| | III/504

Languages Study | Languages of the East | Japanese IV

AUDIO 504

μ's - Yume no Tobira

(Love Live! S2 IN)


Yu-Gi-Oh!

204
死闘!マハードVSバクラ
Shitoo! Mahaado vs. Bakura
Mortal combat! Mohammed vs. Bakura
!


lyrics / transcription translation
μ's - Yume no Tobira  
ユメノトビラ ずっと探し続けた
君と僕とのつながりを探してた
The door to our dreams, I've always been searching for it
I've been searching for a connection between you and me
Yume no tobira zutto sagashi tsudzuketa
Kimi to boku to no tsunagari o sagashiteta
 
Yes! 自分を信じてみんなを信じて
明日が待ってるんだよ 行かなくちゃ
Yes! Believe in yourself, believe in everyone
Tomorrow is waiting, so we have to go
Yes! jibun o shinjite minna o shinjite
Ashita ga matterun dayo ikanakucha
 
Yes! 予感の星たち胸に降ってきた
輝け迷いながら立ち上がるよ
Yes! Stars of premonition are falling upon our chests
Shine... When you're lost, just stand up
Yes! yokan no hoshitachi mune ni futte kita
Kagayake mayoinagara tachiagaru yo
 
疲れた時に僕を励ます 君の笑顔は最高
そして少しずつ進むんだね
ときめきへの鍵はここにあるさ
When I was tired, you encouraged me; your smile is the best
And so, I'm advancing little by little
The key to excitement is right here
Tsukareta toki ni boku o hagemasu kimi no egao wa saikou
Soshite sukoshi zutsu susumun da ne
Tokimeki e no kagi wa koko ni aru sa
 
ユメノトビラ 誰もが探してるよ
出会いの意味を見つけたいと願ってる
ユメノトビラ ずっと探し続けて
君と僕とで旅立ったあの季節
The door to our dreams, everyone is searching for it
Wishing to find the meaning of our encounters
The door to our dreams, I'll always continue to search for it
It's the season for you and I to set off on a journey
Yume no tobira daremo ga sagashiteru yo
Deai no imi o mitsuketai to negatteru
Yume no tobira zutto sagashi tsudzukete
Kimi to boku to de tabidatta ano kisetsu
 
   
Chance! 自分の想いがみんなの想いが
重なり大きくなり 広がるよ
Chance! My own feelings are, everyone's feelings are,
Overlapping and growing, unfolding together
Chance! jibun no omoi ga minna no omoi ga
Kasanari ookiku nari hirogaru yo
 
Chance! 期待の波へと身を任せてみよう
素敵さどこまででも続くPower
Chance! Let's leave it all to the wave of hope
It's wonderful... The Power to continue to wherever
Chance! kitai no nami e to mi o makasete miyou
Suteki sa doko made demo tsudzuku Power
 
瞳はレンズ僕の心へ 君の笑顔残そう
やがて思い出へ変わるのかい?
そんなことは今は考えないで
My eyes are lenses to my heart, leave your smile upon it
Soon, will this become only memories?
Such a thing, don't think about it right now
Hitomi wa Renzu boku no kokoro e kimi no egao nokosou
Yagate omoide e kawaru no kai?
Sonna koto wa ima wa kangaenaide
 
キボウノユクエ 誰にも解らないね
確かめようと見つけようと走ってく
キボウノユクエ きっと追い続けたら
君と僕にもトビラが現れるよ

The whereabouts of hope, no one knows where it is
I'm running to find and determine it
The whereabouts of hope, if you'll always continue following it
A door will open up within you and me

Kibou no yukue dare ni mo wakaranai ne
Tashikameyou to mitsukeyou to hashitteku
Kibou no yukue kitto oitsudzuketara
Kimi to boku ni mo tobira ga arawareru yo
 
   
ユメノトビラ 誰もが探してるよ
出会いの意味を見つけたいと願ってる
ユメノトビラ ずっと探し続けて
君と僕とで旅立ったあの季節
青春のプロローグ
The door to our dreams, everyone is searching for it
Wishing to find the meaning of our encounters
The door to our dreams, I'll always continue to search for it
It's the season you and I set off on a journey
It's the prologue of our youth
Yume no tobira daremo ga sagashiteru yo
Deai no imi o mitsuketai to negatteru
Yume no tobira zutto sagashi tsudzukete
Kimi to boku to de tabidatta ano kisetsu
Seishun no Puroroogu
 

       
王様  【前回のあらすじ】
オレの失われた記憶の世界、三千年前のエジプト。
そこでオレとバクラの戦いが始まった。
略奪と殺戮、死者をも踏みつけにするその振る舞い。バクラ、オレは貴様を許さないぜ!
だが逃げたバクラの行方は未だにわからぬ。
そんな中、マハードは王墓の警備に向かったのだが・・・。
!なんだ、この胸騒ぎは
あれは、マハードのウェジュの神殿・・・風も無いのに篝火(かがりび)が


入れてやってくれ

どうしたマナ。なぜマハードのウェジュの神殿へ?

