(2018) | | IV/522

Languages Study | Languages of the East | Japanese IV

AUDIO 522

Kanon Wakeshima - killy killy JOKER
分島花音- Killy Killy JOKER

(selector infected WIXOSS OP)


Yu-Gi-Oh!

222 三幻神を倒せ!
San-gen-shin o taose!
Break down Three illusionary gods!
!

 

lyrics / transcription translation
分島花音- Killy Killy JOKER  
アンバランス
最高の未来へ向かう世界へようこそ
真実は偏にカードの裏/表
解けないまま
Welcome  to an unbalanced world
That leads you to a great future 
Its reality  is solely down to  the two sides of the cards
That you can't fully grasp
ANBARANSU
Saikou no mirai e mukau sekai e youkoso
Shinjitsu wa hitoe ni KAADO no ura/omote
Tokenai mama
 
捲り目眩く目紛しいステージで
その絡まった感情を満足いくまで何回も壊してしまえ
On this quickfire stage  bedazzling with every card flip
The tangled emotions that you have  break them down again and again  until you're satisfied!
Mekuri mekurumeku memagurushii SUTEEJI de
Sono karamatta kanjou o manzoku iku made nankai mo kowashite shimae
 
   
運命に手招きされ彷徨う明日は
何を選んで何を手放し一つになれば良いんだろう
詰った手札を晒す余裕なんてないよ
For tomorrow that has lost its way when beckoned by fate
Wouldn't it be better if I get to select and discard in just one single step?
I can't just easily show the cards that I loathe
Unmei ni temaneki sare samayou ashita wa
Nani o erande nani o tebanashi hitotsu ni nareba ii'ndarou
Najitta tefuda o sarasu yoyuu nante nai yo
 
乾いた後悔の海を飲み干す日々は
限られた言葉でいつしかの笑顔を許して欲しいんだろう
(鬱鬱)現実を忘れたって構わないよ
だから今は知らないでいたい
For the days of drinking from this arid sea of regrets
Wouldn't it be nice if I can eventually make a smile with these limited words
It wouldn't bother me if  I lose touch of reality so
For now  I prefer not to know
Kawaita koukai no umi o nomihosu hibi wa
Kagirareta kotoba de itsushika no egao o yurushite hoshii'ndarou
Utsutsu o wasuretatte kamawanai yo
Dakara ima wa shiranai de itai
 
   
ねぇ? Right?
Nee?  
Why don't you want an ideal world?
Why don't you play for foul yourself.
Why do you choose on your own for the future?
Why do you want to step into the world?
Why don't you want an ideal world?
Why don't you play for foul yourself.
Why do you choose on your own for the future?
Why do you want to step into the world?
   
狭く迫り来る責め立てるストーリーの
その綻んだ出口が塞がってしまう前に逃げ出したいよ
Before this impending relentless story 
Seals away its tattered exit I wanna flee from it
Semaku semarikuru semetateru SUTOORII no
Sono hokoronda deguchi ga fusagatte shimau mae ni nigedashitai yo
 
運命に手招きされ彷徨う明日は
自分の意志で分かれ道を進んで行きたい
乾いた後悔の海を飲み干す日々は
有限の刹那で思い切り笑いあいたい
For tomorrow that has lost its way when beckoned by fate
I just want to choose the path I'm going on my own free will
For the days of drinking from this arid sea of regrets
I just want to really smile together for one brief moment
Unmei ni temaneki sare samayou ashita wa
Jibun no ishi de wakaremichi o susunde ikitai
Kawaita koukai no umi o nomihosu hibi wa
Yuugen no setsuna de omoikiri waraiaitai
 
   
運命に手招きされ彷徨う私は
強ばった右手をそれでも固く握りしめているんだろう
守ったJOKERもうこれだけが全て
For me who has lost my way when beckoned by fate
My right hand is stiff yet would still keep clenching tightly on
This Joker I had kept away which is all that I have left
Unmei ni temaneki sare samayou watashi wa
Kowabatta migite o soredemo kataku nigirishimete iru n darou
Mamotta JOKER mou kore dake ga subete
 
乾いた後悔の海を飲み干す君は
溺れた狭間で失ってしまった愛しさを知るんだろう
現実は変えられるって信じたいよ
だから現状をルーザーなんて言わない
For you drinking from this arid sea of regrets
The moment you drown into it  you will find once again  that loving feeling that you had lost
I would like to believe that I can change this reality so
Right now I'm not calling anyone a loser
Kawaita koukai no umi o nomihosu kimi wa
Oboreta hazama de ushinatte shimatta itoshisa o shiru'ndarou
Utsutsu wa kaerareru tte shinjitai yo
Dakara genjoo (ima) wo RUUZAA nante iwanai
 

