| | III/501

Languages Study | Languages of the East | Japanese IV

AUDIO 501

AKINO from bless4 - 海色(みいろ)
AKINO from bless4 - Miiro

(Kantai Collection OP)


Yu-Gi-Oh!

201
開かれた記憶の扉
Hirakareta kioku no tobira
Opened memories door



lyrics / transcription translation
AKINO from bless4 - 海色(みいろ)  
朝の光 眩しくて
Weigh Anchor!
The morning light is so bright…
Weigh Anchor!
asa no hikari mabushikute
Weigh Anchor!
 
言葉もなくて
ただ波の音聞いてた
記憶の意味試されているみたいに
At a loss for words,
I was just listening to the sound of the waves,
Feeling like the significance of my memories was being tested.
kotoba mo nakute
tada nami no oto kiiteta
kioku no imi tamesarete iru mitai ni
 
闇の中でも思い出す
前に進むの
見ていてよ
But even amongst the darkness, I remember;
I’m moving onward,
So watch me go!
yami no naka demo omoidasu
mae ni susumu no
miteite yo
 
So repeatedly, we won’t regret to them
そんな風にも考えてたの
So repeatedly, we thought we wouldn’t regret;
That’s just how we would sometimes deal with things…
So repeatedly, we won’t regret to them
sonna fuu ni mo kangaeteta no
 
憧れ 抜錨 未来
絶望 喪失 別離
幾つもの悲しみと海を超え
There’s “Aspiration”, “Departures”, “The Future”…
“Despair”, “Loss”, and “Separation”…
As I cross over so many oceans and sorrows.
akogare batsubyou mirai
zetsubou soushitsu betsuri
ikutsumono kanashimi to umi o koe
 
たとえ—— Even if—
tatoe——  
世界のすべてが海色(みいろ)に溶けても きっと
あなたの声がする
大丈夫 還ろうって
でも
—the entirety of the world melts into an ocean blue,
I’m sure I’d still hear your voice…
Saying, “It’s alright, come back home!”,
Nonetheless…
sekai no subete ga miiro ni toketemo kitto
anata no koe ga suru
daijoubu kaerou -tte
demo
 
世界が全て反転しているのなら
それでもあなたと
真っ直ぐに前を見てて
今 願い込めた 一撃 爆ぜた
Even if the world is flipped upside down,
I’ll just keep looking forward,
With you by my side;
I just let loose a strike full of desire!
sekai ga subete hanten shite iru no nara
soredemo anata to
massugu ni mae o mitete
ima negai kometa ichigeki hazeta
 
She was splendid like our flagship
But it’s all in the past
She never gave up hope even till the end
Only the sea knows だから
She was splendid like our flagship
But it’s all in the past
She never gave up hope even till the end
Only the sea knows… so,
She was splendid like our flagship
But it’s all in the past
She never gave up hope even till the end
Only the sea knows dakara
 
塗り潰されても忘れない
こじ開けるの
見ていてよ
Even if the memory’s overwritten, I won’t forget;
I’m gonna pry it right open,
So watch me go!
nuritsubusarete mo wasurenai
kojiakeru no
mite ite yo
 
So foolish, don’t repeat the tragedy
そんな言葉にすがりはしない
“So foolish, don’t repeat the tragedy!”
But I won’t bend to such phrases.
So foolish, don’t repeat the tragedy
sonna kotoba ni sugari wa shinai
 
煌き 青空 希望
敗北 水底 眠り
幾つもの涙の海を超え
There’s “Brilliance”, “The Blue Sky”, “Hope”…
“Defeat”, “The Bottom of the Sea”, and “Sleep”…
As I go beyond this ocean of tears.
kirameki aozora kibou
haiboku minazoko nemuri
ikutsumono namida no umi o koe
 