マハードの苦しむ姿

まさか・・・マハードがカーを召喚している

マハード・・・!
------------
マハード、無理をするな・・・

あれは・・・まさか、あそこにマハードが。王家の谷じゃないのか

掴まっていろ、マナ!はぁ!


はぁ!
はぁああああ!
マハードは?

何!?

マナ、王宮へ知らせろ!

あいつら不死身か・・・マナ降りろ!

来い、相手になってやるぜ。はぁ!


うおおおおお!! はっ! ぐっ!
【回想】
マハード
動くな

オレとお前のいったい何に違いがある
マハードー!!


マハード!

マナ

マナ!

マハード・・・そんな・・・

マハード・・・
遊戯 ---------
城之内くん・・・

(心臓の鼓動の音)

どうしてだろう。この扉に近づくと、胸が苦しくなる

獏良くん

うん

もう一人のボクの・・・本当の敵


何・・・この感じ・・・

心の迷宮が、震えている


もう一人のボクの心が、震えているの

そうか、ボクたちが扉を叩いても駄目なんだ。
扉をノックしているのは、もう一人のボクの方なんだ!
それをボクたちで、耳を澄まして聞いてあげなきゃいけなかったんだ

みんな

もう一人の、ボク

うん!(城之内・本田と)

会いたい。ボクは、君に会いたい
       
       
       
社長
セト
------
セト
マハードの奴め、あれほど言っておいたものを


!マハード


ファラオー! これは・・・
   
       
凡骨 ----------
くっそー!

見ろ、これを。
一度通った道がわかるようにマジックで印をつけておいたんだよ

ここはさっきも通った道。
ってことはよ、オレたち、同じ道をただぐるぐるとまわってるってことになるんだぜ

遊戯!聞こえねえのかよ(扉を叩く)これだけオレたちが呼んでも!

遊戯!教えてくれ、どれが本当の扉なんだー!?

うるせぇ杏子。
じゃあおめえは、オレたちがここから出られなくって遊戯がどうなってもいいって言うのかよ

ん?

遊戯?

なんだこいつ!?

いってぇ・・・

部屋ごとなくなってるぜ


どうしたんだよ?遊戯


そういうことか。だったら、もう一人の遊戯の声ってやつを、
耳の穴かっぽじって、オレたちで聞いてやろうじゃねえか

今見えたよな

おう!(遊戯・本田と)
   
       
杏子 ---------

ある意味ひとの心に落書きを

ちょっと、やめなさいよ城之内

誰もそんなこと言ってないでしょ

遊戯?

きゃっ

ええ

あの怪物は


うん!(本田と)

もう一息よ
【次回予告】
マハードの命を掛けた禁断の奥義によって、バクラは奈落の底へと姿を消した。
でも、本当にこれでバクラとの戦いに決着はついたのかしら。
一方、ついに真実の扉を探し当てた私たちは、遊戯の失われた記憶の世界へとやってきたの。
だけど、ここの人達、誰も私たちに気付いていない?
次回、「青い瞳のキサラ」。お楽しみに!

   
       
本田 -------------
どうした、城之内

マーキングか、さすが城之内

ああ

どうしたんだよ、遊戯

居るのか

大丈夫かみんな


おう!(杏子と)

ああ

おう!(遊戯・城之内と)
   
       
バクラ 盗賊王
ほお、そいつは嬉しいね。そんなにオレ様にその千年リングを渡したかったのか

ははははは!魔術師風情がいっぱしの口きくじゃねえか

こいつ・・・

そいつはどうかな。出でよ、ディアバウンド

オレ様の憎しみが増すたびに、ディアバウンドも進化するぜぇ

ほお、貴様のカーも以前より数段パワーを増したようだが、
所詮オレ様のディアバウンドの敵じゃねえぜ

ディアハ!(マハードと)
いくぜ!ディアバウンドの攻撃、毒牙連撃波!
!?一瞬にして背後に

ぐっ・・・
ちっ、こいつ、並の魔術師じゃねえな


ぬかせ!ウォーミングアップにはちょうどいい。ディアバウンドの体もようやくあったまってきたぜ

くっ、ディアバウンド!迎え撃て!

ちっ、新たなカーが隠れてやがった

ディアバウンド!

そうそう同じ技が通用するかよ

ククククク・・・ディアバウンド!幻想の魔術師をやっちまいな

ふっ、そういや言ってなかったな。
ディアバウンドの特殊能力は、倒したカーの特殊能力を盗み出すことよ

どうだい?盗賊に相応しい特殊能力だとは思わねえか?ハハハハハハ


遅い。螺旋波動!
------------
(心の部屋)
クククククク・・・フハハハハハ・・・ハハハハハハ!
うっ うぐっ ぐあぁぁっ

盗賊王
魔術師野郎!所詮はその程度か。
貴様如きが敵う相手じゃねえんだよ、オレ様は。そういうレベルじゃねーんだ。
さてと、そろそろとどめを刺してやろうかな
うあっ!ああっ て、てめぇ・・・!