  222 三幻神を倒せ!
  Sangenshin o taose!
  【導入】
   [Doonyuu]
王様 俺の運命を決める最後の試練、戦いの儀。
それを受けてくれた相棒の気持ちに応えるためにも、俺はこのデュエル、
俺のプライドのすべてを掛けて、全力で戦うぜ!
今ここにオベリスクの巨神兵、オシリスの天空竜、ラーの翼神竜、3体の神を召喚する。
相棒、俺の全力について来れるか!
  ore no unmei o kimeru saigo no shiren, tatakai no gi.
Sore o ukete kureta aiboo no kimochi ni kotaeru tame ni mo, ore wa kono dueru,
ore no puraido no subete o kakete, zenryoku de tatakau ze!
Imakoko ni oberisukunokyoshinhei, oshirisunotenkuuryuu, raa no yokushinryuu, 3-tai no kami o shookan suru.
Aiboo, ore no zenryoku ni tsuite koreru ka!
遊戯 これが、もう一人の僕の本気。
  Kore ga, moohitori no boku no honki.
王様 俺はマジックカード、強欲な壷を発動。
デッキからカードを2枚手札に加えて、ターンを終了するぜ。
  Ore wa majikkukaado, gooyokuna tsubo o hatsudoo.
Dekki kara kaado o 2-mai tefuda ni kuwaete, taan o shuuryoo suru ze.
モクバ あぁ。(一同)
  A~a.(Ichidoo)
モクバ すごいぜ、兄サマ。
  sugoi ze, nii-sama.
社長 場に3体の神が出揃うだと?
  Ba ni 3-tai no kami ga desoroudato?
双六 何という事じゃ。
まさかこんな光景を、生きているうちに拝めるとは。
  Nan to iu kotoja.
Masaka kon'na kookei o, ikite iru uchi ni ogameru to wa.
マリク 姉さん。
  Neesan.
イシズ ファラオの力は、私たちの想像を遥かに超えている。
   Farao no chikara wa, watashitachi no soozoo o haruka ni koete iru.
杏子 これが、アテムの実力。
  Kore ga, atemu no jitsuryoku.
凡骨 遊戯のトラップで、特殊能力を封じ込めて攻撃力が下がったとはいえ、
それでもオベリスクの攻撃力は、2500。
  Yuugi no torappu de, tokushu nooryoku o fuujikomete koogeki-ryoku ga sagatta to wa ie,
soredemo oberisuku no koogeki-ryoku wa, 2500.
モクバ オシリスには、召喚した相手モンスターに毎回2000のダメージを与える召雷弾の特殊能力。
  Oshirisu ni wa, shookan shita aite monsutaa ni maikai 2000 no dameeji o ataeru shooraidan no tokushu nooryoku.
マリク ラーだって特殊能力を使って、場のモンスターとライフを攻撃力に変換すれば、
その攻撃力は、14499まで上がる。
  Raa datte tokushu nooryoku o tsukatte,-ba no monsutaa to raifu o koogeki-ryoku ni henkan sureba,
sono koogeki-ryoku wa, 14499 made agaru.
社長 一人のデュエリストの場に3体の神。
このスーパーヘビーデッキを回転させ、召喚させるアテムのデュエルタクティクス。
まさにデュエル史上に残る戦いである事に間違いはない。
しかし、このデュエルの勝負は既に決した。
  Hitori no duerisuto no ba ni 3-tai no kami.
Kono suupaahebiidekki o kaiten sa se, shookan saseru atemu no duerutakutikusu.
Masani dueru shijoo ni nokoru tatakaidearu koto ni machigai wa nai.
Shikashi, kono dueru no shoobu wa sudeni kesshita.
凡骨 待てよ、海馬!
そんな事、まだ分からねぇだろ?
  Mate yo, kaiba! Son'na koto, mada wakarane~edaro?
本田 そうだぜ。
  Sooda ze.
杏子 勝負は、まだ終わってないわ!
  Shoobu wa, mada owattenai wa!
社長 ふぅん。
神1体も操れぬ貴様らに、何が分かる。
  Fu ~un. Kami 1-tai mo ayatsurenu kisama-ra ni, nani ga wakaru.
凡骨 な、何だと!?
  Na, nanidato! ?
社長 ならば聞こう凡骨。
貴様に場に出揃った3体の神を、打ち負かす方法が分かるか?
  Naraba kikou bonkotsu.
Kisama ni ba ni desorotta 3-tai no kami o, uchi makasu hoohoo ga wakaru ka? ~! ! (
凡骨 ッ!!(本田と)
そ、それは。
  Honda to) so, sore wa.
社長 分かるまい。
何故ならそんな方法はないからだ。
  Wakarumai.
Nazenara son'na hoohoo wanaikarada.
凡骨 いや、きっと何か打つ手はあるはずだぜ!
な、マリク!お前なら、ラーの弱点を知ってるだろ?
  Iya, kitto nanika utsute wa aru hazuda ze!Na, mariku!
Omaenara, raa no jakuten o shitterudaro?
マリク ラー1体ならまだしも、3体の神が揃った今となっては。
  Raa 1 karada nara madashimo, 3-tai no kami ga sorotta ima to natte wa.
イシズ これも運命の導きかもしれません。
3000年の間に、ファラオの剣は、納め所がないほどに大きくなっていった。
それを受け止める者がいない以上、戦いの儀は成立しません。
  Kore mo unmei no michibiki kamo shiremasen.
3000-Nen no ma ni, farao no ken wa, osame-sho ga nai hodo ni ookiku natte itta.
Sore o uketomeru mono ga inai ijoo, tatakai no gi wa seiritsu shimasen.
