(2017) | | V

Languages Study | Languages of the East | Japanese V

AUDIO 531

vivid brilliant door! / Sphere (Denpa Kyoushi OP)

電波教師


lyrics / transcription translation
スフィア - vivid brilliant door!  
ready steady knock knock the door!
it’s time to go all out! よーいどん!
ready steady knock knock the door!
it’s time to go all out! Ready… go!
ready steady knock knock the door!
it’s time to go all out! yooi don!
 
スタートしてどれくらい来ただろう 
もう振り返ったってあれれ蜃気楼?
自由に空を飛んで一騒ぎ 
支度万全余裕しゃくしゃく このまま太陽にキスしちゃうよ
Just how far have I come since I began?
At this point, looking back, it’s almost like a mirage?!
Flying freely through the sky in a single go;
completely prepared, calm and composed – at this point I’m gonna kiss the sun!
sutaato shite dorekurai kita darou
mou furikaettatte arere shinkirou?
jiyuu ni sora o tonde hitosawagi
shitakubanzen yoyuu shakushaku konomama taiyou ni kisu shichau yo
 
センセーション立て続き いてもたってもいられない 
まだあるでしょ ねえ反撃のチャンス
ああ現実と希望を繋げてくれるドアはどこだろ
やりたいことだけ ほらやってなくちゃ 僕が僕でいられない
Erecting sensations, I just can’t stay still –
I’m sure I still have a chance to make a counterattack!
Ahh, where is the door that will connect reality to my dreams?
If I do anything other than what I want, I won’t be able to remain myself!
senseeshon tatetsudzuki itemotattemo irarenai
mata arundeshou nee hangyaku no chansu
aa genjitsu to kibou tsunagetekureru doa wa doko darou
yaritai koto dake hora yattenakucha boku ga boku de irarenai
 
行くよ!本日快晴 全速前進で (革命はまだまだ)
いつも ギリギリが似合うね 止まれない年頃でしょ
じゃあセッション開始 ちょっとぐらいなら (High!) 
前のめりでいい?
Here we go! The day is clear and we’re full speed ahead! (But the revolution is far from here!)
Keeping ourselves on the brink has us looking our best – we’re at the age where we just can’t stop!
So let’s start this session – if I keep it within reason (High!),
do ya mind if I dive right in?
iku yo honjitsu kaisei zensoku zenshin de (kakumei wa madamada)
itsumo girigiri ga niau ne tomarenai toshigoro desho
jaa sesshon kaishi chotto gurai nara (High!)
mae nomeri de ii?
 
今全世界をジャックして 奇跡だって起こすから
つまり本気出して行くしか無いよね 賛成多数! (yes!)
‘Cause I’m gonna hijack the world and maybe even create a miracle!
In other words, we have no choice but to give it our all; the majority vote says yes! (yes!)
ima zensekai o jakku shite kiseki datte okosu kara
tsumari honki dashite iku shika nai yo ne sansei tasuu (yes!)
 
   
夢のため焦り過ぎなんじゃない 
そう立ち止まったってたまにはいいでしょう?
break 息を吸って一休みしたら装填始動bang!bang! 
まだまだfeverは続きますよ
Don’t you think you’re trying a little too hard for your dreams?
Yeah, I’m sure it’s all right if you just stand around once in a while!
Break, take a breath, and have a rest… then start reloading and bang!bang! –
the fever is gonna keep on going!
yume no tame aserisugi nanjanai
sou tachidomattatte tamani wa ii deshou?
break iki o sutte hitoyasumi shitara soutenkaishi bang!bang!
madamada fever wa tsudzukimasu yo
 
僕が問いかけて 君が言葉を返して 
心ノートに 書き留めた答えが
ちゃんと輝いてるって証明すればドアは開くから
しかめっ面とか ふくれっ面には もうお休みいただこう
I ask a question, and you respond in words:
the answer you’d written down in the notebook of your heart.
I’m sure the door will open if we prove we’re shining bright,
So let’s put to rest all our frowns and sulky faces!

boku ga toikakete kimi ga kotoba o kaeshite
kokoro nooto ni kakitometa kotae ga
chanto kagayaiteru tte shoumei sureba doa wa hiraku kara
shikamettsura toka fukurettsura ni wa mou oyasumi itadakou

