(2018) | | V

Languages Study | Languages of the East | Japanese V

AUDIO 535

Asayake no Starmine / Asami Imai

(Plastic Memories ED)
プラスティック・メモリーズ

中森明菜
1984.10.10 Possibility

lyrics / transcription translation
今井麻美 - 朝焼けのスターマイン  
はぐれた君を探してたよ 
呼びかけた声かき消されて
僕が握りしめたその手は 震えていたね
I searched for you, having lost your way,
drowning out the voices that called after me;
That hand I grasped tightly was shaking.
hagureta kimi o sagashiteta yo
yobikaketa koe kakikesarete
boku ga nigirishimeta sono te wa furueteita ne
 
ふたりの思いが 戻せない時間抱きしめ 
高く飛んでくよ
Our thoughts consist of time we can never get back,
so we’ll embrace them and fly on high:
futari no omoi ga modosenai jikan dakishime
takaku tondeku yo
 
万華鏡 空に煌めいて 
君がぎこちなく微笑んでた 
愛しさ溢れてゆく
光が溶けてくその前に 
心から願うんだ この瞬間を 
永遠に忘れないようにと
A kaleidoscope sparkles in the sky,
and you’re smiling awkwardly
– I’m filled with love and affection.
Before this light begins to fade,
I’ll wish from the bottom of my heart…
to never forget this moment, for all eternity.
mangekyou sora ni kirameite 
kimi ga gikochinaku hohoendeta
itoshisa afureteyuku
hikari ga toketeku sono mae ni 
kokoro kara negaunda kono shunkan o
towa ni wasurenai you ni to
 
   
時計の針は進み 
僕の笑顔が強がりだと
抱き寄せた君に見抜かれた 
夜が明ける前
The clock’s hand moves on
and you say I’ve been smiling through the pain,
Seeing right through me as you pull me close
– before the dawn.
tokei no hari wa susumi
boku no egao ga tsuyogari dato
dakiyoseta kimi ni minukareta
yo ga akeru mae
 
募ってく想い一秒ごとに焼き付けて 
星空に綴ろう
These feelings that are building leave their burns as each second passes
– I’ll string them across the sky!
tsunotteku omoi ichibyou goto ni yakitsukete
hoshizora ni tsudzurou
 
光の環を指に通して 
君は嬉しそうにはしゃいでて 世界は輝いてる
魔法の時間が過ぎ去っても 
誓い合った絆は 
この胸の中 いつまでも生き続ける
Passing your fingers through a ring of light,
you frolic happily about – the world is shining!
Even once this magic moment takes its leave,
the bonds we swore to
will live on within our hearts!
hikari no wa o yubi ni tooshite
kimi wa ureshisou ni hashaidete sekai wa kagayaiteru
mahou no jikan ga sugisattemo
chikaiatta kizuna wa
kono mune no naka itsumademo ikitsudzukeru
 
数え切れない 君との日々 振り向けばほら
スターマインのように 鮮やかに
These countless days I’ve spent with you; when we reflect on them, look:
they’re vivid as a star mine!
kazoekirenai kimi tono hibi furimukeba hora
sutaa main no you azayaka ni
 
   
朝焼けは虹色 祭りの後ただひとり 
君の余韻に浸る
ぬくもり抱いて歩き出すよ 
この奇跡にありがとう
いつの日かまた 巡り会えますように
The sunrise is in rainbow color – after the festival,
I steep in your lingering memory.
Embracing that warmth, I’ll begin to walk,
giving thanks to this miracle;
Hoping that we’ll someday meet again!
asayake wa nijiiro matsuri no ato tada hitori
kimi no yoin ni hitaru
nukumori daite arukidasu yo
kono kiseki ni arigatou
itsu no hi ka mata meguriaemasu you ni
 
