(2018) | | V

Languages Study | Languages of the East | Japanese V

AUDIO 537

ambiguous / GARNiDELiA

(Kill La Kill OP)

キルラキル OP

  中森明菜
1984.12.21 Silent Love (SPECIAL RELEASE)
 

lyrics / transcription translation
ガルニデリア - ambiguous  
運命の意図を 断ち切った その先に.. Once I cut the ties of fate, what lies ahead…
unmei no ito o tachikitta sono saki ni…  
   
背伸びしていたんだ
靴擦れだらけの 狭い 世界で
ランウェイを歩く 笑顔の裏側
隠した つもりで
I’ve been getting taller,
In a world too small to fit, full of shoe sores…
I walk the runway thinking I’ve hidden the pain,
On the backside of a smile.
senobi shiteitanda
kutsuzure darake no semai sekai de
ranwei o aruku egao no uragawa
kakushita tsumori de
 
だけど いつも 君には
見抜かれてしまっていて
こんなのは はじめてで 戸惑うけど
But it’s always you,
Who sees right through me –
I’ve never felt something like this before and it takes me off balance.
dakedo itsumo kimi niwa
minukarete shimatteite
konna nowa hajimete de tomadou kedo
 
他の誰にも 着こなせない
なんだか わかんない 熱さが 胸を焦がすから
運命の糸 手繰り寄せた その先に
今 新しい夜明けが来る
An indescribable heat, unfit for anyone but me,
Burns in my chest;
As I pull in my thread of fate, what lies at the end,
Is a new dawn coming upon us!
hoka no darenimo kikonasenai
nandaka wakannai atsusa ga mune o kogasu kara
unmei no ito taguriyoseta sono saki ni
ima atarashii yoake ga kuru
 
   
かじかんだ指で ずっと 探してた
煌めく 世界の
答は いつだって ティーカップの中
映っていたんだ

With frozen/numb fingers, I’ve always been searching,
For the secret to this shining world…
… but the answer’s always been in my tea cup,
Simply reflected there:

kajikanda yubi de zutto sagashiteta
kirameku sekai no
kotae wa itsu datte tiikappu no naka
utsutteita n da
 
火傷しそうな 温度
甘すぎるし 苦すぎる
自分達だけの美学 飲みほして
At a temperature that seems hot enough to burn,
Too sweet, too bitter,
So let’s each drink down our own preferred flavor.
yakedo shisou na ondo
amasugiru shi nigasugiru
so, jibuntachi dake no bigaku (fureibaa) nomihoshite
 
あの日 君が 教えてくれた
なんだか わかんない 熱さが 頬を伝うから
それぞれの想い 絡み合った その先に
今 新しい夜明けが来る
The indescribable heat that you made me realize that day,
Makes its way down my cheeks;
All our feelings are jumbled up, but what lies at the end,
Is a new dawn coming upon us!
ano hi kimi ga oshietekureta
nandaka wakannai atsusa ga hoho o tsutau kara
sorezore no omoi karamiatta sono saki ni
ima atarashii yoake ga kuru
 
   
この 愛おしい 世界を 守りたいだけの
たった それだけの 無茶な きもち
だけど 一縷の望みは 君が 今 隣にいること
I have nothing but the reckless feeling,
That I want to protect this wonderful world…
But the fact that you’re beside me is my shining ray of hope!
kono itooshii sekai o mamoritai dake no
tatta sore dake no mucha na kimochi
dakedo ichiru no nozomi wa kimi ga ima tonari ni iru koto
 
他の誰にも 着こなせない
なんだか わかんない 熱さが 胸を焦がすから
運命の糸 手繰り寄せた その先に
ほら どこまでも続く未来
An indescribable heat, unfit for anyone but me,
Burns in my chest;
As I pull in my thread of fate, what lies at the end…
Can you see it? … is a future that continues on endlessly!
hoka no darenimo kikonasenai
nandaka wakannai atsusa ga mune o kogasu kara
unmei no ito taguriyoseta sono saki ni
hora dokomademo tsudzuku mirai
 
今日も 君が 教えてくれた
なんだか わかんない 熱さが 頬を伝うから
それぞれの願い 絡み合った その先に
今 新しい夜明けが来る
That indescribable heat that you’re still making me feel today,
Makes its way down my cheeks;
All our feelings are jumbled up, but what lies at the end,
Is a new dawn coming upon us!
kyou mo kimi ga oshietekureta
nandaka wakannai atsusa ga hoho o tsutau kara
sorezore no negai karamiatta sono saki ni
ima atarashii yoake ga kuru
 