 
行くよ!エンジン全開 痛快一直線 (障害は邪魔邪魔)
だよね 時と場所なんてのは 憚らなくて結構です
ペロって舌を出しちゃう 
アーメン反則は (please!) 見逃して欲しい!
Here we go! Our engines are full throttle, on a direct course to thrills! (Obstacles, nothing but a bother!)
Don’t ya think? We don’t need to hesitate about things like the right time and place!
When I stick my tongue out at you,
treading upon the amen we share, (please!) just let it slide!
iku yo! enjin zenkai tsuukai icchokusen (shougai wa jamajama)
dayone toki to basho nante nowa habakaranakute kekkou desu
pero tte shita o dashichau
aamen hansoku wa (please!) minogashitehoshii
 
ただ終着点はナイショだよ 僕にもわかんないし
手抜きなんて道理はありませんね?
It’s just that our destination’s a secret – I don’t even know!
But I can’t think of a reason for us to hold back!
tada shuuchakuten wa naisho dayo boku nimo wakannai shi
tenuki nante douri wa arimasen ne?
 
   
ready steady open the door!
it’s time to take up peace,fair!
ready steady open the door!
it’s time to take up peace,fair!
繋がったなら (let’s celebrate)
僕達だけのお祝いをしよう
明日も明後日も 来年でも いつの日にも 
この気持ちを 思い出せる様に
If we’ve managed to connect, (let’s celebrate)
Let’s have a celebration for you and I alone!
So that we can always remember this feeling tomorrow… the day after… next year… every day!
tsunagatta nara (let’s celebrate)
bokutachi dake no oiwai o shiyou
ashita mo asatte mo rainen demo itsu no hi nimo
kono kimochi o omoidaseru youni
 
   
楽しい瞬間はいつか終わっちゃうね (バイバイはやだやだ)
だけどドアが繋がってれば すぐに絶対また会えるよ (yeah!)
The fun times will eventually come to an end… (I don’t wanna say bye-bye!)
But if we’re connected to that door, I can see you again whenever I please! (yeah!)
tanoshii shunkan wa itsuka owacchau ne (baibai wa yadayada)
dakedo doa ga tsunagattereba sugu ni zettai mata aeru yo (yeah!)
 
行くよ!本日快晴 全速前進で (革命はまだまだ)
いつもギリギリが似合うね 止まれない年頃でしょ
じゃあセッション開始! ちょっとぐらいなら (High!) 
前のめりでいい?
Here we go! The day is clear and we’re full speed ahead! (But the revolution is far from here!)
Keeping ourselves on the brink has us looking our best – we’re at the age where we just can’t stop!
So let’s start this session – if I keep it within reason (High!),
do ya mind if I dive right in?
iku yo honjitsukaisei zensoku zenshin de (kakumei wa madamada)
itsumo girigiri ga niau ne tomarenai toshigoro desho
jaa sesshon kaishi! chotto gurai nara (High!)
maenomeri de ii?
 
今全世界をジャックして 奇跡だって起こすから
つまり本気大正解ってことで良いよね
判定します 一見でalright! 
全会可決! (yes!)
‘Cause I’m gonna hijack the world and maybe even create a miracle!
In other words, you understand I’m serious and right on point, right?
I’m gonna deliver my verdict: with a single glance, alright!
Everyone in attendance approves! (yes!)
ima zensekai o jakku shite kiseki datte okosu kara
tsumari honki daiseikai tte koto de ii yo ne
hantei shimasu ikken de alright!
zenkaikaketsu! (yes!)
 