たとえ—— Even if—
tatoe——  
私のすべてが過去に消えても ずっと
きっと共にあるって
いつの日か変われるって
でも
—my entirety is to disappear into the past, I’m sure,
We’ll always be together…
“I’m sure we’ll be able to change some day”,
Nonetheless…
watashi no subete ga kako ni kietemo zutto
kitto tomo ni aru -tte
itsu no hi ka kawareru -tte
demo
 
私が全て幻だとしたら そう
それでもあなたと
奇跡のよう この時代に
今 祈り込めた 一撃 響け
Even if I were nothing more than an illusion,
I’m here in this time with you,
Like a miracle;
Let a strike filled with our prayers ring out!

watashi ga subete maboroshi da to shitara sou
soredemo anata to
kiseki no you kono jidai (toki) ni
ima inori kometa ichigeki hibike

 
世界のすべてが海色に消えても
あなたを忘れない
Even if the entirety of the world vanishes into an ocean blue,
I won’t forget you…
sekai no subete ga miiro ni kietemo
anata o wasurenai
 
世界のすべてが海色に溶けても
私が探し出す
Even if the entirety of the world melts into an ocean blue,
I’ll search you out…
sekai no subete ga miiro ni toketemo
watashi wa sagashidasu
 
   
大丈夫 還ろうって でも
大丈夫 変われるって 今
進むのよ やれるって まだ
全部嘘 これで終わり 違う!
You say, “It’s alright, come back home!”, but…
“I’m sure we’ll be able to change some day”, but the time is now!
I’m moving onward – I can still do it!
It’s all a farce and this is the end – no, it’s not!
daijoubu kaerou -tte demo
daijoubu kawareru -tte ima
susumu no yo yareru -tte mada
zenbu uso kore de owari chigau!
 
今—— Even if right now—
ima——  
私のすべてが海色に溶けても
深みへ落ちていく
そして
—my entirety is to melt into an ocean blue,
I’ll simply fall to the depths,
And then,
watashi no subete ga miiro ni toketemo
fukami e ochiteyuku
soshite
 
記憶の全てが海色になって
光に消えていく
All of my memories will become ocean blue,
Disappearing into the light…
kioku no subete ga miiro ni natte
hikari ni kiete yuku
 
たとえ—— Even if—
tatoe——  
世界のすべてが海色に溶けても きっと
あなたの声がする
大丈夫 還ろうって
でも
—the entirety of the world melts into an ocean blue,
I’m sure I’d still hear your voice…
Saying, “It’s alright, come back home!”,
Nonetheless…
sekai no subete ga miiro ni toketemo kitto
anata no koe ga suru
daijoubu kaerou -tte
demo
 
大切なあなたが生まれてくるなら そう
私は歩き出せる
最後にね この願い
今乗り越え 未来へと Weigh Anchor!
If you, my beloved, will be born again… yes,
I can keep walking onward.
This is the wish I’ll make at the very end…
Going beyond the present and into the future: Weigh Anchor!
taisetsu na anata ga umarete kuru nara sou
watashi wa arukidaseru
saigo ni ne kono negai
ima norikoe mirai eto Weigh Anchor!
 

       
王様 【前回のあらすじ】
盗まれた神のカードを取り戻してくれたのはバクラだった。
だが奴は、オレの失われた記憶の世界こそが、究極の闇のゲームだと言う。
バクラ、お前が何を企んでいるのかは知らないが、その挑戦、受けて立つぜ!
さあ、いよいよエジプトに到着だ。ここでついに、オレの記憶の扉が開く
ああ、頼む

この中に、オレの記憶の扉を開く石版が

ああ、行ってくるぜ

記憶の石版

ん? それは

でも、名前なんて彫られてないぜ

そうだな。ありがとう杏子、大切にするぜ

オレは再びここまで来た。三枚の神のカードを手に。
これからいったい、何が起きるのか・・・その答えは今、ここにある。行くぜ

ぐっ、こ、これが・・・これが、オレの記憶への扉

うわぁああああ!