   
万華鏡 空に煌めいて 
君がぎこちなく微笑んでた 
愛しさ溢れてゆく
光が溶けてくその前に 心から誓ったんだ 
この瞬間を 永遠に忘れないようにと
遠く 咲き乱れてる スターマイン空彩る
When a kaleidoscope sparkled in the sky,
you were smiling awkwardly
– I’m filled with love and affection.
Before that light began to fade, I swore from the bottom of my heart…
to never forget this moment, for all eternity.
Blooming wildly in the distance, a star mine colors the skies.
mangekyou sora ni kirameite 
kimi ga gikochinaku hohoendeta 
itoshisa afureteyuku
hikari ga toketeku sono mae ni kokoro kara chikattanda
kono shunkan o towa ni wasurenai you ni to
tooku sakimidareteru sutaa main sora irodoru
 

lyrics
中森明菜 - Nakamori Akina
1984.10.10 Possibility
 
サザン・ウインド
01 Southern Wind
あいさつするのよ 海風に
自然に体が リズムとる
パナマ帽くるくると 指でまわして

テーブル届いた 果実酒は
見知らぬ人から メッセージ
背中越しとまどうわ 強い視線に
白いチェアーに 脚を組んで
頬づえつくのも 気になるわ
映画的な気分で少し
メランコリックに 髪をかきあげて
危険なこころ

ココナツ葉かげの シルエット
ほてった体を ひとやすみ
見えすいた視線なら 無視してポーズ
誘惑しなれた 男たち
目移りするわよ シーサイド
思わずつられて 手を振った
白いヨットの上の 美少年
まぶしい瞳

誘惑しなれた 男たち
ホテルの窓にも 声かける
洗いたての髪 なびかせて
いたずらぎみに 一瞬ウインクを
危険かしらね
 
秋はパステルタッチ
02 Aki wa Pastel Touch
街は パステルのスケッチで
軽く 風のタッチ 広がる

枯葉色染まる 秋も
二人にはポップで 恋だけ夢中

おしゃべりブレーキ とめられず 困ってる
おしゃべりスクリュー 風まかせ

少し 軽いせつなさだけ
少し 胸をかすめてくけど

あなた遠い島 ひとり
男の自由と 夢追う 旅に

心のブランク 今ならば 感じない
確かめた愛が ever, forever, be sure
ねえ 手をとって 人眼なら 気にしない
確かめた愛に kissin', forever
ねえ 抱きしめて 前よりも もっと強く
確かめた愛に kissin', forever, be sure
 
117 October storm ―十月の嵐―
03 October Storm : ~Juugatsu no Arashi~ (October Stormy Night)
 
リ・フ・レ・イ・ン
04 Refrain
セピア色の風に
ことばをさらわれて
枯葉のコサージュ
ふるえながらはずす

別れの朝の
涙さえ まだ
頬に消えないうちに
そんなに やさしくみつめないで
そんなに やさしくみつめないで

さよならというより
ありがとうといえる
あなたがくれた
かけがえのない 時間

夢みる頃は
悲しみさえが
まるで飾りだった
なくしたものなど 気づかずに
なくしたものなど 気づかずに

抱きしめられて わたしの愛は
あなたの胸に そっとリフレイン
戻れない季節へと 連れて帰って

セピア色の吐息
水彩画のような
いつか あなたと
撮った 甘い写真

いろんな恋と すれちがったけど
どこか 嘘をついてた
やさしいあなたに 逢うまでは
やさしいあなたに 逢うまでは
 
地平線
05 Horizon
全てを包みこむ 太陽の大きさ
赤い地平線の彼方 ふとためいきをつく
忘れるためでなく あなたから離れて
恋も心も旅空に 問いかけて来ました

