| | III/346

Languages Study | Languages of the East | Japanese III

AUDIO 346
浅香唯 - Crystal Eyes - 8.サヨナラDecember

Yu-Gi-Oh!
第100話 恐怖の再生コンボ
Kyoofu no saisen konbo
Combo of Resurrection of panic
() -
   

ツンデレカルタ (カルタ付き) / CV.釘宮理恵
Tsundere Cart (Karuta Tsuki)/CV. Kugimiya Rie

09-【け】怪我でもされたら、私が困るじゃない by 雁歌
kega de mo saretara, watashi ga komaru ja nai
Even if hurt, I'll not be worried.
, .

   

lyrics transcription translation
浅香唯 - Crystal Eyes - 8.サヨナラDecember      
飾り終えたクリスマスツリー
キャンドルライト やさしくゆれて
降り始めた 白い雪ひとひら
一年前の出逢いの 思い出が重なるの
 

kazarioeta kurisumasu tsurii

Decorated Christmas tree

サヨナラあなた もう逢えないの
窓の外では 舞うよ粉雪
白いゲレンデ 淡くにじんで
ウソだなんて 思えないの
     
クリスマスには又 きっと逢えるね
あなたの言葉 聞こえてきそうで
ふり向けば 楽し気な笑い声
パーティーが始まるのね
去年とまるで変わらずに
     
サヨナラあなた もう逢えないの
窓の外では 舞うよ粉雪
私はひとり 同じテーブル
飲みほします 思い出達
     
チャペルの調べが
ほほの涙を Tea cupに ひとつぶ
     
サヨナラあなた もう逢えないの
窓の外では 舞うよ粉雪
私はひとり 同じテーブル
飲みほします 思い出達
     
サヨナラ December
サヨナラ X'mas
サヨナラ December
     

  第100話 恐怖の再生コンボ(1)  
  BIG1―大下幸之助(深海の戦士)  
  フフフハハハハハハハハ!!  
     
     
     
ファラオ くっ、デッキマスター能力リフレクターホールか  
     
  こちらから仕掛けた攻撃が跳ね返って、俺自身のライフポイントを削るとは  
     
BIG1 かつて、ルネッサンスイタリアの政治思想家は言った。味方より敵を利用することこそ有益であると。  
     
ファラオ フン!また世界の諺か!  
     
  だが今の特殊能力で、貴様のフィールドモンスターも消えたぜ!  
     
  俺のバトルフェイズは終わっちゃいない!こっちも直接攻撃だ!  
     
  行け!翻弄するエルフの剣士!  
     
BIG1 フン、なかなか効いたよ  
     
ファラオ モンスターの数でのアドバンテージは俺が取った。これ以上貴様に生贄モンスターは召喚させない  
     
BIG1 フフフそれはどうかな  
     
  今の受けたダメージで私はモンスターを特殊召喚する!精霊王ルクランバ召喚!  
     
ファラオ 何!ダメージを受けることで召喚されるモンスターだと!  
     
BIG1 この精霊王ルクランバを持つプレイヤーが1000ポイント以上のダメージを受けた時  
     
  手札からまた精霊王ルクランバを召喚できる。  
     
  まぁ覚えておくがいい  
     
ファラオ どこを叩いても代わりのモンスターが召喚される、再生コンボか  
     
  時間をかけている場合じゃないのに  
     
BIG1 終わりならターンエンドと言いたまえ  
     
ファラオ あんたの守備の堅さは分かった。だが、守ってばかりじゃ勝利もないぜ。  
     
BIG1 防御は攻撃より安易で強力な戦闘方式である。しかし、その目的は現状維持で消極的である。  
     
  そう言った将軍もいたがね。       
     
  現状維持ほど有効な戦闘はない。今にそれが分かる  
     
ファラオ クッ!ターンエンドだ  
     
乃亜 フフフ  
  僕の与えたチャンスを無駄にするんじゃないよ  
     
  さて、他の連中はどうだろう  
     
  そして。フン  
     
     
モクバ 母サマが死に、父サマも事故でなくなって、周りの親戚の奴らも父サマの遺産を食い荒らした挙句、俺たち兄弟を施設に預けやがった。  
     
     
     
社長 何!あれは  
     
モクバ 兄サマと俺だ!  
     