うわぁああああぁぁっ!

んっ・・・あ・・・

・・・・・・何だ・・・?

オレが、ファラオ・・・

これが・・・オレの記憶の世界・・・

!海馬・・・イシズ・・・! じいさん・・・!?

い、いや、大丈夫だ。続けてくれ

何がどうなってるんだ・・・
あれは、千年アイテム・・・彼らは・・・?

千年アイテムに選ばれし、六神官だと
-------------
双六じいさんそっくりの側近・・・イシズ・・・。
まさか、双六じいさんが千年パズルを見つけたこと、イシズが墓守の一族であったこと・・・
全ては偶然じゃなかったのか。
そして・・・間違いない。奴こそ記憶の石版にオレと共に描かれていた神官・・・っ・・・

公開裁判?

千年アイテムで裁くだと

何だ、あれは

カー?

石版・・・?

これが・・・千年アイテムの本当の力


ぁ、ああ。頼む

はぁ・・・まるでわからないことだらけだ。本当にこれが、バクラの言った究極の闇のゲームなのか

オ、オレの墓?

そっ、そうか・・・

不穏な未来?
遊戯
うん

イシズさん!マリク!


消えた

もう一人のボクが、パズルの中にも、ボクの心の中にもいない・・・
もう一人のボク・・・

君は、シャーディー!

待って、彼は千年アイテムの持ち主なんだ
----------
シャーディー

記憶の世界・・・?

バクラくんが

闇のバクラくんと、一緒に

なんだって

ボクも知らなかった・・・。どうして、どうしてそんな大事なことを

シャーディー!ねえ、ボクにもう一人のボクの手助けをすることは出来ないの?
君は何かを知ってるんでしょ。だからここに来たんじゃないの?
お願い、教えてよ。ボクはもう一人のボクの力になりたいんだ

それは?

心の迷宮・・・
       
       
       
社長
セト

ん?シモン様、ファラオは少々お疲れなのでは

は。
皆の者、宴を続けよ。ファラオの憂いを吹き飛ばすよう、これまでより、一層盛大に
---------
セト
おのれ、曲者!そやつを捕らえろ!

いや、待て
今宵は良い機会、新しきファラオに我々の力を改めて見ていただこうではないか。
いかがでしょう、アクナディン様、シモン様

は。 これより、この男の公開裁判を行う

今貴様の罪は、七つの千年アイテムによって裁かれる

神官シャダ

フ、この程度のカー、余興にもなりますまいが
邪悪なるカーよ、聖なる石碑にその身を宿せ。はぁああああああ!はあっ!

フッ


ですが、ファラオには少々退屈だったのでは、いっそ八つ裂き刑でも披露いたしますか

は。

マハード、町の警備は貴公が率いる警護団の役目だったな。
それに近頃、頻繁に王墓が荒らされているようだが。相次ぐ不始末、どう責任を取る・・・

カーの封印石はウェジュの神殿に安置せよ
   
       
凡骨
で、これからどうする?

おい、杏子!土産は後にしろよな

ん?

みんなぁ!元気だったか?

おう、元気有り余って、エジプトまで来ちまったぜ

でっけぇ!

あったぜ

そいつはいいぜ。そいつに名前を彫っとけば、今度は絶対に忘れっこねえ

ううっ

一瞬、強烈な光の衝撃を食らった気がしたぜ

遊戯?おい、大丈夫か?

え?

誰だー!

そいつがここへ何しに
---------
おい、ってことは、もう一人の遊戯はもう戻ってこねえって言うのか
えっ、えぇ?あぁ!?お、お前

うわぁぁぁあっ!おおおオレたち、幽霊と話してるのかよ

バクラ!?