杏子 イシズさん。
本当に、これで勝負が。
アテムは、冥界に帰らない?
  Ishizu-san.
Hontooni, kore de shoobu ga.
Atemu wa, meikai ni kaeranai?
社長 行くぞ、モクバ。
  Ikuzo, mokuba.
モクバ ん、兄サマ。
  N, nii-sama.
凡骨 海馬!
  Kaiba!
社長 アテム。これで貴様の魂は冥界に帰らない事が決定した。
いずれ貴様とは、決着を付けよう。
果たして俺に、3体の神を倒す事が出来るか。
っ。
  Atemu. Kore de kisama no tamashii wa meikai ni kaeranai koto ga kettei shita.
Izure kisama to wa, ketchaku o tsukeyou.
Hatashite ore ni, 3-tai no kami o taosu koto ga dekiru ka.
~.
遊戯 待って、海馬君。
  Matte, kaiba-kun.
  海馬君、君には最後まで見ていてほしいんだ。
  Kaiba-kun, kimi ni wa saigomade mite ite hoshii nda.
凡骨 遊戯。
  Yuugi.
社長 ん。
遊戯、俺のロードに貴様の敗北を眺めている暇などない!
  N.
Yuugi, ore no roodo ni kisama no haiboku o nagamete iru hima nado nai!
遊戯 違うよ、そんなんじゃない。
海馬君の魂と、もう一人の僕の魂の間には、切っても切れない因縁がある。
君にはしっかり見ていてほしいんだ。
もう一人の僕が、冥界に帰るところを。
  Chigau yo, son'na n janai.
Kaiba-kun no tamashii to, moohitori no boku no tamashii no ma ni wa, kittemokirenai in'nen ga aru.
Kimi ni wa shikkari mite ite hoshii nda.
Moohitori no boku ga, meikai ni kaeru tokoro o.
社長 遊戯。貴様、まさか!
  Yuugi. Kisama, masaka!
遊戯 今、海馬君にはっきり言われて分かったんだ。
僕はこの3体の神を倒さなきゃならない。
僕はこのデュエルに必ず勝つ!
  Ima, kaiba-kun ni hakkiri iwa rete wakatta nda.
Boku wa kono 3-tai no kami o taosanakya naranai.
Boku wa kono dueru ni kanarazu katsu!
社長 何だと!?
  Nanidato! ?
凡骨 遊戯。
  Yuugi.
遊戯 僕はそのために今、この場に立っている。
  Boku wa sonotame ni ima, kono ba ni tatte iru.
王様 そう来なくっちゃな。相棒。
  Soo konakutcha na. Aiboo.
社長 馬鹿な。
遊戯、貴様は本気で言っているのか?
今この場で3体の神を倒すと!
  Bakana.
Yuugi, kisama wa honki de itte iru no ka?
Ima kono ba de 3-tai no kami o taosu to!
遊戯 うん。
  Un.
社長 っ。
フン。いいだろう遊戯。
貴様がそこまで言うのなら、貴様のデュエル、最後まで見届けてやる!
  ~. Fun. IIdarou yuugi.
Kisama ga soko made iu nonara, kisama no dueru, saigomade mitodokete yaru!
王様 さぁ相棒、お前のターンだぜ。
  Sa~a aiboo, omae no taanda ze.
遊戯 うん。僕のターン!
うっ。
  Un. Boku no taan! U~.
御伽 どうしたんだ?遊戯君。
  Dooshita nda?
本田 遊戯、がんばーっ!(マリクに遮られる)
え?おぉ。
  Yuugi-kun. Yuugi, ganba ̄ ~! (Mariku ni saegirareru)
e? O~o.
マリク (首を横に振る)
彼は今、精神を集中して自身と戦っている。
神の前に立つ威圧感と恐怖は、戦った者でなければ分からない。
  (Kubiwoyokonifuru)
kare wa ima, seishin o shuuchuu shite jishin to tatakatte iru.
Kami no mae ni tatsu iatsu-kan to kyoofu wa, tatakatta monodenakereba wakaranai.
凡骨 たしかに。
あの時の恐怖は、人には説明出来ねぇ。
っ。
  Tashikani.
Ano toki no kyoofu wa, hito ni wa setsumei dekine~e.
 ~.
遊戯 そうなんだ。僕は勝つために、ここに立っている。
3体の神が出て来る事なんて、最初から分かっていた。
けど、怖い。
本当は逃げ出したいくらいに。
僕は、いつか君に追いつけるように頑張ってきた。
そして、なんとなく僕は君に追いつけるような気がしていたけど。
うっ。
君の背中は、あまりにも遠い。
うっっ。
  Soona nda. Boku wa katsu tame ni, koko ni tatte iru.
3-Tai no kami ga dete kuru koto nante, saisho kara wakatte ita.
Kedo, kowai.
Hontooha nigedashitai kurai ni.
Boku wa, itsuka kimi ni oitsukeru yoo ni ganbatte kita.
Soshite, nantonaku boku wa kimi ni oitsukeru yoona ki ga shite itakedo.
U~.
Kimi no senaka wa, amarini mo tooi.
U~ ~.
王様 相棒。
いざという時、自分のデッキも信じられないようなデュエリストに、俺を倒す事は到底出来ないぜ。
  Aiboo.
Izatoiutoki, jibun no dekki mo shinji rarenai yoona duerisuto ni, ore o taosu koto wa tootei dekinai ze.
遊戯 っ。
  ~.
王様 お前が真のデュエリストなら、仲間として、俺と一緒にいたって、
無意識の中で常に考えていたはずだぜ。
この俺を倒す方法を!
  Omaega shin no duerisutonara, nakama to shite, ore to issho ni itatte,
muishiki no naka de tsuneni kangaete ita hazuda ze.
Kono ore o taosu hoohoo o!