THE GIFT OF THE MAGI by O. Henry  

Source: http://www.hyuki.com/trans/index.html

 
   

朗読の森
roudoku no mori

Reading Aloud Forest
岡崎千賀子
okazaki chikako
Read by Chikako Okazaki
   

賢者の贈り物
kenja no okurimono

The Gift of the Magi

オー・ヘンリー作
Oo Henrii saku

Written by O. Henry

結城浩訳
Yuuki Hiroshi yaku

Translated by Hiroshi Yuuki

 

 
1ドル87セント。 それで全部。 しかもそのうち60セントは小銭でした。 One dollar and eighty-seven cents. That was all. And sixty cents of it was in pennies.
小銭は一回の買い物につき一枚か二枚づつ浮かせたものです。 Pennies saved one and two at a time by bulldozing the grocer and the vegetable man and the butcher until one's cheeks burned with the silent imputation of parsimony that such close dealing implied.
乾物屋や八百屋や肉屋に無理矢理まけさせたので、 しまいに、こんなに値切るなんてという無言の非難で頬が赤くなるほどでした。  
デラは三回数えてみました。 でもやっぱり1ドル87セント。 明日はクリスマスだというのに。 Three times Della counted it. One dollar and eighty-seven cents. And the next day would be Christmas.
 

0:58

これでは、まったくのところ、粗末な小椅子に突っ伏して泣くしかありません。 ですからデラはそうしました。 There was clearly nothing to do but flop down on the shabby little couch and howl. So Della did it.
そうしているうちに、 人生というものは、わあわあ泣くのと、しくしく泣くのと、微笑みとでできており、 しかも、わあわあ泣くのが大部分を占めていると思うようになりました。 Which instigates the moral reflection that life is made up of sobs, sniffles, and smiles, with sniffles predominating.
 

01:23

この家の主婦が第一段階から第二段階へと少しづつ移行している間に、 家の様子を見ておきましょう。 While the mistress of the home is gradually subsiding from the first stage to the second, take a look at the home.
ここは週8ドルの家具付きアパートです。 A furnished flat at $8 per week.
全く筆舌に尽くしがたいというわけではないけれど、 浮浪者一掃部隊に気をつけるためにアパートという名前をつけたに違いありません。 It did not exactly beggar description, but it certainly had that word on the lookout for the mendicancy squad.
  01:52
階下には郵便受けがありましたが手紙が入る様子はなく、 呼び鈴はありましたが人間の指では鳴らせそうもありません。 In the vestibule below was a letter-box into which no letter would go, and an electric button from which no mortal finger could coax a ring.
その上には「ミスター・ジェームズ・ディリンガム・ヤング」 という名前が書かれた名刺が貼ってありました。 Also appertaining thereunto was a card bearing the name "Mr. James Dillingham Young."
 

02:14

その「ディリンガム」の文字は、 その名の持ち主に週30ドルの収入があった繁栄の時代にはそよ風にはためいてきました。 The "Dillingham" had been flung to the breeze during a former period of prosperity when its possessor was being paid $30 per week.
でもいまや収入は20ドルに減ってしまい、 文字たちはもっと慎ましく謙遜な「D」一文字に押し縮めようかと真剣に考えているようでした。 Now, when the income was shrunk to $20, though, they were thinking seriously of contracting to a modest and unassuming D.

しかし、ジェームズ・ディリンガム・ヤング氏が家に帰って二階のアパートに着くと、 すでにデラとしてご紹介済みのジェームズ・ディリンガム・ヤング夫人が、 「ジム」と呼びながら、いつでもぎゅうっと夫を抱きしめるのでした。

But whenever Mr. James Dillingham Young came home and reached his flat above he was called "Jim" and greatly hugged by Mrs. James Dillingham Young, already introduced to you as Della. 
これはたいへん結構なことですね。 Which is all very good.
 

03:05

デラは泣くのをやめ、頬に白粉をはたくのに意識を集中させました。 Della finished her cry and attended to her cheeks with the powder rag. 
デラは窓辺に立ち、灰色の裏庭にある灰色の塀の上を灰色の猫が歩いているのを物憂げに見ました。 She stood by the window and looked out dully at a gray cat walking a gray fence in a gray backyard.
明日はクリスマスだというのに、ジムに贈り物を買うお金が1ドル87セントしかありません。 Tomorrow would be Christmas Day, and she had only $1.87 with which to buy Jim a present.
何月も何月もコツコツとためてきたのに、これがその結果なのです。 She had been saving every penny she could for months, with this result. 
週20ドルでは、大したことはできません。 Twenty dollars a week doesn't go far.
支出はデラが計算した以上にありました。 支出というものはいつだってそういうものでした。 Expenses had been greater than she had calculated. They always are.
ジムへの贈り物を買うのに1ドル87セントしかないなんて。 大切なジムなのに。 Only $1.87 to buy a present for Jim. Her Jim.
  04:04
デラは、ジムのために何かすばらしいものをあげようと、長い間計画していたのです。 Many a happy hour she had spent planning for something nice for him.
何か、すてきで、めったにないもの ―― ジムの所有物となる栄誉を受けるに少しでも値する何かを。 Something fine and rare and sterling--something just a little bit near to being worthy of the honor of being owned by Jim.
   