そんなこと全然聞いてねえぜ。遊戯
   
       
杏子
あ、ごめん、ちょっと待ってて

ええと・・・あった!これ、下さい

ごめんごめん

見て見てスフィンクス!すごーい、あ、本当に鼻が削られてる

遊戯・・・いつも何気なく「遊戯」って呼んでたけど、
遊戯の中の彼はれっきとしたもう一人の人格。なのに私は、彼の本当の名前も知らない
遊戯、これ受け取って

カルトゥーシュ。古代エジプトの王様とかの名前が彫られてたんだって

もし、記憶が戻って本当の名前を思い出したら、そこに刻んで欲しいの。
今度はどんなことがあっても忘れないように
その石版は、全部ファラオの名前が削り取られてるじゃない?
私はせめて、あなたの本当の名前が知りたい

うん

ううっ

遊戯!
---------
そこではもう、私達の記憶は無くなっちゃうの?

それじゃ、もう一度、もう一人の遊戯の魂は千年パズルに封印されるってこと?

きっと、もう一人の遊戯は、私達の心配を掛けないようにって
【次回予告】
失われた記憶の世界へと旅立ったもう一人の遊戯。
そこで彼は三千年前の記憶をもう一度体験することになるの。
だけど、闇人格のバクラくんまで一緒だなんて、そんなこと私たち聞いてないよ。
記憶の世界でバクラくんとの対決が始まる。待ってて、私たちもすぐそっちへ行くから。
次回、「盗賊王バクラ見参!」。お楽しみに!
   
       
本田
やっと着いたぜ。エジプトはやっぱ遠いなぁ

ったく、観光に来たんじゃねえんだぞ

これが本物のピラミッドか

ううっ

なんだったんだ、今のは

消えたって、何がだよ?

あ!あんた、確かバトルシップで オレと御伽を助けてくれた
 
   
       
バクラ
クククククク・・・いよいよ名も無きファラオの記憶の扉が開かれる

伝わってくるぜ。千年パズルに潜り込ませておいたオレ様の分身から、ゲーム開始のゴングが

フハハハハ・・・ついにこの時が来たぜ

ハハハハハハハ!
--------
はぁ・・・はぁ・・・・・・あ・・・

ちくしょう、やっとゲームが始まったと思ったら、いきなりこんな出だしかよ。
だがここは間違いねえ、奴の記憶の世界

ん?
なるほど、オレ様を迎えに来てくれたってわけか。
そうだったな。だんだんとオレ様も思い出してきたぜ。三千年前の細かいことを。
だが奴はファラオ、オレ様はしがねえ盗賊。これじゃあ、ちいと開きがありすぎるな


ハッハッハハハハ!どうだい、これでオレ様も少しは王様らしくなっただろ?
今てめえも遊戯の元へ連れてってやる。きっと奴も喜ぶぜぇ・・・。
さあて、ファラオにご挨拶に行こうぜ!野郎ども!

さぁて遊戯、おっぱじめようぜ、究極の闇のゲームをよ!フハハハハハハハ・・・
   
       
双六
シモン

ファラオ、民がファラオの返事を待っておりまする。民にお応えを

さあファラオ、広間でも新しきファラオの登場を、一同首を長くして待っておりますぞ

ファラオ、さあ、王の座へ

皆の者、面を上げい!新しいファラオのお出ましじゃ

じっ、じい?

何をいまさら。彼らこそ、千年アイテムに選ばれし六神官ではありませぬか
-------
シモン
なるほど、それは良い考えじゃ。ファラオの前で、この者の罪を裁くがよい

新しきファラオよ、いまやエジプトは強大な国となりました。
しかし反面、我らの繁栄を妬む輩も跡を断ちません

ファラオは罪人からカーを抜き出す様を見るのは初めてでしたのう。
あれは怒り、憎しみによって人の心に生み落とされたカー

左様。邪悪なカーはやがて更なる力を得るため、
その者を操り罪を犯しながら怒りと憎しみを増幅させていくのですじゃ。
とくとご覧あれ。七つの神器に選ばれし神官たちが石版にカーを封じ込める様を


ファラオ、ご安心召されよ。あなた様の王墓はこのシモンが責任を持って建造いたしております

その王墓に仕掛けられた罠は、どんな賊でもかいくぐることは不可能。
ファラオの死後は、安らかな眠りをお約束いたしますぞ。うふっふっふっふ
   
       
マリク
遊戯、みんな!