遊戯 うっ!
  U~!
杏子 遊戯が、もう一人の遊戯を倒す事を?
  Yuugi ga, moohitori no yuugi o taosu koto o?
王様 それが、真のデュエリストの本能。
このデッキを組んだ時、俺たちは互いを本気で倒すという、強い気持ちがあったはずだ!
  Sore ga, shin no duerisuto no hon'noo.
Kono dekki o kunda toki, oretachi wa tagai o honki de taosu to iu, tsuyoi kimochi ga atta hazuda!
遊戯 そうだ。ずっと僕は考えていた。
君の事を。
勇気を奮い立たせ、数々の試練に立ち向かってきた君の事を。
  Sooda. Zutto boku wa kangaete ita.
kimi no koto o.
Yuuki o furuitata se, kazukazu no shiren ni tachimukatte kita kimi no koto o.
王様 俺もそうだぜ、相棒!
ずっとお前の事を考えていた。
他人を傷つけるより、自分が傷つく事を選ぶ優しさという強さを持ったデュエリストの事を。
ならば俺たちのデッキは互いに、
  Ore mo sooda ze, aiboo!
Zutto omae no koto o kangaete ita.
Tanin o kizutsukeru yori, jibun ga kizutsuku koto o erabu yasashi-sa to iu tsuyo-sa o motta duerisuto no koto o.
Naraba oretachi no dekki wa tagaini,
遊戯 君の勇気と。
  kimi no yuuki to.
王様 相棒の強さを持ったデッキのはず!
  Aiboo no tsuyo-sa o motta dekki no hazu!
遊戯 そうか!
これは心が離れていても、僕たちが一緒に作り上げたデッキ。
君を冥界に帰すという、強い気持ちで作り上げた、僕の最高のデッキだ。
  Soo ka!
Kore wa kokoro ga hanarete ite mo, bokutachi ga issho ni tsukuriageta dekki.
Kimi o meikai ni kisu to iu, tsuyoi kimochi de tsukuriageta, boku no saikoo no dekkida.
王様 あぁ!
  A~a!
遊戯 ありがとう、もう一人の僕。
僕はもう怖くはない。
このデッキには、君から学んだ事が詰まっている。
どんな時でも、決して戦う事を諦めない。
どんな時でも、自分のデッキとモンスター達を信じる、デュエリストの勇気と誇り。
行くよ、もう一人の僕!
  Arigatoo, moohitori no boku.
Boku wa moo kowaku wanai.
Kono dekki ni wa, kimi kara mananda koto ga tsumatte iru.
Don'na toki demo, kesshite tatakau koto o akiramenai.
Don'na toki demo, jibun no dekki to monsutaa-tachi o shinjiru, duerisuto no yuuki to hokori.
Yukuyo, moohitori no boku!
王様 来い、相棒!
  Koi, aiboo!
遊戯 僕のターン、ドロー。
  Boku no taan, doroo.
凡骨 遊戯。
  Yuugi.
双六 頑張るんじゃ、遊戯!
  Ganbaru n ja, yuugi!
遊戯 僕のターンを迎えた事で、サイレント・ソードマンのレベルがアップ。
サイレント・ソードマン、レベル4!
  Boku no taan o mukaeta koto de, sairento soodoman no reberu ga appu.
Sairento soodoman, reberu 4!
本田 サイレント・ソードマンは、攻撃力3000だぜ!
  Sairento soodoman wa, koogeki-ryoku 3000da ze!
獏良 これでオベリスクは倒せる!
  Kore de oberisuku wa taoseru!
遊戯 僕は、手札のマグネット・ウォーリアー・アルファ・ベータ・ガンマの3体を生贄に、
磁石の戦士マグネット・バルキリオンを攻撃表示で特殊召喚!
  Boku wa, tefuda no magunetto uooriaa arufa beeta ganma no santai o ikenie ni,
jishaku no senshi magunetto barukirion o koogeki hyooji de tokushu shookan!
王様 相棒の場に新たなモンスターが召喚された事で、オシリスの特殊能力を発動するぜ!
行け、オシリス!召雷弾!
  Aiboo no ba ni aratana monsutaa ga shookan sa reta koto de, oshirisu no tokushu nooryoku o hatsudoo suru ze!
Ike, oshirisu! Shooraidan!
遊戯 耐えて、マグネット・バルキリオン。
僕は、速攻魔法を手札から発動する。
ミラージュ・マジック!
  Taete, magunetto barukirion.
Boku wa, sokkoo mahoo o tefuda kara hatsudoo suru.
Miraaju majikku!
王様 ッ!?
  ~! ?
遊戯 ミラージュ・マジックは味方モンスターが攻撃を受けた時、発動出来るカード。
その効果を無効にし、攻撃力分のライフを回復する。
  Miraaju majikku wa mikata monsutaa ga koogeki o uketa toki, hatsudoo dekiru kaado.
Sono kooka o mukoo ni shi, koogeki-ryoku-bun no raifu o kaifuku suru.
王様 クッ。
  Ku~.
凡骨 よし!
  Yoshi!
本田 いいぞ、遊戯!
  II zo, yuugi!
モクバ 遊戯が召雷弾を防いだ!?
   Yuugi ga shooraidan o fuseida! ?
社長 オシリスの特殊能力を利用し、自分のライフを回復するとは。
だが神の前では、その程度のライフはないも同然。
  Oshirisu no tokushu nooryoku o riyoo shi, jibun no raifu o kaifuku suru to wa.
Daga kami no maede wa, sono teido no raifu wanai mo doozen.
遊戯 僕は、場に2枚の伏せカードをセット。
ターンエンドだ。
  Boku wa,ba ni 2-mai no fuse kaado o setto.
Taan'endoda.