その部屋の窓と窓の間には姿見の鏡が掛けられていました。  There was a pier-glass between the windows of the room.
たぶんあなたも8ドルの安アパートで見たことのあるような姿見でした。 Perhaps you have seen a pier-glass in an $8 flat.
たいそう細身で機敏な人だけが、 縦に細長い列に映る自分をすばやく見てとって、 全身像を非常に正確に把握することができるのでしょう。 A very thin and very agile person may, by observing his reflection in a rapid sequence of longitudinal strips, obtain a fairly accurate conception of his looks.
デラはすらっとしていたので、その技術を会得しておりました。 Della, being slender, had mastered the art.
   
急にデラは窓からくるりと身をひるがえし、その鏡の前に立ちました。 デラの目はきらきらと輝いていましたが、顔は20秒の間、色を失っていたのでした。 Suddenly she whirled from the window and stood before the glass. her eyes were shining brilliantly, but her face had lost its color within twenty seconds.
デラは手早く髪を下ろし、その長さいっぱいまで垂らしました。 Rapidly she pulled down her hair and let it fall to its full length.
   
さて、ジェームズ・ディリンガム・ヤング家には、 誇るべき二つのものがありました。 Now, there were two possessions of the James Dillingham Youngs in which they both took a mighty pride.
一つはジムの金時計です。 かつてはジムの父、そしてその前にはジムの祖父が持っていたという金時計。 One was Jim's gold watch that had been his father's and his grandfather's.
もう一つはデラの髪でした。 シバの女王が通風縦孔の向こう側のアパートに住んでいたとしましょう。 ある日、デラが窓の外にぬれた髪を垂らして乾かそうとしたら、 それだけで、女王様の宝石や宝物は色あせてしまったことでしょう。 The other was Della's hair. Had the queen of Sheba lived in the flat across the airshaft, Della would have let her hair hang out the window some day to dry just to depreciate Her Majesty's jewels and gifts.
また、ソロモン王がビルの管理人をやっていて、宝物は地下室に山積みしていたとしましょう。 ジムが通りがかりに時計を出すたび、王様はうらやましさのあまり、ひげをかきむしったことでしょう。 Had King Solomon been the janitor, with all his treasures piled up in the basement, Jim would have pulled out his watch every time he passed, just to see him pluck at his beard from envy.
  06:16
さて、そのデラの美しい髪は褐色の小さな滝のようにさざなみをうち、 輝きながら彼女のまわりを流れ落ちていきました。 髪はデラの膝のあたりまで届き、まるで長い衣のようでした。 So now Della's beautiful hair fell about her rippling and shining like a cascade of brown waters. It reached below her knee and made itself almost a garment for her.
やがてデラは神経質そうにまた手早く髪をまとめあげました。 ためらいながら1分間じっと立っていました。 が、そのうちに涙が一粒、二粒、すりきれた赤いカーペットに落ちました。 And then she did it up again nervously and quickly. Once she faltered for a minute and stood still while a tear or two splashed on the worn red carpet.
   
デラは褐色の古いジャケットを羽織り、褐色の古い帽子をかぶりました。 スカートをはためかせ、目にはまだ涙を光らせて、 ドアの外に出ると、表通りへ続く階段を降りていきました。 On went her old brown jacket; on went her old brown hat. With a whirl of skirts and with the brilliant sparkle still in her eyes, she fluttered out the door and down the stairs to the street.
   