愛のにがさなら充分すぎる
あなたも同じことでしょう

夕日がきれいすぎて 涙がでそうよ
あなたと はぐれそうで 怖い

今すぐあなたのもと 帰りたいけれど
一人のせつない旅 今は

占い夢まかせ てのひらのコインを
空へ放り投げる前に にが笑いの私

愛はここからも充分とどく
こんなに燃えてる心

夕日がきれいだから 素直になれそう
やっぱりあなたが好き 今も

振り向く月日全て ただいとしいだけ
これから元通りね きっと

異国の果てない空 心を映す
今すぐ帰りたいわ あなた
 
哀愁のMidnight
06 Aishu no Midnight
あなたの部屋に来たのに
不安な胸さわぎ

言葉も途切れたままで
やりきれず目を閉じる

摩天楼から 見おろすライトはまるで
ちぎれた首飾り

最初は気まぐれ Accident
二度目は危ない Love Affair
ようやく本気になる頃に
別れが見える Midnight

その気もないなら二度と
誘ったりしないで

蒼い夜のせいじゃない
肩が冷えてゆくのは

こんな時間に 電話のベルが7回
続いて今切れた

男と女は Mystery
自分で傷つく Pessimist
今さら愛しているなんて
言えるはずない Midnight

最初は気まぐれ Accident
二度目は危ない Love Affair
私が本気になる頃に
終わりが見える Midnight
 
十戒 (1984)
07 Jukkai (1984)
愚図ね カッコつけてるだけで
何もひとりきりじゃできない
過保護すぎたようね
優しさはき弱さの言い訳なのよ
はっぱかけたげる さあカタつけてよ
やわな生き方を 変えられないかぎり
限界なんだわ 坊やイライラするわ

すぐに愛を口にするけど
それじゃ何も解決しない
ちょっと甘い顔をするたびに
ツケ上るの悪いクセだわ
優しいだけじゃ もう物足りないのよ
今の男の子 みんな涙見せたがり
甘えてるわ 止めて冗談じゃない

ちゃんとハッキリしてよこの辺で
ギリギリよもどかしいわね
救いのない人ね 哀しくなるのよ
私好きならば方法あるはずよ
でなきゃさよならね いいわ冗談じゃない
はっぱかけたげる さあカタつけてよ
やわな生き方を 変えられたらきっと
好きになれたはず 坊やイライラするわ
 
白い迷い
08 Shiroi Labyrinth
怖くなるわ突然 恋の強さには
自分の想いばかり あなたに押しつけて

電話を思いがけず 途中で切られて
はじめて気づく私 迷惑なのですか

迷う心映し 白い雪が
ふいに目の前を よぎって行く

あなたをこんなに愛して なのに
ひとりよがりなら 苦しくてつらすぎる

つぶやく声が細く 夜にふるえてる
恋心は叫びに 変わるほど熱くて

愛を私からは ねだらないわ
長い片思い それでもいい

あなたのすべてを 愛して今は
私のすべては 限りなくささげます

あなたのすべてを愛して 白く
降りしきる想い 雪ほどにきれいです
迷いだけ 舞うばかり
 
09 Blue Misty Rain
冷たいRain あなたの
車降りて 歩く
ひき止める 声も
かき消した クラクション

何故いつでも 前の彼女と
くらべたりするの 私を
疲れるわ かけひきはもうやめて
これきりにしましょう
What do you want?

Make me feel so sad
I'm leaving you
What is love
Can't you see my lonely heart
In blue misty rain

哀しいRain ブラウス
胸のあたり 透けて
男達の 視線
うとましい アスファルト

何故いつでも 無神経に
逆なでするの こころを
知ってるわ あなたはその角で
見てるのでしょう

What do you want?

Make me feel so sad
I'm leaving you
What is love
Can't you see my lonely heart
In blue misty rain

ほほを濡らす 雨の向こうで
蒼く煙る 渋滞の街
愛し合うつもりもないのなら
追わないであなた
What do you want?

Make me feel so sad
I'm leaving you
What is love
Can't you see my lonely heart
In blue misty rain
 
ドラマティック・エアポート―北ウイング Part II―
10 Dramatic Airport - Kita Wing Part II
静かに翼は傾き
あなたは夜を降りてくる
ドラマティック・エアポート

ハンドル持つ手を
のぞいて時計
たしかめた
あなたを迎えに
心は急ぐ
空港へ
なつかしい文字
届いたエアメール
君のそばに
すぐ帰ると

霧雨 ぬれていたエアポート
フロントガラスの彼方に
あなたを連れてくる翼
ぼんやりと にじんでいた
雨のせいなの?

離れた時から
すべて終りと
言われたわ

そうねとうなずき
眠れなかった
日もあるの
運ばれて行く
白いタラップ
開くドアを
見つめている
霧雨 めぐり会うエアポート
あなたの横顔見つける
人ごみかきわけて走る
抱きしめて わたし他に
なにもいらない

静かに翼は傾く
わたしはアクセル踏み込む
離れて生きてきた愛が
そう今夜 ひとつになる
ドラマティック・エアポート

535

Japanese 2008-2018