獏良 あれ、遊戯君は攻撃しないの?
  Are, yuugi kimi wa koogeki shinai no?
凡骨 したくても、出来ねぇんだよ。
  Shitakute mo, dekine~e nda yo.
マリク 迂闊な神への攻撃は、自滅を招くだけさ。
  Ukatsuna kami e no koogeki wa, jimetsu o maneku dake sa.
凡骨 そんな事より気になるのは、遊戯の場のモンスターは、すべて攻撃表示のままだぜ。
  Son'na koto yori ki ni naru no wa, yuugi no ba no monsutaa wa, subete koogeki hyooji no mamada ze.
杏子 えぇ?
  E ~e?
凡骨 あれじゃ、3体の神の攻撃は受けきれねぇ。
  Are ja, 3-tai no kami no koogeki wa uke kire nee.
社長 見せてみろ遊戯!
貴様の秘策を!!
  Misete miro yuugi!
Kisama no hisaku o! !
王様 相棒、誘っているのか?
確かに通常の相手なら、サイレント・ソードマンレベル4、そしてマグネット・バルキリオンは超強力モンスター。
だが所詮は3体の神の敵じゃない。
俺のターン、ドロー。
この瞬間、俺の手札は4枚。
よって、オシリスの攻撃力が4000にアップ。
行くぜ相棒。
オシリスの天空竜、サイレント・ソードマンに攻撃!
  Aiboo, sasotte iru no ka?
Tashikani tsuujoo no aitenara, sairento soodomanreberu 4, soshite magunetto barukirion wa chookyooryoku monsutaa.
Daga shosen wa 3-tai no kami no teki janai.
Ore no taan, doroo.
Kono shunkan, ore no tefuda wa 4-mai.
Yotte, oshirisu no koogeki-ryoku ga 4000 ni appu.
Ikuze aiboo.
Oshirisunotenkuuryuu, sairento soodoman ni koogeki!
遊戯 トラップカード発動!
  Torappukaado hatsudoo!
王様 相棒、神にトラップは通用しない!
行け、オシリス!
  Aiboo, kami ni torappu wa tsuuyoo shinai!
Ike, oshirisu!
社長 神の、鉄槌が下される。
  Kami no, tettsui ga kudasareru.
王様 サンダー・フォース!
  Sandaa foosu!
モクバ あぁっ!
   