デラが立ち止まったところの看板には、 「マダム・ソフロニー。ヘア用品なら何でも。」と書いてありました。  Where she stopped the sign read: "Mne. Sofronie. Hair Goods of All Kinds."
デラは階段を一つかけのぼり、胸をどきどきさせながらも気持ちを落ち着けました。 女主人は大柄で、色は白すぎ、冷ややかで、とうてい「ソフロニー」という名前のようには見えませんでした。 One flight up Della ran, and collected herself, panting. Madame, large, too white, chilly, hardly looked the "Sofronie."
   
「髪を買ってくださいますか」とデラは尋ねました。 "Will you buy my hair?" asked Della.
「買うさ」と女主人は言いました。 「帽子を取って見せなさいよ」 "I buy hair," said Madame. "Take yer hat off and let's have a sight at the looks of it."
褐色の滝がさざなみのようにこぼれ落ちました。 Down rippled the brown cascade.
「20ドル」手馴れた手つきで髪を持ち上げて女主人は言いました。 "Twenty dollars," said Madame, lifting the mass with a practised hand.
「すぐにください」とデラは言いました。 "Give it to me quick," said Della.
 

08:19

ああ、それから、薔薇のような翼に乗って2時間が過ぎていきました。 Oh, and the next two hours tripped by on rosy wings.
なんて、使い古された比喩は忘れてください。 デラはジムへの贈り物を探してお店を巡っておりました。 Forget the hashed metaphor. She was ransacking the stores for Jim's present.
   
そしてとうとうデラは見つけたのです。 それは確かにジムのため、ジムのためだけに作られたものでした。  She found it at last. It surely had been made for Jim and no one else.
それほどすばらしいものはどの店にもありませんでした。 デラは全部の店をひっくり返さんばかりに見たのですから。 There was no other like it in any of the stores, and she had turned all of them inside out.
それはプラチナの時計鎖で、デザインはシンプルで上品でした。 ごてごてした飾りではなく、 素材のみがその価値を主張していたのです ―― すべてのよきものがそうあるべきなのですが。 It was a platinum fob chain simple and chaste in design, properly proclaiming its value by substance alone and not by meretricious ornamentation--as all good things should do.
その鎖は彼の時計につけるのにふさわしいとまで言えるものでした。 It was even worthy of The Watch.
その鎖を見たとたん、これはジムのものだ、とデラにはわかりました。 As soon as she saw it she knew that it must be Jim's.
この鎖はジムに似ていました。 寡黙だが、価値がある ―― この表現は鎖とジムの両者に当てはまりました。 It was like him. Quietness and value--the description applied to both.
その鎖には21ドルかかり、デラは87セントをもって家に急いで帰りました。 この鎖を時計につければ、 どんな人の前でもちゃんと時間を気にすることができるようになるでしょう。 Twenty-one dollars they took from her for it, and she hurried home with the 87 cents. With that chain on his watch Jim might be properly anxious about the time in any company.
時計はすばらしかったのですが、 鎖の代わりに古い皮紐をつけていたため、 ジムはこそこそと見るときもあったのです。 Grand as the watch was, he sometimes looked at it on the sly on account of the old leather strap that he used in place of a chain.
  10:12
デラが家に着いたとき、興奮はやや醒め、分別と理性が頭をもたげてきました。 。 When Della reached home her intoxication gave way a little to prudence and reason.
ヘアアイロンを取り出し、ガスを着けると、 愛に気前の良さを加えて生じた被害の跡を修繕する作業にかかりました。 She got out her curling irons and lighted the gas and went to work repairing the ravages made by generosity added to love.
そういうのはいつも大変な仕事なのですよ、ねえあなた ―― とてつもなく大きな仕事なのですよ Which is always a tremendous task, dear friends--a mammoth task.
   
40分のうちに、デラの髪は小さく集まったカールで覆われました。 髪型のせいで、まるで、ずる休みした学童みたいに見えました。 Within forty minutes her head was covered with tiny, close-lying curls that made her look wonderfully like a truant schoolboy.
デラは、鏡にうつる自分の姿を、長い間、注意深く、ためつすがめつ見つめました。 She looked at her reflection in the mirror long, carefully, and critically.
   