っ、せこい真似しやがって

なに・・・!?うわっ・・・

危ねえ危ねえ、やりやがったなてめえ
はっ!フハハハハハハ!
皮肉だな、てめえで仕掛けた罠でくたばっちまいな
はははは!狙いはこっちよ。
ディアバウンド、魔術師のカーごとまとめて粉砕しろ!螺旋波動!


ふん


決着はついたようだなぁマハード。その千年リングはオレ様がいただくぜ


こいつ、まだやる気か

禁断の奥義?

なんだと


ふん、最後は自滅かよ
ん? 馬鹿な・・・どうしてまだ奴のカーが
なに・・・!?本当にカーとバーを、融合させやがったのか・・・!?

しゃらくせえ!ディアバウンド、あの死に損ないにとどめを刺せ! 螺旋波動!

なにっ ぐぉおおおおお!
 
   
       
イシズ アイシス
マハード
----------
アイシス
マハード・・・

っ!マハード!!
   
       
シャーディー -----------

 あれこそが、ファラオの戦う本当の敵


そう、この迷宮は、彼の心そのもの。
彼の心は孤独に彩られている。
その孤独に、その叫びに、耳を貸してやれるのは、君たちをおいていない

   
       
その他 マハード
貴様を待っていた。バクラ!

貴様に千年リングは渡さぬ。そして、もはや貴様がここから生きて出ることは不可能!

もう一度言おう、不可能だッ
この戦いに、私の持てる全ての魔力、ヘカを解放する

我ら魔術師が代々術を磨いたこの修練場・・・バクラ、ここが貴様の墓場となる!

奴のカー、ディアバウンドが姿を変えている

ならば、私も解放したヘカを存分に使い、幻想の魔術師を召喚!

ならば試してみよ、バクラ
ディアハ!(バクラと)

幻想の魔術師の攻撃、魔導波!
さらに、我がヘカを幻想の魔術師に与え
追撃の魔連弾

バクラ、私の持つ全てのヘカを使い果たしても、貴様を倒す。ファラオのため


はぁ、はぁ・・・だいぶ貴様のバーも減ってきたんじゃないのか

ならばもっと温めてやろうか。貴様の身も心も燃やし尽くすほど!
幻想の魔術師!

伏兵のカー、シャドウグール!

これがシャドウグールの特殊能力、壁抜け。いけ!幻想の魔術師、魔導波ぁ!
シャドウグール!連続攻撃

引き裂け、シャドウグール・・・! なにっ

シャドウグール
くっ・・・幻想の魔術師、魔導波ぁっ
やったのか・・・いや、ディアバウンドが消えた?

っ、貴様・・・どうしてシャドウグールの壁抜けを

なにっ・・・


幻想の魔術師

ぐぁああああっ


マナ
お願いだから中に入れてよ!

ああっ、なにすんのよ!

王子

あぁ


さっき、私夢にお師匠サマの苦しむ姿が見えたの。
気のせいだと思おうとしても、気になって眠れなくて。
ここにくればお師匠サマの意思が、少しは感じられるんじゃないかって思って

石版が

王子

あ・・・お師匠サマ・・・!


リーダー
よし、入り口は塞いだ

石版を立てろ!

マハード様は決死の覚悟でおられる。
我らはマハード様が心置き無く戦えるよう、邪魔立てする者を斬り捨てようぞ!

兵士
これで盗賊は出られまい

カーが石版に現れたら、ここは永遠に封印しろとのご命令だ

兵士達
命に掛けて!

はぁあああ!


見張り
駄目だ駄目だ、マハード様が戻られるまでは、何人たりとも入れてはならんとのきついお達しだ

ファラオ!
はは。ファラオの仰せのままに
----------------
マハード
その罠は現実の罠。最初からそこにあった物。我が魔術により、貴様の目を欺いていたのだ

バクラ、貴様を倒すためなら手段など選ぶものか!

ぐぁああああああ!!!
ファラオ・・・!


ぐぁあああああ!


はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・
くっ・・・

ファラオよ、あなたが目指す新しき世界、私も見たかった。
だが、その礎となるのなら、私は喜んでこの身を捧げましょう


くっ・・・ううっ・・・

まだだ、私のヘカはほんの僅かばかりだが残っている。貴様に見せてやろう、禁断の奥義を

我が命を生け贄とし、カーとバーを融合させる!

ファラオ・・・

(回想)
お気になさらずに
王子!お止めください、ファラオとなられるお方が、そんな
(回想終わり)
ファラオよ・・・我が魂、あなたの永遠のしもべなり!

バクラ、世の人々の安息と、ファラオの掲げる新しき理想の世界のために。滅せよ!

魔導波!


ファラオよ。我が魂は、永遠のしもべなり


マナ
お師匠サマ

王子!あそこ!

あそこは、魔術師の修練場


お師匠サマ!

は、はい! (指笛)

は、はい


お師匠サマ!お師匠サマ!

あっ

お師匠サマっ!


あ・・・あ・・・お師匠サマ・・・あううう(泣く)


アクナディン
マハードが・・・ウェジュに・・・


リーダー
修練場の中に、バクラと!
   
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

504

Japanese 2008-2016