遊戯 う、うぅ!
ッ!
   
モクバ なんて衝撃なんだ。
  Nante shoogekina nda.
社長 まだだ。まだ神の攻撃は続く!
  Madada. Mada kami no koogeki wa tsudzuku!
王様 ラーの翼神竜、マグネット・バルキリオンに攻撃!
  Raa no yokushinryuu, magunetto barukirion ni koogeki!
遊戯 マグネット・バルキリオン!
うぅっ。
  Magunetto barukirion! U~u ~.
マリク これで遊戯の場に、モンスターはいなくなった。
  Kore de yuugi no ba ni, monsutaa wa inaku natta.
御伽 でも、まだオベリスクの攻撃が残っている。
   Demo, mada oberisuku no koogeki ga nokotte iru.
凡骨 この一撃をくらったら、遊戯は!
  Kono ichigeki o kurattara, yuugi wa!
杏子 遊戯。
  Yuugi.
モクバ 兄サマ?
  nii-sama? ~
社長 っ。
所詮ここまでだ。
  . Shosen koko madeda.
王様 相棒、これが俺の最後の攻撃だ。
行くぜ、オベリスクの巨神兵の攻撃。
相棒にダイレクトアタック!
ゴットハンド・クラッシャー!
  Aiboo, kore ga ore no saigo no koogekida.
Ikuze, oberisukunokyoshinhei no koogeki.
Aiboo ni dairekutoatakku!
Gottohando kurasshaa!
杏子 遊戯!
  Yuugi!
王様 何!
何故、マグネット・バルキリオンとサイレント・ソードマンが。
まさか、さっきのトラップ!
  Nani!
Naze, magunetto barukirion to sairento soodoman ga.
Masaka, sakki no torappu!
遊戯 そう、僕はこのカードを発動したんだ。
  Soo, boku wa kono kaado o hatsudoo shita nda.
凡骨 ミラージュ・ルーラー?
  Miraaju ruuraa?
杏子 遊戯のライフが回復したわ。
  Yuugi no raifu ga kaifuku shita wa.
遊戯 ミラージュ・ルーラーは、相手バトルフェイズ中に自分のモンスターがすべて破壊された時に
効果が発動するカード。
このターンのバトルフェイズで、破壊された自分のモンスターとライフを、
バトルフェイズ前の状態に戻し、そのあとライフを1000払う。
  Miraaju ruuraa wa, aite batorufeizu-chuu ni jibun no monsutaa ga subete hakai sa reta toki ni
kooka ga hatsudoo suru kaado.
Kono taan no batorufeizu de, hakai sa reta jibun no monsutaa to raifu o,
batorufeizu mae no jootai ni modoshi, sono ato raifu o 1000 harau.
王様 やるな、相棒。
  Yaru na, aiboo.
社長 フン、なるほど。
今度はトラップを自分の場にかけたか。
オベリスクの攻撃力は、依然2500に減少したまま。
このままどちらかのモンスターに攻撃しても、返り討ちにあうだけ。
  Fun, naruhodo.
Kondo wa torappu o jibun no ba ni kaketa ka.
Oberisuku no koogeki-ryoku wa, izen 2500 ni genshoo shita mama.
Kono mama dochira ka no monsutaa ni koogeki shite mo, kaeriuchi ni au dake.
王様 俺はこれでターンを終了するぜ。
  Ore wa kore de taan o shuuryoo suru ze.
   