「わたしのことを殺しはしないだろうけれど」とデラは独り言をいいました。 「ジムはわたしのことを見るなり、 コニーアイランドのコーラスガールみたいだって言うわ。 "If Jim doesn't kill me," she said to herself, "before he takes a second look at me, he'll say I look like a Coney Island chorus girl.
でもわたしに何ができるの ―― ああ、 ほんとうに1ドル87セントで何ができるっていうの?」 But what could I do--oh! what could I do with a dollar and eighty- seven cents?"
   
7時にはコーヒーの用意ができ、 フライパンはストーブの上にのり、 チョップを焼く準備ができました。 At 7 o'clock the coffee was made and the frying-pan was on the back of the stove hot and ready to cook the chops.
  11:39
ジムは決して遅れることはありませんでした。 Jim was never late.
デラは時計の鎖を手の中で二重に巻き、 彼がいつも入ってくるドアの近くのテーブルの隅に座りました。  Della doubled the fob chain in her hand and sat on the corner of the table near the door that he always entered.
やがて、ジムがはじめの階段を上ってくる足音が聞こえると、デラは一瞬顔が青ざめました。 Then she heard his step on the stair away down on the first flight, and she turned white for just a moment.
デラは毎日のちょっとしたことでも小さな祈りを静かに唱える習慣がありましたが、 このときは「神さま。 どうかジムがわたしのことを今でもかわいいと思ってくれますように」とささやきました。 She had a habit for saying little silent prayer about the simplest everyday things, and now she whispered: "Please God, make him think I am still pretty."
   
ドアが開き、ジムが入り、ドアを閉めました。 The door opened and Jim stepped in and closed it.
ジムはやせていて、生真面目な顔つきをしていました。 He looked thin and very serious.
かわいそうに、まだ22歳なのに ―― 彼は家庭を背負っているのです。 Poor fellow, he was only twenty-two--and to be burdened with a family!
新しいオーバーも必要だし、手袋もしていませんでした。 He needed a new overcoat and he was without gloves.
   
ジムは、ドアの内で立ち止まりました。 うずらの匂いにじっとしている猟犬と同じように、そのまま動きませんでした。 Jim stopped inside the door, as immovable as a setter at the scent of quail.
ジムの目はデラに釘付けでした。 そしてその目には読み取ることのできない感情が込められていて、 デラは恐くなってしまいました。 His eyes were fixed upon Della, and there was an expression in them that she could not read, and it terrified her.
それは憤怒ではなく、驚嘆でもなく、拒否でもなく、恐怖でもなく、 デラが心していたどんな感情でもありませんでした。 It was not anger, nor surprise, nor disapproval, nor horror, nor any of the sentiments that she had been prepared for.
ジムは顔にその奇妙な表情を浮かべながら、 ただ、じっとデラを見つめていたのです。 He simply stared at her fixedly with that peculiar expression on his face.
   
デラはテーブルを回ってジムの方へ歩み寄りました。 Della wriggled off the table and went for him.
   
「ジム、ねえ、あなた」デラは声をあげました。 「そんな顔して見ないで。 "Jim, darling," she cried, "don't look at me that way.
髪の毛は切って、売っちゃったの。 だって、あなたにプレゼント一つあげずにクリスマスを過ごすなんて絶対できないんだもの。  I had my hair cut off and sold because I couldn't have lived through Christmas without giving you a present.
髪はまた伸びるわ ―― 気にしない、でしょ? こうしなきゃ駄目だったの。 ほら、わたしの髪ってすごく早く伸びるし。 It'll grow out again--you won't mind, will you? I just had to do it. My hair grows awfully fast. Say
『メリー・クリスマス』って言ってよ、ジム。 そして楽しく過ごしましょ。 どんなに素敵な ―― 綺麗で素敵なプレゼントをあなたに用意したか、 当てられないわよ」 `Merry Christmas!' Jim, and let's be happy. You don't know what a nice-- what a beautiful, nice gift I've got for you."
   
「髪を切ったって?」とジムは苦労しつつ尋ねました。 まるで、懸命に頭を働かせても明白な事実にたどり着けないようなありさまでした。 "You've cut off your hair?" asked Jim, laboriously, as if he had not arrived at that patent fact yet even after the hardest mental labor.
   