  そうだああやって俺は父サマや母サマとの幸せな日々のことを思い出していたんだ  
     
幼少社長  「モクバモクバ!」  
     
幼少モクバ  「あ兄サマ」  
     
幼少社長  「帰るぞ、モクバ」  
     
幼少モクバ  「ごめん兄サマ、俺、いつも遊んでいた公園に行けば父サマがいた頃に戻れるような気がして」  
     
幼少社長  「モクバ、もう泣くな。お前の気持ちは分かっている。  
     
  俺たちは、負け犬でもなければゴミでもない。  
     
  今に、俺達をこんな目に合わせた奴らを見返し、いい暮らしをさせてやる。  
     
  これからは俺がお前の父サマになってやる。  
     
  どんなことがあっても、お前のことはこの俺が守ってやる」  
     
幼少モクバ  「兄サマ」  
     
幼少社長  「だから泣くな。いいな、他のどんな奴にも気を許すな。弱みを見せたら終わりだ。」  
     
モクバ あれが、兄サマの口癖だったね。  
     

幼少社長 「チェックメイト」  
     
幼少モクバ  「まただぁ。兄サマはやっぱり強いや」  
     
乃亜 瀬人現実と夢の境は曖昧に整理された記憶でしかないんだ。  
     
  それなのに人間はもがき、思い出をバネにしてより高みを目指そうとする。  
     
  所詮は脳の電気信号でしかない曖昧な記憶を拠り所にしてね。  
     
  そんなセンチメンタルな感情に左右される、君は海馬コーポレーションを率いるべき器ではない。  
     
  全てにおいて優れた、この僕こそ相応しいのさ。  
     
  そのことを教えてあげるよ。徹底的にね。  
     
モクバ あの頃の兄サマはよく遊んでくれた。でもあの日を境に兄サマから笑顔が消えた。  
     
幼少モクバ  「ん?」  
     
モクバ そうあの日あの男がやってきてから!  
     
社長 そう、あの瞬間、今もなお続く俺の計画が動き出した  
     
モクバ アイツだ  
     
社長 海馬剛三郎ふぅん  
     
幼少社長  「今日こそ約束を果たす日が来たぞ、モクバ」  
     
幼少モクバ  「兄サマ?」  
     
幼少社長  「あの男は海馬剛三郎。海馬コーポレーション、て会社の社長さ。  
  俺たちはアイツの養子になる」  
     
幼少モクバ  「養子?」  
     
幼少社長  「アイツは必ず俺たちを養子にする。いや、させてみせる」  
     
  海馬 剛三郎  
  なんだね?  
     
幼少社長  「俺と、俺の弟をあんたの養子にしてくれ」  
     
剛三郎 ん?今なんと言った?  
     
幼少社長  「俺と弟を養子にしてくれと言った。  
     
  もちろん無条件とは言わない。もし俺がチェスであんたに勝ったらでいい」  
     
剛三郎 ふっふっふっふ。面白い子だ。  
     
  だが、その条件では無理だ。わしの養子にはなれんぞ。  
     
  わしが世界大会を連覇していることを知って言っているのだろうが絶対にわしには勝てん。  
     
幼少社長  「勝負に絶対はない」  
     
剛三郎 チェスには万に一つの偶然が入り込む余地もない。  
     
  その合理性故にわしはチェスをこよなく愛しているのだ  
     
幼少社長  「そんなことはどうでもいい!  
     
  勝負を受けてくれるのか?受けてくれないのか?どっちだ!?」  
     
剛三郎 ほぅなかなかいい目をするな。いいだろう、その勝負受けてやろう。  
     
  わしに勝ったら養子にしてやる。だが、手加減はせんぞ  
     
幼少社長  「望むところだ」  
     
剛三郎 ちょっと教室をお借りするよ  
  フフフハハハハハ  
     
モクバ あの時すでに兄サマには、現在までの全ての青写真ができていたんだね  
     
社長 当然だ。海馬剛三郎のチェスの譜面は全て調べ上げ、勝負における奴の心理状態の流れも完全に把握していた  
     
剛三郎 なかなかいい面構えだ  
     
幼少社長  「世界大会六連覇の腕前、見せてもらおう」  
     
剛三郎 始めようか  
     
  ん?この手は  
     
社長 俺はあいつの勝った試合の局面と同じになるように、ゲームを進めた。  
     
  罠を張りながらな  
     
  奴は明らかに動揺し、俺の罠に落ちた  
     
モクバ あの時あの時、兄サマがあいつに剛三郎に勝たなければ  
     
  兄サマの顔から笑顔が消えることもなかったはず!  
     
社長 待て!モクバ!  
     
モクバ 今からでも過去を変えられるのなら、俺は昔の、笑顔が似合う兄サマでいて欲しいんだ!  
     
社長 冷静になれ、モクバ。俺たちは過去に来ているわけではない。  
     
  これは乃亜とかいう奴が見せている仮想現実。幻だ!  
     
モクバ うわ、うわあああああああ!(悲鳴)