  あぁ!(一同)
   A~a!(Ichidoo)
本田 危ねぇとこだったぜ。
  abune ~etokodattaze.
凡骨 何とかしのいだぜ。じいさん。
  Nantoka shinoida ze. Jiisan.
双六 さすが遊戯じゃ。
うぅ、じゃが、心臓に悪いのう。
  Sasuga yuugija.
U~u, ja ga, shinzoo ni warui noo.
凡骨 まったくだ。
じいさんの体がもつか心配だぜ。
  Mattakuda.
Jiisan no karada ga motsu ka shinpaida ze.
双六 こんなデュエルは、もう生涯見る事は出来んじゃろう。
この結末を知らずして、あの世になど逝けるか。
たくましくなったのう、遊戯。
悔いを残さぬ戦いを、やり遂げるのじゃぞ。
  Kon'na dueru wa, moo shoogai miru koto wa dekinjarou.
Kono ketsumatsu o shirazu shite, anoyo ni nado ikeru ka.
Takumashiku natta noo, yuugi.
Kui o nokosanu tatakai o, yaritogeru noja zo.
杏子 はぁ、良かった。
あっ。
あたし、いつの間にか遊戯の応援してる。
  Ha~a, yokatta.
A~.
Atashi, itsunomanika yuugi no ooen shi teru.
モクバ 兄サマ。
遊戯が、なんとか3体の神の攻撃をかわしたぜ!
  nii-sama.
Yuugi ga, nantoka 3-tai no kami no koogeki o kawashita ze!
社長 だがそれもその場しのぎの延命処置にすぎん。
決定的な神の弱点を見つけない限り、遊戯に勝機はない。
  Daga sore mo sonobashinogi no enmei shochi ni sugin.
Ketteitekina kami no jakuten o mitsukenai kagiri, yuugi ni shooki wanai.
モクバ ん、神の弱点?
  N, kami no jakuten?
社長 確かに神にも弱点はある。
いや、あった。
神の唯一の弱点。
それは場に召喚させるためには、3体の生贄が必要な超重量モンスターであるという点のみ。
だが、アテムはその弱点さえも軽々とクリアーし、この壮絶な光景を作り上げた。
  Tashiknii-shin ni mo jakuten wa aru.
Iya, atta.
Kami no yuiitsu no jakuten.
Sore wa ba ni shookan sa seru tame ni wa, 3-tai no ikenie ga hitsuyoona choo juuryoo monsutaadearu to iu ten nomi.
Daga, atemu wa sono jakuten sae mo karugaruto kuriaa shi, kono soozetsuna kookei o tsukuriageta.
モクバ それじゃ、やっぱり。
  Sore ja, yappari.
社長 神に弱点など存在しない。
どうする遊戯。
俺にも見つけられぬ神の弱点。
神を倒すというのなら、それを見つけてみろ!
俺の想像を超えたデュエルをしてみろ、遊戯!
  Kami ni jakuten nado sonzaishinai.
Doo suru yuugi.
Orenimo mitsukerarenu kami no jakuten.
Kami o taosu to iu nonara, sore o mitsukete miro!
Ore no soozoo o koeta dueru o shite miro, yuugi!
イシズ 次のターン、遊戯はファラオに、勝負を仕掛ける。
  Tsugi no taan, yuugi wa farao ni, shoobu o shikakeru.
マリク えぇ?姉さん、まさか。
  E ~e? Neesan, masaka.
イシズ 未来が見えたわけではありません。
そんな感じがしたのです。
  Mirai ga mieta wakede wa arimasen.
Son'na kanji ga shita nodesu.
マリク 姉さんは、遊戯が神を倒せると思ってるの?
  Neesan wa, yuugi ga kami o taoseru to omotteru no?
イシズ 分かりません。
けれど、今の遊戯を見ていると、ふと思い当たるのです。
蘇った名も無きファラオの魂。
その強さは、もちろん私たちの想像を超えた存在だった。
しかし、その強靭な魂を受け止める器も、それに匹敵しないはずがない。
たとえ最初は小さな器でも、ファラオの魂と共に歩むことで、
それは今や、途方もなく大きな器に育っているのかもしれないと。
  Wakarimasen.
Keredo, ima no yuugi o mite iru to, futo omoiataru nodesu.
Yomigaetta na mo naki farao no tamashii.
Sono tsuyo-sa wa, mochiron watashitachi no soozoo o koeta sonzaidatta.
Shikashi, sono kyoojin'na tamashii o uketomeru utsuwa mo, soreni hitteki shinai hazu ga nai.
Tatoe saisho wa chiisana utsuwa demo, farao no tamashii to tomoni ayumu koto de,
sore wa imaya, tohoo mo naku ookina utsuwa ni sodatte iru no kamo shirenai to.
マリク 遊戯が?
  Yuugi ga?
イシズ そう。
人間は、試練を乗り越える事で持っている器をいくらでも大きく出来る。
人はそれを、時に可能性と呼び、時に奇跡と呼んできた。
  Soo.
Ningen wa, shiren o norikoeru koto de motte iru utsuwa o ikurademo ookiku dekiru.
Hito wa sore o, toki ni kanoosei to yobi, toki ni kiseki to yonde kita.
マリク 奇跡?
遊戯が、奇跡を起こす?
  Kiseki?
Yuugi ga, kiseki o okosu?
遊戯 なんとか神の攻撃をかわす事は出来た。
でも次に、もう一人の僕のターンにまわり、神の攻撃を受けたら、僕に勝ち目はない。
  Nantoka kami no koogeki o kawasu koto wa dekita.
Demo tsugini, moohitori no boku no taan ni mawari, kami no koogeki o uketara, boku ni kachime wanai.
遊戯 あれはターンジャンプ前から伏せられているカード。
けどもう一人の僕は、一度も発動する気配を見せてはいない。
考えられる可能性はただひとつ。
僕がターンジャンプ以降、一度も攻撃を仕掛けていないからだ。
僕の読みが間違っていなければ、あのカードは、聖なるバリア―ミラーフォース。
万にひとつの可能性かもしれないけど、僕のデッキには、神を倒すコンボがひとつだけある。
僕の手札はゼロ。
次のドローに、すべてがかかっている。
僕の運命。
いや、僕ともう一人の僕の運命が。
  Are wa taanjanpu mae kara fuserarete iru kaado.
Kedo moohitori no boku wa, ichido mo hatsudoo suru kehai o misete wa inai.
Kangae rareru kanoosei wa tada hitotsu.
Boku ga taanjanpu ikoo, ichido mo koogeki o shikakete inaikarada.
Boku no yomi ga machigatte inakereba, ano kaado wa, seinaru baria ― miraafoosu.
Man ni hitotsu no kanoosei kamo shirenaikedo, boku no dekki ni wa, kami o taosu konbo ga hitotsu dake aru.
Boku no tefuda wa zero.
Tsugi no doroo ni, subete ga kakatte iru.
Boku no unmei.
Iya, boku to moohitori no boku no unmei ga.
遊戯 僕のターン、ドロー!
行くよ、もう一人の僕!
  Boku no taan, doroo!
Yukuyo, moohitori no boku!
王様 来い、相棒!
  Koi, aiboo!
凡骨 攻撃を仕掛けるつもりなのか?遊戯!
  Koogeki o shikakeru tsumorina no ka? Yuugi!
遊戯 僕のターンを迎えた事で、サイレント・ソードマンはレベル5にレベルアップ。
そして、マグネット・バルキリオンの特殊効果発動。
墓地にマグネット・ウォーリアー・アルファ・ベータ・ガンマがいる時に、
場にマグネット・バルキリオンを生贄に捧げる事で、その3体を場に特殊召喚する事が出来る。
  Boku no taan o mukaeta koto de, sairento soodoman wa reberu 5 ni reberuappu.
Soshite, magunetto barukirion no tokushu kooka hatsudoo.
Bochi ni magunetto uooriaa arufa beeta ganma ga iru toki ni,
ba ni magunetto barukirion o ikenie ni sasageru koto de, sono santai o ba ni tokushu shookan suru koto ga dekiru.
社長 血迷ったか、遊戯。
強力モンスターを分解し、弱小モンスターを新たに召喚するなど、神の前では自殺行為!
  Chimayotta ka, yuugi.
Kyooryoku monsutaa o bunkai shi, jakushoo monsutaa o arata ni shookan suru nado, kami no maede wa jisatsu kooi!
王様 相棒の場に新たにモンスターが召喚された事で、オシリスの特殊効果発動!
  Aiboo no ba ni arata ni monsutaa ga shookan sa reta koto de, oshirisu no tokushu kooka hatsudoo!
凡骨 何やってんだよ遊戯。
攻撃力2000以下のモンスターは、全部破壊されちまうぜ。
  Nani yattenda yo yuugi.
Koogeki-ryoku 2000 ika no monsutaa wa, zenbu hakai sare chimau ze.
王様 行け、オシリス!
召雷弾!
  Ike, oshirisu!
Shooraidan!
遊戯 この時を待っていた!
トラップカード、マグネット・フォース!
  Kono toki o matteita!
Torappukaado, magunetto foosu!
王様 何!
  Nani!
遊戯 マグネット・フォースは、
岩石族、及び機械族モンスターが相手のカードの効果を受けた時、発動出来るカード。
そのターンに受けた効果を、相手モンスターへと移す事が出来る。
  Magunetto foosu wa,
ganseki-zoku, oyobi kikai-zoku monsutaa ga aite no kaado no kooka o uketa toki, hatsudoo dekiru kaado.
Sono taan ni uketa kooka o, aite monsutaa e to utsusu koto ga dekiru.
モクバ