「切って、売っちゃったの」とデラは言いました。 「それでも、わたしのこと、変わらずに好きでいてくれるわよね。 髪がなくても、わたしはわたし、よね?」 "Cut it off and sold it," said Della. "Don't you like me just as well, anyhow? I'm me without my hair, ain't I?"
   
ジムは部屋をさがしものでもするかのように見まわしました。 Jim looked about the room curiously.
「髪がなくなっちゃったって?」ジムは何だか馬鹿になったように言いました。 "You say your hair is gone?" he said, with an air almost of idiocy.
  15:11
「探さなくてもいいのよ」とデラは言いました。 "You needn't look for it," said Della.
「売っちゃったの。だから、―― 売っちゃったからなくなったのよ。  "It's sold, I tell you--sold and gone, too.
ねえ、クリスマスイブでしょ。 優しくして。 髪がなくなったのは、あなたのためなのよ。 It's Christmas Eve, boy. Be good to me, for it went for you.
たぶん、わたしの髪の毛の一本一本まで神様には数えられているでしょうね」 デラは急に真面目になり、優しく続けました。 Maybe the hairs of my head were numbered," she went on with sudden serious sweetness,
「でも、わたしがあなたをどれだけ愛しているかは、 誰にもはかることはできないわ。 チョップをかけてもいい、ジム?」 "but nobody could ever count my love for you. Shall I put the chops on, Jim?"
   
ジムはぼうっとした状態からはっと戻り、デラを抱きしめました。 Out of his trance Jim seemed quickly to wake. He enfolded his Della. .
さて、それではここで10秒間、 趣を変えたささやかな事柄について控え目に吟味をしてみましょう。 For ten seconds let us regard with discreet scrutiny some inconsequential object in the other direction.
週8ドルと年100万ドル ―― その違いは何でしょうか。  Eight dollars a week or a million a year--what is the difference?
数学者や知恵者に尋ねたら、誤った答えが返って来るでしょう。 A mathematician or a wit would give you the wrong answer.
東方の賢者は高価な贈り物を持ってきましたが、その中に答えはありませんでした。 何だか暗いことを申しましたが、ここで述べた言明は、後にはっきりと光り輝くことになるのです。 The magi brought valuable gifts, but that was not among them. This dark assertion will be illuminated later on.
   
ジムはオーバーのポケットから包みを取り出すと、 テーブルに投げ出しました。 Jim drew a package from his overcoat pocket and threw it upon the table.
   
「ねえデラ、僕のことを勘違いしないで。 髪型とか肌剃とかシャンプーとか、 そんなもので僕のかわいい女の子を嫌いになったりするもんか。 "Don't make any mistake, Dell," he said, "about me. I don't think there's anything in the way of a haircut or a shave or a shampoo that could make me like my girl any less.
でも、その包みを開けたら、 はじめのうちしばらく、どうして僕があんな風だったかわかると思うよ」 But if you'll unwrap that package you may see why you had me going a while at first."
   
白い指がすばやく紐をちぎり紙を破りました。 White fingers and nimble tore at the string and paper.
そして歓喜の叫びが上がり、 それから、ああ、 ヒステリックな涙と嘆きへと女性らしくすぐさま変わっていったのです。 いそいで、そのアパートの主人が必死になって慰めなければなりませんでした。 And then an ecstatic scream of joy; and then, alas! a quick feminine change to hysterical tears and wails, necessitating the immediate employment of all the comforting powers of the lord of the flat.
  17:40
包みの中には櫛(くし)が入っていたのです ―― セットになった櫛で、 横と後ろに刺すようになっているものでした。 For there lay The Combs--the set of combs, side and back, that Della had worshipped long in a Broadway window.
その櫛のセットは、 デラがブロードウェイのお店の窓で、長い間あがめんばかりに思っていたものでした。 美しい櫛、ピュアな亀甲でできていて、 宝石で縁取りがしてあって ―― 売ってなくなった美しい髪にぴったりでした。 Beautiful combs, pure tortoise shell, with jewelled rims--just the shade to wear in the beautiful vanished hair.
その櫛が高価だということをデラは知っていました。 ですから、心のうちでは、その櫛がただもう欲しくて欲しくてたまらなかったのですけれど、 実際に手に入るなんていう望みはちっとも抱いていなかったのです。  They were expensive combs, she knew, and her heart had simply craved and yearned over them without the least hope of possession.
そして、いま、この櫛が自分のものになったのです。 けれども、この髪飾りによって飾られるべき髪の方がすでになくなっていたのでした。 And now, they were hers, but the tresses that should have adorned the coveted adornments were gone.
  18:49
しかし、デラは櫛を胸に抱きました。 そしてやっとの思いで涙で濡れた目をあげ、微笑んでこう言うことができました。 「わたしの髪はね、とっても早く伸びるのよ、ジム!」 But she hugged them to her bosom, and at length she was able to look up with dim eyes and a smile and say: "My hair grows so fast, Jim!"
   
