね君を想う
近くにいても伝わらない
願いは儚く空に散る

出会ったのは 偶然でも
引きこまれた 君の瞳
積ってゆく この想いは
いつの日にか 希望となる

君が歌った その声を
いつまでも忘れない
特別だと 大切だと思う
誰もまだ聞いたことない
音を 紡いであげる
僕の想い 響かせたい 心まで


君に伸ばした その指は
まだ少し届かない
ただ背中を ずっと追いかけてた
誰もまだ見たことない
未来 描いてみせる
これがきっと恋なんだと 知ったから

君が歌った その声を
いつまでも忘れない
特別だと 大切だと思う
誰もまだ聞いたことない
音を 紡いであげる
僕の想い 響かせたい 心まで
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-07.htm
track07:引き裂かれる Fire
composed:後藤 康二 (ck510)
lyrics:上原 浩
arrange:後藤 康二 (ck510)
vocal:さゆり


明日の約束は無い
信じた想いを抱きしめ
闘いの渦の中へ飛び込んで
ただ己の力信じるだけで
後戻り? 逃げ道は?
克ち進むこと

優しさ 憐れみ 要らない
怯んだら そこでお終い
とどめを突き刺す その時までは
ただひたすらに女神【かみ】に祈るだけで
凍りつく星空に安息【やすらぎ】はない
刹那と

引き裂かれる Fire
絶望の暗闇【やみ】にFire
白い閃光【ひかり】が 輝くたびに
脆く 消える魂
幾千もの Shooting Star
胸に刺さるこの棘を 情熱に変えて
どこまでも Burning My Heart


果てしない旅路の果てに
真実の結末【こたえ】など無い
罪深き闘いを 繰り返す
愚かな者たちの懺悔の涙
絶望と憎しみが 横たわっている

傷付いた翼広げ
それでも羽ばたく堕天使
幾度となく生まれ また消滅【き】えてく
繰り返される この世界の中で
暗闇の あの天空【そら】に 今 解き放て
希望【ちから】を

情熱の Fire
この胸の中のFire
紅い閃光【ひかり】が 燃えさかる度
熱く 揺れる魂
一瞬の Shooting Star
儚い生命【いのち】の如く
また巡り逢うだろう
永遠に Warning My Soul


引き裂かれる
引き裂かれる Fire
絶望の暗闇【やみ】にFire
白い閃光【ひかり】が 輝くたびに
脆く 消える魂
幾千もの Shooting Star
胸に刺さるこの棘を 情熱に変えて
どこまでも Burning My Heart
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-08.htm
Silver Forest
track08:Cliche
原曲:ヒロシゲ36号 (卯酉東海道)
lyrics:暁しえ
arrange:Silver Forest
vocal:さゆり


高く見上げた空を この手で描【えが】き出す
白い翼 君へ向かうよ

風を追いかけ走る 僕らの影さえも
ありのままに彩ればいい
高く見上げた空を つなげば明日【あす】になる
きっとふたり どこへも行ける


流れてゆく景色 変わらない日々
頬杖つく僕と ため息つく君

キレイに飾られた世界はなぜか遠く
色あせていた

目を醒ませ今すぐに 偽物はいらない
ありのままを 受け止めたなら
高く見上げた空を この手で描【えが】き出す
白い翼 君へ向かうよ


遥かよりも長く君を見ている
その瞳【め】に映るのは 透き通る光

置き去りにしていた かけがえの無い日々を
抱きしめながら

風を追いかけ走る 僕らの影さえも
ありのままに彩ればいい
高く見上げた空を つなげば明日【あす】になる
きっとふたり どこへも行ける
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-09.htm
【Silver Forest】
ボーカル曲歌詞
Silver Forest
track09:Dieu le veult!
原曲:魔法少女十字軍 (大空魔術)
lyrics:Silver Forest
arrange:後藤 康二 (ck510)
vocal:さゆり


黒い羽根はどうして
光飲みこんでくの?
闇の中傷ついても
知ることすらできないの?

鐘の甘い音色に
儚き涙あふれ
まるで樹海を泳いだ
孤独な旅人のよう

そう 怖くはない
廻る【めぐる】むなしさだけ
罪を全て背負い
舞う羽根広げて

さあ悪魔よ いざなって
あなただけに見える光
いま勇気をその手にし
新しい希望を抱いて


白い羽根はどうして
光あふれているの?
ほんの少しの汚れも
決して許されないの?

胸に刺さる刃で
天命を引き裂いた
瞳【め】を閉じ感じる闇が
たったひとつの安らぎ

そう わかっている
前へ歩むべきと
凛と背を伸ばして
道 開けるように

さあ天使よ 導いて
煌々と輝く未来
さあ集えよ聖なる灯
漆黒の世界を消して


そう 怖くはない
廻る【めぐる】むなしさだけ
罪を全て背負い
舞う羽根広げて

さあ悪魔よ いざなって
あなただけに見える光
いま勇気をその手にし
新しい希望を抱いて
抱いて
 
http://www.silver--forest.com/lyrics/24-10.htm
track10:クロスマインド
composed:NYO
lyrics:ながP
arrange:NYO
vocal:さゆり


一人きりの夜はいつも
君のこと想う
月明かりが静寂の夜
静かに優しく照らす

いつも君がいたから
寂しくなかったよ
もし時を戻せるのならば
すぐ逢いに行きたい

今すぐ抱きしめてほしい
君のぬくもりがほしい
もう一度だけでいいから
君の声を聞きたい
一度だけでいいから


一人きりのあなたのこと
いつの日も想う
空が霞み消えた星に
そっと想いを委ねた

いつもあなたがいたから
寂しくなかったの
もし時を戻せるのならば
ずっと共に生きたい

今すぐ抱きしめてほしい
あなたの温かさで
もう一度だけでいいから
あなたの笑顔見たい
一度だけでいいから...

593

Japanese 2008-2018