あぁ。

  A~a.
社長 今度は自分のモンスターにかけるトラップだと?
  Kondo wa jibun no monsutaa ni kakeru torappudato? 
凡骨 召雷弾が、神に!
  Shooraidan ga, kami ni!
双六 神の攻撃力が下がったぞ!
  Kami no koogeki-ryoku ga sagatta zo!
凡骨 これならどの神も、遊戯のモンスターで倒す事が可能だぜ!
サイレント・ソードマンレベル5、オベリスクの巨神兵に攻撃!
っ。
  Korenara dono kami mo, yuugi no monsutaa de taosu koto ga kanooda ze!
Sairento soodomanreberu 5, oberisukunokyoshinhei ni koogeki! ~.
   
王様 甘いぜ相棒!
トラップカード発動、聖なるバリア―ミラーフォース!
  Amai ze aiboo!
Torappukaado hatsudoo, seinaru baria ― miraafoosu!
遊戯 うぅ!
  U~u!
凡骨 あぁ!遊戯の場のモンスターが。
  A~a! Yuugi no ba no monsutaa ga.
本田 全滅しちまった。
  Zenmetsu shi chimatta.
双六 遊戯!
  Yuugi!
マリク さすがの姉さんの勘も外れたね。
  Sasuga no neesan no kan mo hazureta ne.
イシズ あっ。
  A~.
社長 何!?

やはりアテムのゲームタクティクスの方が一枚上手。
遊戯め、無駄な時間を取らせてくれたな。
  Nani! ?
Yahari atemu no geemutakutikusu no kata ga ichimaiuwate.
Yuugi-me, mudana jikan o torasete kureta na.
王様 残念だったな、相棒。
俺の伏せカードを見破れなかったのは。
  Zan'nendatta na, aiboo.
Ore no fuse kaado o miyaburenakatta no wa.
遊戯 うぅん。君の伏せカードは読んでいた。

君のミラーフォースが発動した事で、僕の神を倒すコンボは完成した!
この瞬間、僕の前から3体の神は取り除かれる!
  U~un.-Kun no fuse kaado wa yonde ita.
Kimi no miraafoosu ga hatsudoo shita koto de, boku no kami o taosu konbo wa kansei shita!
Kono shunkan, boku no mae kara 3-tai no kami wa torinozokareru!
社長 あぁっ!(一同)
  A~a ~!(Ichidoo)
王様 何!
  nani!
   
   
  【次回予告】
  [Jikai yokoku]
杏子 遊戯の前に立ちふさがる、3体の神。
どう見たって、遊戯は絶体絶命なはずなのに、3体の神を倒すコンボは完成したって、
一体どういう事なの?
だけど、遊戯はアテムと2人で歩んできた事で、本当に強くたくましくなっていたんだわ。
さぁ、あたしたちに見せて、遊戯。
奇跡を、3体の神を倒すところを!
次回、「強き心 優しき心」。デュエルスタンバイ!
  yuugi no mae ni tachifusagaru, 3-tai no kami.
Doo mi tatte, yuugi wa zettaizetsumeina hazunanoni, 3-tai no kami o taosu konbo wa kansei shitatte,
ittai doo iu kotona no?
Dakedo, yuugi wa atemu to futari de ayunde kita koto de, hontooni tsuyoku takumashiku natte ita nda wa.
Sa~a, atashi-tachi ni misete, yuugi.
Kiseki o, 3-tai no kami o taosu tokoro o!
Jikai,`tsuyoki kokoro yasashiki kokoro'. Duerusutanbai!

522 Japanese 2008-2018