そしてデラは火で焼かれた小猫のようにジャンプして声をあげました。 「きゃっ、そうだ!」 And them Della leaped up like a little singed cat and cried, "Oh, oh!"
   
自分がもらう美しい贈り物をジムはまだ見ていないのです。  Jim had not yet seen his beautiful present.
デラは手のひらに贈り物を乗せ、ジムに思いを込めて差し出しました。 She held it out to him eagerly upon her open palm.
貴金属の鈍い光は、 デラの輝くばかりの熱心な気持ちを反射しているかのようでした。 The dull precious metal seemed to flash with a reflection of her bright and ardent spirit.
   
「ねえ素敵じゃない? 町中を探して見つけたのよ。 あなたの時計にこの鎖をつけたら、 一日に百回でも時間を調べたくなるわよ。 "Isn't it a dandy, Jim? I hunted all over town to find it. You'll have to look at the time a hundred times a day now.
時計、貸してよ。この鎖をつけたらどんな風になるか見たいの」 Give me your watch. I want to see how it looks on it."
   
デラのこの言葉には従わず、 ジムは椅子にどさりと腰を下ろし、 両手を首の後ろに組んでにっこりと微笑みました。 Instead of obeying, Jim tumbled down on the couch and put his hands under the back of his head and smiled.
   
「ねえデラ。僕達のクリスマスプレゼントは、 しばらくの間、どこかにしまっておくことにしようよ。 "Dell," said he, "let's put our Christmas presents away and keep 'em a while.
いますぐ使うには上等すぎるよ。 櫛を買うお金を作るために、僕は時計を売っちゃったのさ。 さあ、チョップを火にかけてくれよ」 They're too nice to use just at present. I sold the watch to get the money to buy your combs. And now suppose you put the chops on."
   
   
東方の賢者は、ご存知のように、 賢い人たちでした ―― すばらしく賢い人たちだったんです ―― 飼葉桶の中にいる御子に贈り物を運んできたのです。 The magi, as you know, were wise men--wonderfully wise men--who brought gifts to the Babe in the manger.
東方の賢者がクリスマスプレゼントを贈る、という習慣を考え出したのですね。 彼らは賢明な人たちでしたから、もちろん贈り物も賢明なものでした。 たぶん贈り物がだぶったりしたときには、別の品と交換をすることができる特典もあったでしょうね。 They invented the art of giving Christmas presents. Being wise, their gifts were no doubt wise ones, possibly bearing the privilege of exchange in case of duplication.
さて、わたくしはこれまで、つたないながらも、 アパートに住む二人の愚かな子供たちに起こった、平凡な物語をお話してまいりました。 二人は愚かなことに、家の最もすばらしい宝物を互いのために台無しにしてしまったのです。 And here I have lamely related to you the uneventful chronicle of two foolish children in a flat who most unwisely sacrificed for each other the greatest treasures of their house.
しかしながら、今日の賢者たちへの最後の言葉として、こう言わせていただきましょう。 贈り物をするすべての人の中で、この二人が最も賢明だったのです。 But in a last word to the wise of these days let it be said that of all who give gifts these two were the wisest.
贈り物をやりとりするすべての人の中で、 この二人のような人たちこそ、最も賢い人たちなのです。  O all who give and receive gifts, such as they are wisest.
世界中のどこであっても、このような人たちが最高の賢者なのです。 Everywhere they are wisest.

 

彼らこそ、本当の、東方の賢者なのです。 They are the magi.

531

Japanese 2008-2017