想いは きっと ひとつ Our hearts are surely one in the same!
omoi wa kitto hitotsu  

lyrics / transcription
1984.12.21 Silent Love (SPECIAL RELEASE)
 
中森明菜 - Blue Bay Story
01 Blue Bay Story
渦巻く風シャツをふくらませ
あなたは 叫んでいる
好きだよ 声がちぎれ 震えていた
横浜 SALLY'S SHOP 突然あなた さらって
私の胸を鳴らす
横須賀 BLUE BAY 言えます 好きよ あなたが
勇気を下さい

何も言わないで 目を閉じるから
ROLLIN', JUST ROLLIN' このまま
FALLIN', JUST FALLIN' もう戻れない

夜の埠頭 ライトを消したら
ガラスに冬の星座
海から 波が散って 涙みたい
ひと目で LONELY BOY あなたの孤独 感じた
淋しさ 分けてほしい
岬に SUNRISE あなたと 行くわ どこでも
2度と離れない
少しまぶしいから かたむいていい
ROLLIN', JUST ROLLIN' このまま
FALLIN', JUST FALLIN' もう戻れない
 
中森明菜 - Little Party
02 Little Party
階段を上るたびに 胸がはずむのがわかる
あなたの部屋へ 駆けて行く SEASIDE 午後の坂道を
洗ったばかりの髪に 海の風がくちづける あなたはたぶん 夢の中
LIN DON もう目覚めなさい
壁に貼った 2人のPHOTOが 笑ってる あなたが 肩を抱きしめる
少しずつ 私が 少しずつ 変わって行く
始めましょう小さな 2人だけのLITTLE PARTY

窓辺にテーブルを置き アネモネをひとつかざる
グラスに映る たそがれは MOONLIGHT すべり出した船
あなたの瞳は魔法 素直な私が見える 明かりを消して キャンドルを
MY BOY あなただけ見たい やさし過ぎて

こわい気がする 冬の風 2人の影が揺れるわ
もう少しこのまま もう少しここにいたい

ねえ止めて時間を 2人きりのLITTLE PARTY, MY SWEET
 
中森明菜 - TERMINALまでのEVE
03 Terminal made no EVE
少し笑って だって2人のEVEよ
海岸通り ほらRIVERよ
翼がよぎる とても素敵

せめてターミナルまでは 見つめていて
赤いドレスに気付いてよ
本当は 悲しくて 胸がはりさけそう
だまると 涙が あふれる
うつむいちゃダメ
ねえ楽しいEVEにしましよう
電話はいやよ
ねえ可愛いい 手紙が欲しい
待ってるから MERRY X'MAS NIGHT

髪を切ったの ピアスを見せたいから
レジーメンタル そのブレザー
大人に見えて とても素敵
バスがターミナルに着き 歩きだしたら
私を振り向かないでね
あなたに飛び込んで
泣きじゃくりそうなの
短い 別れが せつない
少し笑って
ねえ楽しいEVEにしましよう
さよならはダメ
ねえ可愛いい 手紙が欲しい
待ってるから MERRY X'MAS NIGHT
MERRY X'MAS NIGHT
 
中森明菜 - 星のXMAS-BERRY〜A TENDER STAR
04 Hoshi no X'MAS-BERRY ~ A TENDER STAR
ピンクのカードを 雪のポストに見つけた
見慣れた文字に あなたがほほえむ
こんな可愛いいカードを
どんな顔して 買ったの
頬寄せれば あなたのぬくもり
いとしくて せつない
どこからかキャロルが 夜空に流れ出す
天使が翼をくれたら 逢いに行くわ
外に出れば ホワイトクリスマス
カードの返事は 星につづるから
届いたら舞い降りて来て
永遠の恋人が バラのメッセージ
X'MAS-BERRY ひとひら あなたの胸に

いつしかあなたの部屋
窓辺にたたずみ キャンドルをともす
見つけたら舞い降りて来て
はずかしそうに バラを抱きしめて
X'MAS-BERRY ひとひら 私の胸に

あなたがいつも見つめてる
はなれていてもわかるわ
2人の夢の キャンドルに
STAR DUST 星がくちづける
歩き出す私を 抱きしめるあなたがいる
抱きしめるあなたを いつまでも
LOVE YOU TENDER,
ON MY WAY

537

Japanese 2008-2018