ああ。君たちこそ、相変わらず元気そうだね

三枚のカードを記憶の石版にかざす時、失われた記憶の扉が開かれる

姉さん、やっとこれでボク達の役目が終わるんだね。三千年に渡った墓守の一族の宿命
   
       
イシズ
お待ちしていました
遊戯。いえ、名も無きファラオよ。石版のある場所までは、私たちがご案内いたします

わたくし達はここで

名も無きファラオ、ここからはあなたが自分で道を切り開くのです

ええ、誰の魂にも帰るべき場所がある。ファラオは今、その道を歩き始めたのです

--------------
アイシス
マハード!

ファラオの命を狙うなどなんと畏れ多い

ですがご安心を。ファラオ


お待ち下さい

わたくしめの千年タウクが不穏な未来を感じております

邪悪な影が、この王宮に近付いてくる。凄まじいヘカの持ち主です
   
       
シャーディー
ファラオの魂宿りし者よ。ファラオは記憶の世界に旅立った
---------
シャダ
千年錠の力により、この者の心を見通す
ん・・・この者の心には邪悪な魔物の影が見える


シャーディー
ファラオの魂を宿す者よ。
もはやお前の中にファラオの魂は無い。ファラオは、記憶の世界へと旅立った

記憶の世界は、三千年前、ファラオが体験した記憶によって作られた世界

いや、記憶の世界の住人となっても現在の記憶はあるはず。
だがファラオは、自分の運命をもう一度体験することになる。
その時、ファラオの魂が千年パズルに封印された謎が明らかになる

私の肉体は既に滅びている

私の肉体はバクラの手により消滅させられたのだ

バクラに宿りし魂、それは邪悪なものの塊。
今、名も無きファラオに危機が迫りつつある。千年アイテムが私に告げた。
名も無きファラオは全ての真実を知るため、闇のバクラと共に記憶の世界に旅立ったのだ

そこで、二人の究極の闇のゲームが開始される

お前達が、ファラオの記憶の世界に行く方法は残されている。それは・・・

千年パズルの中にある、ファラオの心の迷宮。そこで真実の扉を見つけることだ

その奥にこそ、ファラオの記憶の世界がある
   
       
その他
ファラオ!ファラオ!ファラオ!
ファラオ!ファラオ!ファラオ!
ファラオ!ファラオ!ファラオ!

(歓声)
------------
マハード
しかし、今は祝いの席。そやつを牢へ引っ立てい!


申し訳ありません。
この数日、千年リングの指針の乱れが激しく、罪人の邪念を探知しきれないのです。
ファラオよ、この町の警戒を強化するために、警護団の増員の許可を


アクナディン
うん

我ら六神官がいる限り、ファラオには指一本触れさせませぬ

その魔物の正体、神官アクナディン、千年眼の力により、姿を見極めん

神官セトよ、汝の千年錫杖の力により、カーを石版に封じ込めよ


よくやったセトよ

あの者から既に魔物は消え去った。罪人であろうと、慈悲を与えることも神官の勤めだ

連れて行け

さあ皆の者、祝宴を続けよ

どうした?アイシス

なに


罪人
ぐっ

うっぐぁああああ


衛兵
さあ、とっとと歩け

ついてないぜ、王宮じゃ大宴会だっていうのに

ん、なんだ?

衛兵
こいつ、また気絶しやがった

全くだ。よりによって新しいファラオの即位の日に墓荒らしなんかしやがって
   
       
       
       
       
       
       

501

Japanese 2008-2016